トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







くりっく365のメリットは?店頭FXとの違いを比較してみた

f:id:yukihiro0201:20171008151916j:plain

 

(2017/10/13 記事の続きを書きました)

店頭FXの最大レバレッジが10倍に引き下げられ、くりっく365は25倍のままというウワサがあります。

良い機会なので、今まであまり使うことのなかった「くりっく365」について色々と調べてみました!!

 

 

くりっく365を優遇か

 

前回、店頭FXの最大レバレッジが10倍に引き下げられるかもという記事を書きました。

参考:FXトレードは海外口座ですべき?それデメリットしかないよ

 

その後の続報で、くりっく365はそのままレバレッジ25倍というウワサが立っています!!

 

 

 

 

 

 

 

くりっく365は財務省や金融庁の天下り先という話もあるので・・・

もしかしたら新たな規制によって、FXトレーダーをくりっく365へ誘導したいのかもしれないですね。笑

 

昔はくりっく365の方が税金が安くなっており、それが優遇策となっていました。

 

【店頭FX】

総合課税(税率最高50%、損失繰越不可)

 

【くりっく365】

申告分離課税(税率一律20%、損失繰越可)

 

しかしこれは所得税法の改正により、2012年からは申告分離課税に統一されています。

参考:ビットコイン(仮想通貨)の税金の計算方法を分かりやすく説明

 

今回レバレッジの規制がウワサ通りに入れば、再びくりっく365への優遇が始まることになりますね~

 

くりっく365とは

 

くりっく365とは、簡単に言うと「公的なFX」です!!

2005年に東京金融取引所によって作られました。

 

クリック365が生まれたのは、安心して取引できる市場がほしいという投資家のニーズからです。

 

1998年、外為法が改正されて個人でもFX取引が可能になりました。

そしてインターネットの普及や少額でも始められるという点から、FXトレードは人気になります。

 

当然それにしたがい、FX取引をあつかう会社もドンドンと増えていきました。

最盛期にはなんと、400社以上のFX会社が存在していたのです!!

 

しかしその当時、FX会社を規制する法律や監視する組織はありませんでした。

なので、一部の悪質なFX会社がトラブルを起こすようになったのです。

 

この状況を改善するため、FXを規制する新しい法律が2005年に施行されました。

そしてそれと同時に、初の公的FXとして「くりっく365」が誕生したのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20171008153833p:plainf:id:yukihiro0201:20171008153547p:plain

f:id:yukihiro0201:20171008153915p:plain

f:id:yukihiro0201:20171008153933p:plain

 

参考:くりっく365とは?|くりっく365

 

くりっく365は2017年9月現在、口座数81万・証拠金預託額は4500億円となっています!!

参考:取引所為替証拠金取引 口座数・証拠金預託額|くりっく365

 

日本で一番FX口座数の多いDMM FXが約60万口座なので・・・

参考:FX/CFD取引のDMM.com証券

意外にも多くの方が利用している印象ですね。

 

店頭FXとの違いを比較

 

くりっく365と僕が使っている外為どっとコム(店頭FX)で、色々と比べてみました!!

参考:安全に稼げるFX業者は?手数料が安く信頼性の高いFX会社3つ

 

  くりっく365 外為ドットコム(店頭FX)
取扱通貨数 24通貨ペア 20通貨ペア
最小通貨単位 1万通貨単位 1000通貨単位
取引手数料

ラージの場合は手数料あり

なし
スプレッド

ドル円:0.51銭(変動)

ユーロドル:1.23(変動)

ドル円:0.3銭(原則固定)

ユーロドル:0.3銭(原則固定)

スワップ

ドル円:50円

ユーロドル:0.60ドル

ドル円:111円

ユーロドル:1.08ドル

スリッページ なし あり
信託保全

あり

建玉は他の取扱会社に移管

あり

建玉は強制決済の可能性あり

資格要件

資本金3億円以上

自己資本比率200%以上

資本金5千万円以上

自己資本比率120%以上

 

(2017年10月13日時点)

 

有利な方に色を付けています。

こうやって見ると、両者で得意な部分がキッチリと別れていますね!!

 

手数料やスプレッドなど、取引に直結する部分では外為どっとコム(店頭FX)が有利ですが・・・

信託保全や資格要件など、安全にかかわる部分ではくりっく365が上と言えるでしょう。

 

くりっく365の取扱会社

 

2017年10月現在、くりっく365を取り扱っているところは以下の16社です。

 

f:id:yukihiro0201:20171008174501j:plain

 

参考:くりっく365公式ホームページ

 

この中なら、店頭FX会社としても有名な外為オンラインGMOクリック証券が良いでしょう。

普段からレバレッジ高めで取引しており、10倍に引き下げられると困る人は・・・

万が一のために、あらかじめ口座を持っておいても良いのではないでしょうか??