トレトラ FXと仮想通貨をトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







数字を追うな!モーレツになれ!利益を考えない方が良い理由

f:id:yukihiro0201:20171024180214j:plain

 

先日、徳谷柿次郎さんという方とお会いする機会がありました。

彼が見事に、今の自分の悩みをふっ飛ばしてくれたという話。

 

 

徳谷柿次郎さんとは

 

徳谷柿次郎さんは地元メディア「ジモコロ」と「BAMP」の編集長をされている方です。

取材で日本全国を旅してまわっており、わが故郷の鳥取にも来てくれました!!

 

 

 

自分が今まで知り合ったどんな人たちとも違った雰囲気を持っており、話をしていて不思議に感じていたのですが・・・

お会いした後にこの記事を発見して、なんか納得。笑

参考:夜逃げ、ヤミ金、改名…理不尽スパイラルから救ってくれたのはインターネットだった。徳谷柿次郎の原点 | CAREER HACK

 

僕の最近の悩み

 

僕は今トレトラ(トレードトラベラー)しながら、地元の保険代理店のウェブメディア運営にもたずさわっています。

参考:会社に雇われずに働くって簡単!まじめにやれば何とかなる

 

f:id:yukihiro0201:20151006154417j:plain

 

企業としての情報発信に興味を持ち、「月1万人以上が見てくれるサイト作れます」と大見栄きって始めたこの試み・・・

ありがたいことに、現在では月3万人近くの人が見てくれるサイトにまで育ちました!!

最近では法人のお客さんから「このブログに載せてほしい」と声がかかるようになり、社長も喜んでくれています。

 

しかし自分としては、ちょっと罪悪感を感じていました。

なぜなら、僕が報酬としてもらっている以上の金銭的なメリットを会社に与えられてないから!!

 

ネット経由での保険に関する問い合わせは、ちょっと増えているらしいのですが・・・

僕が月々もらっているお金以上の利益は生み出せていません。

 

好きなときに旅に出かけていく自分を、まったく拘束することなく・・・

ノルマもなしに、好き勝手やらせてくれている社長。

なんとか恩返しがしたいのですが、会社として一番大切な「利益」という形で還元できずに悩んでいました。

 

利益をあげなくて良い

 

同じように企業からお金をもらって、ネットメディアを運営している柿次郎さん。

彼ならきっと、利益をもたらす良い方法を知っていると考え・・・

思い切って、自分の悩みを吐き出してみました!!

 

f:id:yukihiro0201:20171024184823j:plain

 

 

すると柿次郎さんはズバッと一言。

「社長が喜んでるんなら、それでいいんじゃない??」

 

あぜんとする僕に、彼はこう続けました。

「社長はもしかしたら、経費を落とすためだけにお前を雇っているのかもしれないよ」

「そうだったら経費を使えて、さらに自分の会社が有名になってラッキーじゃん」

 

確かに相手の立場になって考えたら、そうなのかもしれないなと思いました。

なんだか、一気に肩の荷が下りた気がします。笑

 

お金を追うことの弊害

 

しかし、ずっと金融という分野で働いてきた僕・・・

数字を追うことの重要性が体に染みついており、つい反論してしまいました。

「でもそれでお金が稼げたら、もっと良いんじゃないですか??」

 

f:id:yukihiro0201:20171018183051p:plain



しかし、それはあまり良くない方向性だと柿次郎さん。

なぜならお金もうけに走ると、他の数ある保険サイトと同じ内容になってしまうから!!

 

お金を稼ぐことを目的に作られているウェブサイトはたくさんあります。

特に保険というジャンルではそうです。

 

そしてウェブでお金を稼ぐ方法論は、ある程度確立しています。

したがってそこを目指すと、他と似たり寄ったりの内容になってしまうのです。

その結果、もっとお金のあるところや技術があるところとの競争に巻き込まれます。

 

そうではなく純粋に自分の「やりたい」「おもしろい」を追求していった方が、長期的には良いメディアになるのではという話でした。

 

モーレツであれ

 

最後に、柿次郎さんは「モーレツであれ」と僕に教えてくれました。

 

f:id:yukihiro0201:20171024185041p:plain

 

 

「数字を追う」というのは、究極的には機械が得意とするところです。

そこの分野はいずれ、AI(人工知能)やロボットが担うようになり・・・

人間が勝てなくなるだろうとのこと。

 

そうなると、人間としてできることは「感情」の部分です。

いかに周りの人間の感情を揺さぶり、動かすことができるかが重要となってきます!!

 

たとえば利益になりにくいことでも、人一倍汗を流してがんばる人。

失敗することも多いけど、それでもリスクを負って先頭に立ち続ける人。

 

今後はこういった「自分もがんばってみようかな」「アイツについていこうかな」と思わせられるような人が強くなるのではと言われました。

 

自分は今、企業の情報発信の次のステップとして「コミュニティづくり」を目指しています。

ちょうど新しく移転した事務所にギャラリースペースがあるので、そこに地域の人が集める仕組みを作ろうと計画中です。

参考:鳥取のアート関係者へ!無料のギャラリーで展示会や教室を行いませんか? | ハロー鳥取 ハロー保険

 

僕は正直、イベントを企画したり運営したりするのが苦手なんですよ。笑

でもうまくいくか挑戦してみたい気持ちの方が強いので、ハタ振り役をしています!!

 

そんな僕に社長は以前、こう言ってくれました。

「会社で一番年下のお前が、こうやって引っ張ってくれるのがありがたい」

 

そのときはあまり、この言葉の意味が良く分かっていなかったのですが・・・

柿次郎さんと話ができたおかげで、今なんとなく理解できた気がします。

 

最後に

 

最近、やたらと効率を重視する傾向がありますよね。

「ムダな仕事はするな」「生産性を上げろ」みたいな。

 

なので僕は、その逆に行ってみたいと思います。

利益にならないことを楽しみ、人間としての厚みを作っていこう!!