トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







タイのバンコクにノマド移住!物価・治安・ご飯など調査した結果

f:id:yukihiro0201:20181225233218j:plain
 

タイのバンコクに、1か月の移住体験(ノマド)をしてきました!!

物価・治安・ご飯など、気になる生活の情報をまとめましたよ。

 

 

バンコクは住みやすい

 

まず先に結論を伝えておくと、バンコクは移住やノマドに良いです!!

5点満点で僕が採点するとしたら、以下のような感じ。

 

物価   ☆☆☆

滞在先  ☆☆☆☆☆

ご飯   ☆☆☆☆

治安   ☆☆☆☆

移動   ☆☆☆☆☆

ネット  ☆☆☆☆☆

気候   ☆☆☆

飛行機  ☆☆☆☆

ビザ   ☆☆☆☆

合計   37/45点

 

物価や生活費はそんなに安くない

 

物価や生活費は、日本とそんなに大きく変わりません!!

まず身近な物の値段は、以下のような感じです。

 

コカコーラ(300ml):90円

ビール(500ml):250円

カフェのコーヒー:280円

(1米ドル=100円の場合)

参考:Cost of Living in Bangkok. Prices in 2019

 

f:id:yukihiro0201:20181214013435j:plain

 

また1か月の滞在費は、以下のような感じです。

これも、日本で暮らすのとそんな変わらないですね。

 

普通に滞在した場合:約15万円

切り詰めて滞在した場合:約12万円

現地人の平均的な生活費:約9万円

四人家族の平均的な生活費:約28万円

(1米ドル=100円の場合)

参考:Cost of Living in Bangkok. Prices in 2019

 

ちなみに僕の場合、生活費は1か月で9万円ぐらいでした!!

その内訳は、以下の通りです。

 

宿泊費:5万円

食費:3万円

その他雑費:1万円

 

個人的には、マッサージが安いのが良かったですね!!

安いところだと、1時間のマッサージを500円ほどで受けられます。

 

f:id:yukihiro0201:20190207161252j:plain

 

ホテルなどの選択肢はたくさん

 

滞在先の選択肢はたくさんあり、宿泊費も安かったです!!

僕は主に市内のコンドミニアム(EZ STAY bangkok)に滞在したのですが、1泊1000円ぐらいでした。

 

f:id:yukihiro0201:20181129120637j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181129193444j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181207101326j:plain

 

 

また5つ星ホテル(Lebua at State Tower)にも泊まりましたが、それでも宿泊費はトータルで5万円ぐらいに収まりましたよ。

この部屋は1泊で1万円ちょっとで、2人で泊まればその半額です!!

 

f:id:yukihiro0201:20181129194148j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181129194038j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181129195350j:plain

 

ご飯はおいしく多様なグルメ

 

現地の人が通うレストランを使えば、150~300円でおなかいっぱい食べられます!!

タイ料理は辛いものを選ばなければ、とてもおいしいです。

 

f:id:yukihiro0201:20181213112621j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181213112637j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181213112704j:plain
 

 

 

ちなみにバンコクには、屋台料理もたくさんあります。

虫やカブトガニなんかも、売ってありましたよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20181129122706j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181129194503j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181129194651j:plain

 

 

タイ料理にあきたら、僕は中華料理屋やファーストフード店に行っていました。

マクドナルドではビックマックセットが約500円と、日本よりちょっと安いぐらいです。

ただしハンバーガーやポテトのクオリティーは、ほとんど変わりません。

 

f:id:yukihiro0201:20181224153542j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181214011850j:plain
 

f:id:yukihiro0201:20181213151538j:plain

 

また日本食レストランも豊富にあり、なかなか味もおいしいです。

一風堂・大戸屋・ココイチなど、日本の外食チェーン店もあって困りません。

 

f:id:yukihiro0201:20181224153653j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181214012359j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181214012410j:plain

 

ただしお酒に制限があるのが、ちょっとツラかったですね~

お昼や深夜に「ちょっと飲みたいな~」と思っても、お店やレストランではお酒を出してもらえないので注意してください。

 

 

治安は良いが交通事故が怖い

 

バンコクは海外の中では、比較的安全な街です!!

外務省の海外安全情報を見ても、一部を除いて注意喚起は行われていません。

 

f:id:yukihiro0201:20181224153858j:plain

参考:海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

 

タイでのトラブルに、銃や刃物を使った凶悪な事件は少ないです。

ただ言葉たくみに旅行者をだまし、貴重品を奪う事例は発生しています。

タイの「地球の歩き方」には、以下のようなトラブル事例が載っていましたよ。

 

 

繁華街で宝石キャッチセールスにかかった

家に連れられてトランプ賭博でカモられた

ジェットスキーで法外な値段を請求された

女性をホテルに入れたら貴重品を盗まれた

日本のお金を見せたら紙幣を抜き取られた

 

ただしこれらに関しては、こちらが気を付けていれば避けられるでしょう。

向こうから親しげに声をかけてくる人には、十分に注意してください。

 

僕自身は滞在中、特に怖い思いをすることはありませんでしたが・・・

しいて言えば車やバイクが多く、交通事故に巻き込まれないか心配でした。

 

f:id:yukihiro0201:20181207102634j:plain

 

移動はとてもしやすい

 

バンコクには以下のように、たくさんの交通手段があります!!

したがって、簡単に市内を移動することができますよ。

しかもどれも料金が安いので、金銭的な負担も少ないです。

 

・MRT(地下鉄)

・BTS(スカイトレイン)

・路線バス

・メータータクシー

・トゥクトゥク(オート三輪)

・モーターサイ(バイクタクシー)

・ボート

・レンタサイクル

・レンタルバイク

・Grab(タクシー配車アプリ)

 

僕はGrabを使って、モーターサイを呼ぶことが多かったです。

渋滞の多いバンコクでは1人の場合、車よりもバイクのほうが早く効率的に移動できます。

料金も10kmぐらい走って150円ほどと、電車賃ほどの金額でしたよ。

 

f:id:yukihiro0201:20181224153039j:plain

 

WIFIもLTEも速い

 

バンコクでは無料WiFiが色々なところで使え、その速度もけっこう早いです!!

 

まずタイ人の間には、スマホやタブレットが広く普及しています。

したがってバンコクのホテルやカフェなどでは、無料WiFiを提供しているところが多いです。

 

 

 

 

しかも、インターネットの通信速度がけっこう早い!!

ホテルやカフェのWiFiを使っていて、ストレスがたまることは特にありませんでした。

 

 

 

 

ちなみに自分は9ギガ使える旅行者用SIMを使っていましたが、その通信速度に不満はなかったです。

空港で3000円弱で購入でき、セッティングもすべてやってくれるのでおすすめですよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20181213115010j:plain

 

f:id:yukihiro0201:20181213115028j:plain

 

気候は暑くて空気が悪い

 

バンコクは蒸し暑く、しかも空気が悪いです!!

 

バンコクは、熱帯モンスーン気候に属しています。

したがって平均気温は25~30度と高く、年中蒸し暑いです。

また雨季になると、雨が大量に降ります。 

 

f:id:yukihiro0201:20190207011045p:plain

参考:バンコクの気温と降水量

 

さらに大都会で渋滞も激しいので、空気もかなり悪いです。

実際にバンコクは空気汚染が深刻なようで、街中にはマスクをしている人が大勢いました。

 

f:id:yukihiro0201:20190207012949p:plain

参考:Mask shortage in Bangkok | The Star Online

 

飛行機は便利で時差も許容範囲

 

日本からバンコクへは直行便がたくさんあり、値段も安いです!!

直行便は、日本の色々な都市から出ていますし・・・

エアアジアなどのLCC(格安航空会社)を使えば、往復2万円ほどで行けます。

 

f:id:yukihiro0201:20181213124204p:plain

 

ちなみに直行便だと、日本から6時間ぐらいです。

日本との時差はマイナス2時間で、まあ許容範囲でしょう。

サマータイムがないので、時間の計算は楽ですね。

 

ノービザで30日滞在できる

 

タイはビザなしで、最大30日間(29泊30日)滞在できます!!

ただし、以下の条件を満たしていることが条件です。

 

・観光が目的

・パスポートの有効期限が6か月以上

・30日以内に出国する航空券がある

 

またタイ国内のイミグレーションオフィスに行けば、滞在期間の延長もできます。

申請に必要な書類は以下の通りで、手数料は1900バーツ(約7000円)です。

 

・申請用紙(窓口でもらえる)

・パスポート

・写真2枚(縦60mm×横40mm)

 

最初ビザなしで入国した場合は、30日間の延長が1回だけできます。

ちなみに許可された滞在期間を過ぎた場合、1日につき500バーツの罰金がかせられるので注意しましょう。

 

また陸路などでタイを出国し、すぐに再入国などを繰り返した場合・・・

ビザなしでの入国や、ビザの発給を拒否されることがあります。

 

バンコクの街の様子

 

 

 

まとめ

 

タイのバンコクは外国の中では治安が良く、ご飯もおいしいです。

物価は日本とあまり変わりませんが、現地のお店を使うと安くおさえることができます。

総合的には住みやすく、移住やノマドをする場所として適しているでしょう。

 

旅行でよく読まれている記事3つ