トレトラ FXと仮想通貨をトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







フィリピン短期スパルタ留学(1か月)体験談!効果や費用は?

f:id:yukihiro0201:20171129192316j:plain

 

フィリピンのセブ島にある「サウスピーク」という語学学校へ、英語留学することになりました!!

日本語禁止校(EOP:English Only Policy)という一番レベルの高いところで、1か月間すごした体験談をお伝えします。

 

 

サウスピークとは

 

サウスピークとは、フィリピンのセブ島にある英語の語学学校です。

「本気留学」という言葉が、この学校のキャッチフレーズとなっており・・・

「1日10時間の勉強をし、3か月でTOEIC200点アップを目指す」という超スパルタ学習が売りです!!

 

f:id:yukihiro0201:20171111113718j:plain

 

参考:フィリピン留学、セブ島留学ならサウスピーク

 

僕はここにブロガーとして、無料で参加することになりました。

参考:フィリピンのセブ島に行きます!語学学校で英語の勉強するよ

はたして僕は、このスパルタ教育についていけるのでしょうか・・・

 

事前面談

 

まず最初に、塾長である柴田さんとのスカイプ面談がありました。

ここでは自分の英語レベルや、目指す目標などを伝え・・・

それらをもとに、学校で受ける授業のカリキュラムを組んでもらいます。

 

ちなみに、僕が伝えた内容は以下の通りです。

 

すでにオーストラリアで語学留学を経験済み

レベル:TOEIC800点以上

目標:スピーキング力を付けたい

 

 

すると、柴田さんが組んでくれた授業は以下の4つでした。

 

1.ティーチャークラス

毎回5分程度のプレゼンをし、先生からの質問に受け答えする。

f:id:yukihiro0201:20171111120237j:plain

 

 

2.SWクラス

TOEICのスピーキング&ライティングテストの練習をする。

f:id:yukihiro0201:20171129210409j:plain

 

 

3.英語発音矯正クラス

英語学を専攻していた先生から、正しい英語発音を教わる。

f:id:yukihiro0201:20171111115128p:plain

 

 

4.グループクラス

他の生徒と色々なトピックで、英語を使って議論する。

f:id:yukihiro0201:20171111115607p:plain

 

 

これ全部、英語をアウトプットする授業です。笑

一人ひとり面談し、個人のレベルや要望に合わせてカリキュラムを組んでくれるのはありがたいなと感じました。

 

事前学習

 

面談が終わると、メールにて「事前学習に関して」という名のPDFが送られてきました。

その中身を開けてみてビックリ!!

 

事前学習に関して

下記に紹介する5つの学習手順とチェックリストの内容にしたがって、教材の事前学習を進めて、ご自身のリスニング・音読学習の方法を確立して下さい。

※この資料は合計で 12 ページ有ります!!最後のページまで必ず読み進めて下さい。

 

12ページって・・・

そこには留学する前にやるべき参考書と、その学習方法が書かれていました。

 

なんと留学する前に、僕は3冊の参考書を終わらせなければいけないとのこと!!

 

f:id:yukihiro0201:20171111144239j:plain

 

 

しかも1回やったら終わりではなく、最低2周はしなければなりません。

もうこれらをこなすだけで、TOEICの点数は200点ぐらい上がるでしょ。笑

 

また学習のやり方も、ものすごく細かく具体的に書かれていました!!

 

f:id:yukihiro0201:20171111144303j:plain

 

 

たとえばリスニングは「出勤前に1時間、机に向かってコレとコレとコレをやれ」みたいな・・・

ご丁寧にリスニングに最適なMP3プレーヤーや、その再生速度を変える方法まで書かれていましたよ。笑

 

留学する前から、早くも心が折れそうになりました・・・

 

航空券の準備

 

留学の1か月前に、僕はセブ行きの航空券を取りました。

 

日本からセブへの直行便は、バニラエアやセブパシフィックなどの格安航空があるのですが・・・

値段を比べるとそんなに大差なかったので、普通の航空会社(フィリピン航空)で行くことに決定!!

往復で約6万円です。

 

f:id:yukihiro0201:20171111121134j:plain

 

 

ここで気を付けるべきことは、授業の前日(日曜日)にセブへ到着するよう手配することです。

万が一の場合でも遅れないようにと、僕は2日前に到着する航空券を取ったのですが・・・

後で確認してみると、2日前の場合は空港でのピックアップをしてくれないとのこと!!

 

「日曜日の朝8時〜深夜26時(翌月曜日午前2時)」にセブ空港に到着する便をご予約ください。スタッフが空港までお迎えに参ります。

前泊プランにお申し込みの方のみ「土曜日の朝8時〜深夜26時(翌日曜日午前2時)」にセブ空港に到着する便をご予約ください。

プランにお申し込みでない生徒様の土曜日受付はおこなっておりませんのでご注意下さい。

 

 

仕方がないので自力でタクシーを拾って、学校のあるセブシティまで行くことにしました。

セブの空港からタクシーを拾う方法については、ここに詳しく書いてありましたよ!!

参考:空港から何に乗る?マクタン空港からセブ市内への移動手段はコレ! | セブポット セブ島No.1総合情報サイト

 

ホテルで前泊

 

セブに無事到着した後、僕は学校の近くにある「セブRホテル」というところに泊まりました。

 

f:id:yukihiro0201:20171111124632j:plain

 

 

1泊2600円ほどと、周辺では安めのホテルに泊まったのですが・・・

けっこう大きな部屋でビックリ!!

たった1人なのに、最大4人まで泊まれます。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171111124646j:plain

 

 

水回りもそこそこキレイで、シャワーの水圧も問題なし。

 

f:id:yukihiro0201:20171112202830j:plain

 

 

近くにはコンビニ(セブンイレブン)もあって、けっこう便利でしたよ。

 

f:id:yukihiro0201:20171112202217j:plain

 

 

イレギュラーピックアップ

 

前日より前にセブに来た人は、学校付近でイレギュラーピックアップとなるよう。

 

今回土曜日にご到着ということで、サウスピーク日本語禁止校付近にて、イレギュラーピックアップとさせていただきます。

下記日時に下記場所までお越し頂けますでしょうか。

 

日時:11月5日(日) 正午12時00分

場所:Hotel Asia

 

 

セブRホテルは、チェックアウトが12時までだったので・・・

ピックアップの時間ギリギリまで滞在でき、とても助かりました。

 

ピックアップ場所として指定された「ホテルアジア」に到着。

 

f:id:yukihiro0201:20171111132059j:plain

 

 

ちなみに、それぞれの位置関係は下図のような感じです。

 

f:id:yukihiro0201:20171111131807j:plain

 

 

しばらく待っていると、きれいなフィリピン人女性が声をかけてきました。

なんでも、サウスピークから迎えに来たとのこと。

ここから学校までは歩いて行ける距離だということで、徒歩で向かいます。

 

f:id:yukihiro0201:20171111132121j:plain

 

 

歩いて3分ほどで、学校に到着!!

 

f:id:yukihiro0201:20171111132258j:plain

 

 

入学前の学校

 

校舎内に入ると、いきなり1分間の自己紹介をさせられました。

しかもビデオでバッチリ撮られましたよ。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171111133206j:plain

 

 

その後、学校内にある自分の部屋に案内されました。

僕の滞在する部屋は、3人部屋ということでしたが・・・

今週は他に生徒がいないので、自分1人で使えるとのこと!!

 

f:id:yukihiro0201:20171111133342j:plain

 

 

「食堂でご飯食べていいわよ」ということで、学校で昼食を取ることに。

すでに多くの生徒が、ごはんを食べていました。

 

f:id:yukihiro0201:20171111134407j:plain

 

 

どうやら、自分で取っていくスタイルらしい。

勝手が分からなかったので、周りの生徒に聞きながら昼食を取ります。

 

f:id:yukihiro0201:20171111134534j:plain



そこで話しかけた生徒と仲良くなったので、事前に準備すべきことを色々と聞いてみました。

そしたら「一緒に買い物に行こう」と誘ってくれたので、昼食後に外出することに。

 

事前に買うべきもの

 

まずは、学校から一番近くにあるショッピングモールへ。

 

f:id:yukihiro0201:20171111135818j:plain

 

 

ここの中にあるカフェで、生徒はよく勉強しているとのこと。

学校はWiFi環境があまり良くないので、外のカフェに行く人が多いようです。

 

f:id:yukihiro0201:20171111140022j:plain

 

 

また、このショッピングモールの2階には両替所があります。

セブに到着した生徒はまず、ここでお金を変えるのだそうです。

 

f:id:yukihiro0201:20171111140214j:plain



僕は事前にクレカで両替していたので、この両替所は使いませんでした。

参考:外貨両替の方法7つを比較!FXとクレカのコンビが最強な理由

 

つづいて、ショッピングモールからちょっと離れたところにあるスーパーマーケットへ。

 

f:id:yukihiro0201:20171111140514j:plain

 

 

ここで、学校生活に必要なものを買っていきます。

一緒に買い物へ行った生徒から、何を買うべきか色々と教えてもらいました。

 

f:id:yukihiro0201:20171111140633j:plain

 

 

ちなみに、僕が買ったものは以下の通りです。

 

・トイレットペーパー

→ 学校からは支給されない。

 

・シャンプー

→ 同じく学校からは支給されない。

 

・携帯用トイレットペーパー

→ フィリピンは外のトイレに紙がない。

 

・水筒

→ 発音クラスではノドを痛めるので必須。

 

・ノート

→ 家から持ってくるのを忘れた。笑

 

ちなみにビールを買って帰ろうとしたら、一緒に行った生徒から止められました。

なんでも、学校でお酒を飲んだら一発退学になるのだそう!!

僕は本当に、この学校でやっていけるのだろうか・・・

 

学校の設備

 

僕が通った日本語禁止校は、サウスピークが持っている3つの校舎の中で1番古いです。

 

f:id:yukihiro0201:20171116201344j:plain

 

 

この校舎内では、英語しか話すことができません!!

 

f:id:yukihiro0201:20171115214004j:plain

 

 

まず1階は、食堂を兼ねた自習室です。

 

f:id:yukihiro0201:20171115205006j:plain

  

 

眠くて勉強できない人のために、立って勉強するスペースもありますよ。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171116181555j:plain

 

 

またここでは、1週間の予定が掲示されていたり・・・

 

f:id:yukihiro0201:20171115210059j:plain

 

 

生徒やスタッフ、先生の顔と名前を確認できたりします。

名前を覚えるのが苦手な僕にとって、これはありがたかった!!

生徒は英語のレベル順に並べられます。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171115210210j:plain

 

 

つづいて、2階は自習室です。

勉強の用途に合わせて、様々な部屋が用意されています。

 

f:id:yukihiro0201:20171115210717j:plain

 

 

ここは、静かに勉強したい人のためのサイレントルーム。

 

f:id:yukihiro0201:20171115210803j:plain

 

 

音読や発音の練習をしたい人は、このボイスルームに来ます。

 

f:id:yukihiro0201:20171115210845j:plain

 

 

口の動きをちゃんと確認できるように、机の前はカガミ張り。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211007j:plain

 

 

3~5階は、生徒たちが滞在する部屋です。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211045j:plain

 

 

それぞれの階には、ウォーターサーバーと冷蔵庫が置かれています。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211138j:plain

 

 

そして、最上階の6階が教室です。

 

f:id:yukihiro0201:20171115212354j:plain

 

 

ちなみに、この校舎にはエレベーターがないので・・・

授業を受けるには、6階まで階段をのぼらないといけません!!

これがけっこう、良い運動になります。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171115212522j:plain

 

 

授業は基本的に、フィリピン人講師と1対1です。

したがってこの階には、小さなブースがたくさん並んでいます。

 

f:id:yukihiro0201:20171115212553j:plain

 

授業がないときは、自習室として使うことが可能です。

 

f:id:yukihiro0201:20171115213130j:plain

 

 

この階では、授業の時間割を確認することができます。

 

f:id:yukihiro0201:20171115213035j:plain

 

 

勉強に疲れた人は、けん玉でリフレッシュ!!

 

f:id:yukihiro0201:20171115213216j:plain

 

 

部屋の設備

 

僕が滞在していた3人部屋は、こんな感じでした。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211434j:plain

 

 

各人に、机とイスが用意されています。

まあでも、男同士で生活していたらこうなりますよね。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171115211514j:plain

 

 

またそれぞれの部屋には、共用のトイレとシャワーがあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211706j:plain

 

 

シャワーの水圧は、ちょっと物足りないかなという感じ。

しかし、温かいお湯はシッカリと出ますよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20171115211846j:plain

 

 

バスルームには、小さなドライヤーが備え付けてあります。

風圧は弱めなので、女性が髪を乾かすのにはちょっとツラいでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20171115211924j:plain

 

 

校舎内はどこも、禁煙・禁酒です!!

これを破ると学校の許認可問題に関わるので、1発で退学となります。

 

f:id:yukihiro0201:20171115213854j:plain

 

 

友人にお願いして、1人部屋も見せてもらいました。

たった1人しか滞在しないのに、なぜか3人部屋よりも広い。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171115211616j:plain

 

 

収納もたくさんあって、うらやましいです。

 

f:id:yukihiro0201:20171115212115j:plain

 

 

しかしバスルームは、3人部屋とほぼ変わりなし。

 

f:id:yukihiro0201:20171115212205j:plain

 

 

学校外の設備

 

サウスピークの日本語禁止校は、セブシティーのど真ん中にあります。

学校の周辺には色々な施設がそろっているので、とても便利で快適です。

 

f:id:yukihiro0201:20171116182054j:plain

 

 

徒歩圏内には、大きなショッピングモールが2つもあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171116184012j:plain

 

 

これらに行けば、欲しいものはほぼ全部そろうでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20171111140514j:plain



また、歩いていける距離にコンビニ(セブンイレブン)もあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171116182432j:plain

 

 

日本の食品やアメニティグッズも置いてあるので、とてもありがたい!!

肉まんやミスドのドーナツもありますよ。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171116204302j:plain



学校で勉強するのにあきたら、カフェに行くのもアリです。

学校周辺には、たくさんのカフェがあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171116204242j:plain

 

 

日本にあるカフェと変わらないくらい、オシャレでキレイ!!

しかし価格は半額程度(ラテが200円ぐらい)なので、かなりお得です。

 

f:id:yukihiro0201:20171116182748j:plain

 

 

お得と言えば、学校の近くには激安のマッサージ屋さんもあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171116183016j:plain

 

 

ここはフィリピンで有名な、マッサージのチェーン店です。

タイ式マッサージが、なんと1時間450円ほどで受けられます!!

 

f:id:yukihiro0201:20171116183151j:plain

 

 

フィリピン料理に疲れた人は、近くの日本食レストランに行ってみましょう。

 

f:id:yukihiro0201:20171116183238j:plain

 

 

ラーメンや牛丼、たこ焼きなんかを食べることができます。

味はまあ、そこそこですね。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171116204207j:plain



ファーストフードの選択肢は多いです。

マクドナルド・ケンタッキー・ピザハットなどが近くにありました。

 

f:id:yukihiro0201:20171116220340j:plain

 

 

学校での生活

 

6:30 起床

f:id:yukihiro0201:20171115211434j:plain

 

 

「5時に起きて勉強しろ」と言われるサウスピークですが・・・

朝に弱い僕は、残念ながら朝食前のギリギリまで寝ていました。笑

起きた後は軽くシャワーを浴び、身支度を済ませます。

 

朝にシャワーを浴びるのは、ニオイ対策のためです!!

サウスピークは基本1対1の授業で、教室は小さなブースとなっています。

けっこう先生と距離が近いので、体臭には気を付けていました。

 

f:id:yukihiro0201:20171121115253j:plain

 

 

7:00 朝食

f:id:yukihiro0201:20171115205227j:plain



1階のダイニングルームへ降りて、朝食を取ります。

朝ご飯は、パンかゴハンかを選ぶことができますよ!!

生徒の中には、両方を取って食べている人もいました。笑

 

自分たちの部屋では、Wi-Fiを使うことができませんが・・・

このダイニングルームでは、Wi-Fiを使うことが可能です。

なので朝食とともに、ネットで日本のニュースなどを確認していました。

 

8:00 授業

f:id:yukihiro0201:20171111120237j:plain

 

 

僕の場合、8時から授業が2コマありました。

ティーチャークラスと、SWクラスです。

 

授業の時間割は、各人のカリキュラムによって違います。

8時から17時の間で、授業が最大4コマ入るのです。

授業時間は1コマ50分で、授業の間には10分の休憩があります。

 

f:id:yukihiro0201:20171115213035j:plain



この時間割は、週によって変わります。

しかも金曜日は卒業式のため、授業時間が40分に短縮されるのです!!

したがって生徒は、常に時間割を確認しておかなければいけません。

 

10:00 自習

f:id:yukihiro0201:20171115212315j:plain

 

 

授業が終わってから昼食までは、前日に学んだことの復習です。

サウスピークには、1階・2階・6階に自習スペースがありますが・・・

僕は主に、1階のダイニングルームで勉強を行っていました。

 

f:id:yukihiro0201:20171115205006j:plain



自習室によっては、声を出すのが禁止だったり・・・

カガミで口の動きをチェックしながら、発音練習できたりします。

 

なので生徒は学習内容によって、自習室を変えることが可能です。

ちなみに一番人気は、授業で使われていないブースの中でしたね。

他人を気にすることなく、どんな勉強でもできるのが良いのでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20171115212852j:plain



12:00 昼食

f:id:yukihiro0201:20171115205433j:plain



12時から、ダイニングルームで昼食が準備されます。

学校で出る食事は、フィリピン料理を日本人向けに味付けされたものです。

サウスピークが持つ3つの校舎の中では、日本語禁止校の食事が一番おいしいと評判!!

 

また昼食の時間には、様々なアクティビティーが行われます。

新しく入ってきた生徒の紹介や、プレゼンテーションのコンテストなど。

先生も一緒にご飯を食べるので、このときが一番ダイニングの人数が多くなりますね。

 

f:id:yukihiro0201:20171111134407j:plain



14:00 授業

f:id:yukihiro0201:20171111115128p:plain



僕の場合、14時から後半の授業が始まっていました。

内容はグループレッスンと、英語発音矯正クラスです。

 

生徒のレベルや要望に合わせて、取る授業は変わってくるのですが・・・

グループレッスンだけは、皆が共通して1日1回必ず受けます。

他の生徒と授業を受けることで、自分の英語力を客観視するためです。

 

f:id:yukihiro0201:20171111115607p:plain



僕は以前、自分と同じレベルの人と2人でグループレッスンを受けていたのですが・・・

彼は僕よりも多くの英語表現を身に着けており、しかもスムーズに英語を話していました。

これを見た瞬間に、僕は「ヤバい」と感じましたね。笑

 

16:00 自習

f:id:yukihiro0201:20171121120425j:plain

 

 

授業が全部終わった後も、17時までは外に出ることができません!!

したがって仕方なく、夕食の時間まで次の日の予習をしていました。笑

 

17時まで外に出れないのは、生徒に勉強をさせるためです。

サウスピークでは、1日10時間以上の勉強を生徒に推奨しています。

外に出て遊んでいるヒマがあったら、校内で勉強しろということですね。笑

 

ただし例外として、12~13時の昼食時間は外に出ることが可能です。

したがってお昼のうちに済ませたい用事がある場合は、この時間を利用します。

 

f:id:yukihiro0201:20171116182143j:plain



18:00 夕食

f:id:yukihiro0201:20171115205518j:plain



18時から、ダイニングルームで夕食を取ることが可能です。

学食は毎日メニューが変わり、野菜などもキチンと取れるようになっています。

したがって学食だけで生活していれば、かなり健康的な身体になるでしょう。

 

しかもこの食事時間は、他の生徒と仲良くなる絶好のチャンスです!!

日本語禁止校では英語を話さなくてはいけないので、友達との会話も勉強になります。

 

 

 

しかしたまには、ジャンキーなものも食べたいと感じるのが人間というもの・・・

僕はたまに外へ出て、ハンバーガーやピザなどを食べていました。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171121121319j:plain

 

 

19:00~ 自由時間

f:id:yukihiro0201:20171121121644j:plain

 

 

夕食後はその日によって、色々なことをしていました。

近くのショッピングモールで買い物したり、激安のマッサージ屋さんへ行ったり・・・

僕の場合、だいたい近くのカフェで勉強かブログを書いていましたね。

 

f:id:yukihiro0201:20171121184548j:plain



平日の夜に、学校の生徒と一緒に飲みに行ったりなどはありませんでした。

みんなけっこう勉強に真剣なので、とても誘いづらい空気がただよっています。笑

したがって、友人と出かけたり飲んだりするのは週末だけです。

 

ちなみに平日でも週末でも、23時までには学校に帰ってこないといけません。

万が一これを破った場合、一発で退学となります!!

退学になる人はだいたい、このルールを守れない人みたいです。

 

学校生活で良かったこと

 

1.色々な人と仲良くなれる

f:id:yukihiro0201:20171121122309j:plain

 

 

日本語禁止校の生徒は、年齢層が幅広いです。

10代の大学生から、50代の社会人までいます。

しかもTOEIC600点以上の人たちなので、みんな優秀です。

 

早稲田・慶応など、上位大学の出身者がゴロゴロいますし・・・

会計士やDJなど、特殊な資格や技術を持った人たちも来ています。

そんな彼らと仲良くなり、色々な話を聞けたのは楽しかったです。

 

2.色々なところに行ける

f:id:yukihiro0201:20171121185652j:plain

 

 

サウスピークでは、週末に観光ツアーが用意されていたりします。

「ジンベイザメと泳ぐ」など、セブで人気のアクティビティーに友達と参加できるのです。

しかも、普通に個人でツアーに参加するより安い!!

 

また企業見学など、学校だからこそできるようなツアーも用意されています。

世界最大の経営コンサル会社である、アクセンチュアにお邪魔できたりしますよ!!

参考:アクセンチュア - Wikipedia

 

3.カフェがたくさんある

f:id:yukihiro0201:20171121184257j:plain

 

 

学校の周辺には、オシャレなカフェがたくさんあります。

しかもラテが1杯200円ぐらいと、日本の半額程度です。

さらに夜遅くまで開いており、門限ギリギリまで楽しむことができます。

 

下に書きますが、学校内ではインターネットがほとんど使えません。

したがって僕は、自由時間の大半をカフェで過ごしていました。

気分に合わせてカフェを変えていたので、全然あきませんでしたよ!!

 

学校生活で困ったこと

 

1.Wi-Fiが使えない

f:id:yukihiro0201:20171112210921p:plain



1階のダイニングルームと6階の教室以外、Wi-Fiはありません。

しかもちょっと、つながりが悪いです。

これは英語を勉強するうえで、けっこう障害になりました。

 

というのも、僕を含めて最近の人はみんな勉強にネットを使うからです。

参考:会社に雇われずに働くって簡単!まじめにやれば何とかなる

日本語禁止校に来る方は、事前にポケットWi-Fiを契約して来るべきでしょう。

 

2.洗濯物が色移りする

f:id:yukihiro0201:20171121190759j:plain

 

 

学校では週に3回、洗濯物を回収して洗ってくれます。

しかし、色移りするので注意が必要です。

僕はこれで白シャツを1枚、ピンクに染めました。笑

 

サウスピークに持っていく衣類は、色物だけに限定するか・・・

白物は自分で洗うようにしましょう。

ちなみにこれは事前に説明を受けたので、シャツをダメにしたのは僕のミスです。

 

3.衛生用品を忘れた

f:id:yukihiro0201:20171121193147j:plain

 

 

つい、いつもの海外旅行みたいな感じでセブに来たところ・・・

電気シェーバーの充電コードを持ってくるのを忘れました。笑

1か月も使っていたら、途中で充電が切れましたね。

 

また2週間を過ぎたあたりから、耳かきや爪切りが欲しくなりました。

爪切りはスーパーなどで売っているので、対処できたのですが・・・

さすがに耳かきはなかったので、忘れずに家から持ってきましょう!!

 

フィリピン留学のメリット

 

1.英語をたくさん話せた

f:id:yukihiro0201:20171111115128p:plain

 

フィリピン留学では基本的に、先生と生徒が1対1で授業を行うので・・・

他の人にジャマされず、英語をたくさん話すことができました!!

 

生徒は自分しかいないので、先生に質問されたら自分が答えるしかありません。

しかも先生は、生徒がなるべく多く発言するように仕掛けてくるので・・・

授業中のほとんどが、自分のスピーキング時間となります。笑

 

しかも周りに他の生徒がいないので、とても気が楽です。

「間違えたら恥ずかしい」という思いが薄れ、バンバンしゃべることができます。

遠慮しがちで、恥の文化を持つ日本人にはピッタリでしょう。

 

欧米の語学学校だと、なかなかこういうわけにはいきません。

なぜなら授業はグループレッスンで、しかも7~10人の生徒が一気に受けるからです。

 

生徒の人数が多いので、そもそも話せる機会が少ないうえ・・・

おしゃべりな南米人などに、その貴重な発言機会をうばわれたりします。笑

参考:海外に出て分かった!日本人が留学しても英語が話せない理由

 

自分が主体的に参加できるという点において、フィリピンの授業はとても質が高いです。

おかげさまでスピーキング力が向上し、校内のスピーチコンテストで1位を取ることができましたよ!!

 

 

 

2.英語に集中できる

f:id:yukihiro0201:20171129194340j:plain

 

 

フィリピン留学では、基本的に学校の寮で生活します。

なので生活面であれこれ考えることがなく、英語の勉強に集中できるのです!!

 

サウスピークの寮では、掃除・洗濯・料理などをすべてスタッフさんがやってくれます。

自分がやらなければいけない家事などありません。

したがって雑務に追われることなく、1日の大部分を英語学習にあてることが可能です。

 

また治安などの面から、学校の外に出られる時間は制限されています。

しかもフィリピンのネット環境は悪く、ユーチューブを見ることすらままなりません。

したがってやることがなく、仕方なく勉強をするという習慣が生まれます。笑

 

これが欧米の留学だと、まず自分が住む場所を決めなければいけません。

「ホームステイの期限が来る」と次の家探しに追われ、授業どころじゃない生徒を僕は何人も見てきました。

また慣れない家事に時間の大部分を費やし、疲れ果てて寝るなんてことも多々・・・

 

また欧米はフィリピンと比べ治安が良く、危険なところに行かなければ夜中まで遊べます。

しかも娯楽施設は充実していて観光名所も多いので、楽しみ方は無限大です。

したがってついつい勉強のことを忘れ、楽な方に流されがち・・・

 

英語の勉強に集中できるという点においても、フィリピンの環境は良いでしょう。

 

3.お金がかからない

f:id:yukihiro0201:20171113201857p:plain



僕は今回タダで通わせてもらったので、あまり実感しなかったのですが・・・

留学にかかる費用は、フィリピンの方が圧倒的に安いです!!

 

まず、航空券の料金が全然違います。

セブパシフィックやバニラエアなど、日本‐フィリピン間は格安航空会社(LCC)が飛んでおり・・・

セールなんかをうまく利用すれば、片道1万円以下で行くことだって可能です。

 

 

 

また僕が通っていたサウスピークでは、食事や住居付きで3か月42万円からと比較的リーズナブル。

参考:フィリピン留学、サウスピーク料金表

 

それに対し、欧米の語学学校に通おうと思ったら多額の費用が必要です。

アメリカに行く場合、片道航空券だけでも10万円以上かかります。

 

f:id:yukihiro0201:20171129200329j:plain

 

 

また授業料や生活費の面でも、フィリピンと比べたら割高です。

アメリカの語学学校に3か月通おうと思ったら、90~110万円ぐらいします。

参考:語学留学の費用|短期留学も留学なら留学ジャーナル

 

日本から近くて物価の安いフィリピンだからこそ、この低価格が実現できるのでしょうね。

 

フィリピン留学のデメリット

 

1.異文化交流が少ない

f:id:yukihiro0201:20171129201405j:plain

 

 

フィリピンの語学学校に行くと、基本的に生徒の国籍は限られます。

したがってどうしても、異文化に触れる機会は少ないです!!

 

生徒はだいたい日本人か韓国人かで、たまに中国人がいるかなって程度。

ちなみに僕の通っていたサウスピークでは、100%日本人でした。

異文化を感じるのは、フィリピン人の先生と話すときぐらいです。

 

これが欧米だと、まったく事情が異なります。

僕が以前通っていたオーストラリアの語学学校は、本当に人種のるつぼでした。

アジアはもちろんのこと、南米・ヨーロッパ・アフリカからも生徒が来ていたのです。

 

5大陸すべての人と友達になれるので、毎日めちゃくちゃ刺激を受けました。

国籍ごとに女性のタイプや授業の受け方などが違って、見ていておもしろかったですよ。笑

 

そういった体験をする機会が少ないのは、フィリピン留学の弱点ですね。

まあ僕の場合、周りが日本人だらけでも十分に異文化を感じましたが。笑

 

 

 

2.街中であまり英語に触れない

f:id:yukihiro0201:20171129201548p:plain

 

 

フィリピンでは街を歩いていて、そんなに英語を聞きません。

したがって、生の英語に触れる機会は少ないです!!

 

フィリピンは英語が公用語ですが、あくまで第2言語という位置づけであり・・・

日常で話されているのは、フィリピン語(タガログ語・ビサヤ語)が多いです。

 

もちろん、レストランやタクシーなどで英語は通じますよ。

英語で街中の人に声をかければ、英語で返してくれるでしょう。

しかし人によっては片言でしか話せなかったり、フィリピンなまりが強すぎて分かりづらかったりします。

 

これに対して、アメリカやイギリスでは本場の英語に触れられます。

それらの国では英語が公用語であり、また母国語だからです。

 

ホームステイをして家族の人と話をすれば、本当に日常で使われている英語を知ることができるでしょう。

また現地人と友達ができれば、若者が使う流行語(スラング)を学ぶことができます。

 

そういった日常英語に触れる機会が少ないのも、フィリピン留学の特徴です。

 

3.体を壊しやすい

f:id:yukihiro0201:20171031143532j:plain



フィリピンはまだ発展途上国であり、衛生環境はあまり良くありません。

したがってお腹を壊したり、病気になりやすいです!!

 

僕の周りにいたフィリピン留学の先輩はよく、以下のように言っていました。

「フィリピンに来て1週間目は、生活に慣れることで精一杯」

「そして慣れてきた2週間目に、だいたいみんな病気になる」

 

実際に一緒に入学した同級生の1人は、2週目に熱が出て2日間ほど寝込んでいましたよ。

僕も調子に乗って現地の安いレストランに挑戦したら、ゲリになって大変でした。笑

 

またこれはレアケースでしょうが、生徒の中には現地の安い風俗にハマり・・・

性病をもらって緊急帰国なんて方もいたそうです。笑

 

それと比べると欧米は先進国であり、病気になる確率はフィリピンより低いでしょう。

衛生環境は日本とそんなに変わらないですし、食べたらダメなものも特にありません。

 

水道水を飲まないようにさえすれば、他に気を付けることはないです。

実際にオーストラリアに留学していた1年間、僕は病気らしい病気をしませんでした。

 

身体が弱い人にとって、フィリピン留学はちょっとツラいかもしれませんね。

 

おすすめの留学方法

 

実際にフィリピン留学と欧米留学の両方を体験した、自分の意見をまとめると以下の通りです。

 

・英語の習得が第一目的ならフィリピン留学

・異文化交流が第一目的なら欧米留学

 

そこで僕がおすすめするのは、「フィリピン留学 → 欧米留学」という2段階留学!!

 

f:id:yukihiro0201:20171031144153j:plain



まずはフィリピンのスパルタ留学で、集中的に英語を伸ばし・・・

ある程度の英語力を備えた上で、欧米に行きます。

そして現地人と混ざり、楽しみながら生の英語も習得するのです。

 

留学期間は自分のレベルに応じて、柔軟に変えると良いでしょう!!

 

たとえば、留学期間が1年として・・・

英語に自信がない人は「フィリピン6か月+欧米6か月」として、フィリピン期間を長めに取ると良いです。

すでにTOEIC600点以上持っているような人なら、「フィリピン3か月+欧米9か月」ぐらいで良いかな。

 

これで効率的に英語を伸ばし、かつ留学を全力で楽しめると思います!!

僕は「オーストラリア留学 → フィリピン留学」だったので、真逆の順序ですね。笑

 

もし、「フィリピン留学」の方を最初に経験していれば・・・

きっと、下の記事のようなツラい思いはしなくて済んだんだろうな~

参考:仕事探しがうまくいかずに僕は留学先で引きこもりになった

 

みなさんにはぜひ、後悔しない留学をしてほしいです!!

 

学校からインタビュー受けた

 

留学先の学校からインタビューを受けました!!

フィリピン人教師に対して仮想通貨を教えるという、金融バカなエピソードが載っていますよ。笑

参考:【ブロガー無料招待企画】TOEIC945点のゆきひろさんが「達成感あり!」と語った3週間のフィリピン留学とは?