トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







トラリピやループイフダンなど!FXリピート系注文に最適な通貨ペア

f:id:yukihiro0201:20180922113425j:plain

 

トラリピやループイフダンなどの、自動売買を始めようと考えている方へ。

リピート系注文に最適な通貨ペアを、色々な角度から調べてみましたよ!! 

 

 

リピート系注文に最適な通貨ペア

 

f:id:yukihiro0201:20180810185616p:plain

 

FXトレードを行う上でとても重要なのは、「通貨ペアの選び方」です。

どの通貨ペアで取引するかによって、稼ぎやすさは全然変わってきます。

参考:FXで儲かる通貨ペアの選び方は?取引量の多い通貨ランキング

 

そしてそれは、リピート系注文でも変わりません。

むしろ個人のトレード技術でカバーできない分、より通貨選びが重要となってきます!!

 

リピート系注文で運用する通貨ペアは、以下5つの手順でしぼり込んでいきましょう。

なお以下の手順は、重要度の高いものから順に並べています。

 

1.取引量が多い

 

f:id:yukihiro0201:20180925191919p:plain

 

まず大前提として、FXトレードでは取引量が多い通貨を選びましょう!!

なぜなら、以下のような利点があるからです。

 

1.取引手数料(スプレッド)が低い

2.相場のクラッシュに備えられる

3.FX会社の移管がスムーズにできる

 

それぞれについてくわしくは、下の記事を読んでください。

参考:FXで儲かる通貨ペアの選び方は?取引量の多い通貨ランキング

 

具体的には、下の表で上位5つの通貨(米ドル・ユーロ・日本円・英ポンド・豪ドル)の組み合わせが良いでしょう。

これらは「メジャー通貨」と呼ばれ、為替取引に占める割合が多いです。

 

f:id:yukihiro0201:20170416092038j:plain

参考:外国為替市場 - Wikipedia

 

2.長期でレンジ

 

f:id:yukihiro0201:20180925192310p:plain

 

リピート系注文は広範囲に注文を張りめぐらせ、相場の上げ下げに応じて利益を積み上げる手法です。

したがって基本的にレンジに強く、トレンドに弱い特性を持っています。

参考:トラリピ・トライオートFXなどに100万投入!リピート系注文を比較

 

なので使用する通貨ペアは、長期でレンジを描いているものが良いでしょう!!

「ここ10年、○○円から○○円の範囲で値が行き来している」となれば・・・

その範囲でリピート系注文を設定すれば良く、とても分かりやすいです。

 

ちなみに長期でレンジを描くためには、その通貨を使う国の政治や経済が安定していることが必須条件となります。

たとえば政局が不安定なトルコの通貨リラは、長期にわたって下落を続けていますよ。

参考:FX逆スワップポイント生活!トルコリラ売りを毎月10万続けた結果

 

 

上記1で提示した5通貨なら、どれも国としては安定しているので大丈夫です。

 

なおレンジの値幅については、せまかろうが広かろうがあまり問題ではありません。

その値幅に応じて注文間隔も調整することで、どんな値幅でも最適な運用ができます。

 

3.値動きが激しい

 

f:id:yukihiro0201:20180923155552p:plain

 

上でも述べた通り、リピート系注文は相場の上げ下げに応じて利益を積み上げます。

したがって値が上下に激しく振れた方が、大きく稼げるのです!!

 

具体的には、同じように90円から100円に上がるにしても・・・

左よりも右のチャートの方が、リピート系注文に適しています。

 

f:id:yukihiro0201:20180927105552j:plain

 

ではどうやって、値動きの激しい通貨ペアを探すか?

そのためには、トラリピのサイト内にある「騰落表」を見ましょう!!

 

f:id:yukihiro0201:20180927182136j:plain

 参考:トラリピ

 

この表の中に、「総推移」という言葉が出てきます。

これは期間内に、どれだけ値が動いたか(延べの値動き)を示した数字です。

 

f:id:yukihiro0201:20180927183336j:plain

参考:トラリピ

 

この数字が大きいほど、値動きの激しい通貨ペアと言えます。

さらに「高低差」もあわせて見れば、どれだけのレンジ範囲で激しく動いたのかも確認できるでしょう。

高低差が小さくて総推移が大きいほど、上下に激しく振れていることが分かります。

 

ちなみに、この「騰落表」はトラリピにログインしないと見れません。

この数字を確認したい人は、事前に口座開設をしてください。

トラリピ公式サイト:https://www.m2j.co.jp

 

4.スワップがプラス

 

f:id:yukihiro0201:20180927184306p:plain

 

リピート系注文は言い換えれば、段階的にナンピンをしていく手法です。

参考:ナンピン(難平)とは?FXでナンピン手法を使うと失敗する理由

 

その過程ではたくさんポジションを抱え、決済されるまで長期の塩漬けとなります。

なのでスワップポイント(金利)による損益も、あながち無視できません!!

参考:スワップポイントで稼ぐ?金利目的のFXをおすすめしない理由

 

特にリピート系注文は、含み損を抱えるのが前提の設計なので・・・

含み損に加えてマイナススワップもかかるとなると、精神的にツラいでしょう。

逆に含み損があっても、日々ちょっとずつ金利が入るのを見たら癒しになるかもしれません。

 

とは言っても、スワップポイントはあくまでオマケみたいなものです。

FXは本来、為替差益(安く買って高く売る)によって利益を上げます。

参考:デメリットなし?FXの長期保有で超簡単に利益を出す方法

 

加えてスワップポイントは変動するので、数年後も同じように稼げるか分かりません。

ここにはあまりこだわらず、「スワップがプラスを維持しそうならオッケー」ぐらいに見ておきましょう!!

 

5.最安値(最高値)の付近

 

f:id:yukihiro0201:20180928103646p:plain

 

リピート系注文は基本的に、買いか売りかを決めてから入ります。

もし買いならば、過去10年以上のチャートで見て最安値圏にある通貨ペアを選びましょう!!

売りならば逆で、最高値圏にあるものです。

 

最安値圏から始めれば将来的に値が上がる可能性の方が高く、また上昇の余地も多いです。

含み損を抱えるのが前提のリピート系注文ですが、比較的少ない含み損で順調に運用スタートできるでしょう。

 

ただし「過去10年以上で見て最安値圏」というのは、タイミング的にとても難しいです。

また長期的に見れば、どこからスタートするかはそれほど重要ではありません。

この項目については、「底値から始められたらラッキー」程度にとらえておきましょう。

 

まとめ

 

リピート系注文では、通常のFXトレードより通貨選びが重要となってきます。

通貨ペアは取引量が多く、長期でレンジを描いていて、値動きが激しいものを選びましょう!!

またスワップがプラスであり、最安値圏(最高値圏)から始められたらなお良いですね。

 

FXでよく読まれている記事3つ