トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FX両建ての必勝法はこれ!両建てトレードのテクニック3つ

f:id:yukihiro0201:20170917153243j:plain

 

あなたは今までFXトレードで「両建て」をしたことがありますか??

今日は両建てのテクニックをいくつか紹介し、その中に存在する必勝法をお伝えしましょう!!

 

 

両建てとは

 

両建てとは買いと売り、両方のポジションを同時に持つことです。

クロスオーダー(Cross Order)とか、マッチオーダー(Matched Order)とも呼ばれますね。

 

f:id:yukihiro0201:20170917125002p:plain

 

 

両建てをすると、2つのポジションが利益や損失を相殺し合います。

相場がどちらに動いても損益が発生しないので、意味ないように見えますが・・・

実は使い方によって、とても有効な手段となりえるのです!!

 

両建てのテクニック

 

それでは、具体的にどうやって両建てをFXトレードに生かすのでしょうか??

以下に、両建てで利益を上げるテクニックをいくつか紹介します。

 

1.指標発表

 

まず指標発表の数分前に買いと売り、両方のポジションを持ちます。

その後、指標発表の時間となって仮に相場が下がり始めたら・・・

買いポジションはすぐに損切り、売りポジションをそのままキープするのです。

 

そして売りポジションが損切り幅以上に伸びたところで利食いします。

こうすることによって、指標発表でどちらに動こうが利益を上げることができるのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170917155908j:plain

 

 

これは、損切り幅と利食い幅をあらかじめセットしておいても良いでしょう。

たとえば、それぞれのポジションにプラス50pipsの指値注文とマイナス20pipsの逆指値注文を入れておくのです。

そうすれば、差し引き30pipsの利益となります。

 

この手法で注意すべき点は、まず値動きの大きい指標発表を選ぶということ!!

重要度が低い指標だとあまり値が動かず、損切りだけにヒットして終わることになりかねません。笑

 

値が動きやすい指標発表として有名なのは、やはり「アメリカ雇用統計」ですよね~

これは毎月第1週の金曜日、22時半(夏時間は21時半)にあります。

 

また指標発表では「行って来い」の動きになることもあります!!

そうなると往復ビンタを食らって、両方が損切りになるかもしれません。

 

その可能性を少しでも減らすために「要人発言」でのエントリーは避けましょう。

要人発言はしゃべる内容によって途中から動きが変わるので、危険性大です。

 

 

 

さらに指標発表時はスプレッドが大きく開いたり、値が激しくすべる(スリッページが発生する)可能性が高い!!

したがって、自分の思うような価格で約定しないことも考慮に入れておきましょう。

 

対策としては、値がすべりにくいFX会社でトレードすることですね。

マネーパートナーズ」や「FXプライムが約定力の高いFX会社として有名ですよ!!

参考:FXの逆指値がすべる原因は?損切りだけスリッページする理由

 

2.つなぎ売り

 

あなたは長期的に相場は上がると見て、買いポジションを持っているとしましょう。

しかし「一時的に下げてきそうだな」というとき・・・

買いポジションを維持したまま短期で売れば、さらなる利益の積み上げが狙えます。

 

f:id:yukihiro0201:20170917165011j:plain

 

 

このように長短おり交ぜ、買いでも売りでも稼いでいく手法を「つなぎ売り」もしくは「うねり取り」と言います。

これは大量の株式を運用している機関投資家のトレーダーがよく行う方法です。

 

大金を動かしているところは運用ルールが厳格で、簡単にポジションを手放すことができません。

また貸株として証券会社に持ち株を渡しているケースも多く、売りたくても売れなかったりするのです。

そういったときに買いポジションは保有したまま、同じ銘柄を信用取引で空売りしたりします。

 

この手法で注意すべきことは、取引が複雑になることでしょう!!

「長期では買い」「短期では売り」という、時間軸も方向もバラバラなポジションを持つことになります。

 

「ロングもショートも得意」「スイングもデイトレもバッチリ」なんて人はそうそういないでしょう。

したがって熟練したFXトレーダーじゃないかぎり、この方法はおすすめしません。

 

ちなみに僕は現在、ポンド円の買いポジションを長期で持っていますが・・・

参考:デメリットなし?FXの長期トレードで超簡単に利益を出す方法

チャンスがあれば、デイトレでポンド円を売ったりしていますよ!!

 

「つなぎ売り」で売り買いのポジションが混ざり、混乱しないためには・・・

デイトレ用と長期投資用でFX会社を分けると良いですね!!

参考:安全に稼げるFX業者は?手数料が安く信頼性の高いFX会社3つ

 

両建ての必勝法

 

両建てでほぼ儲かる手法が1つだけあります。

それは大きく利益を出した年の節税手段として使うことです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170922191646p:plain

 

 

たとえばあなたがFXトレードで大きく利益を出しているとしましょう。

そしたら両建てをして、しばらく放っておくのです。

 

すると、どちらかのポジションはマイナスとなり・・・

もう一方のポジションは同額だけプラスとなります。

 

そしたら12月31日が終わる直前に、マイナスのポジションの方を決済するのです!!

そして1月1日になったらすぐ、プラスのポジションの方も決済します。

 

こうすると損益的にはプラマイゼロですが、前年に大きなマイナスを出したことになります。

したがって、前年に出していた大きな利益を削ることができるのです!!

すると納める税金を少なくすることができ、その分は確実にお金が残ります。

 

これを繰り返せば、利益をドンドンと次の年に繰り越すことができるでしょう。

そして大きく損失を出した年がくれば、そこで埋め合わせをすれば良いのです。

 

ただし、この方法は兼業FXトレーダーにはあまり意味がないかもしれません。

なぜなら兼業だとFXの収入は雑所得・申告分離課税であり、税率は一律(20.315%)だからです。

大きく稼ごうが小さく稼ごうが、税金は約20%で変わりません。

 

これはFXの収益が事業所得となり、累進課税で儲けるほど税率が上がっていく個人事業主こそ使える方法でしょう。

とは言っても、損益通算があるのであまり意味ないかもしれませんが。笑

まあ、こういう使い方があるといった知識だけ持っておいてください。

 

両建てのデメリット

 

ここまで両建ての手法を紹介してきましたが・・・

両建てには以下のようなデメリットもあります。

 

f:id:yukihiro0201:20170922195106p:plain

 

 

1.スプレッドを2倍支払うことになる

 

単純に売りと買いで取引が2倍になるので、支払うスプレッドも2倍になります。

これによる被害を最小限にするには、スプレッドのせまいFX会社で取引することです。

参考:安全に稼げるFX業者は?手数料が安く信頼性の高いFX会社3つ

 

2.スワップで差損が出続けることがある

 

買いスワップと売りスワップはイコールではありません。

たいていの場合、FX会社がちょっと有利になるように設定されています。

したがって差損(逆ザヤ)が発生し、保有期間が長くなるほど損が出続けます。

 

3.取引手数料が2倍になる

 

これも上記1と同じ理由で、支払う手数料は2倍になります。

しかし現在、取引手数料を取るFX会社はほとんどありません。

なので、これについてはあまり気にする必要ないでしょう。

 

両建てに適したFX会社

 

実はFX会社の中には、わずかながら両建てできないところが存在します。

なので両建てを行う場合、まずは自分の取引業者が両建て可能かを調べましょう。

 

f:id:yukihiro0201:20170829010350p:plain



また両建てができるFX会社の中にも、さらに「両建てに適したFX会社」というのがあります。

どういうことかというと、FX会社によって両建てに必要な証拠金の額が違うのです!!

 

多くのFX会社では、買いと売りの両方に証拠金が必要となってくるのですが・・・

SBIFXトレードFXプライムなどでは、どちらか一方の取引数量が多いポジションのみでオッケーです(MAX方式)!!

 

これらのFX会社ではより少ない証拠金でFXトレードできるので、資金効率が良くなります。

同じ通貨ペアで売り買い複数のポジションを持つ人は、こういったところを使うと良いでしょう。

 

ちなみに以前、ヒロセ通商などでは両建てに証拠金が必要ありませんでした!!

売りと買いで証拠金が相殺され、証拠金ゼロでも両建てできるという方式だったのです。

 

しかしこの方式は平成22年の証拠金規制によりなくなり、現在は証拠金ゼロで両建てできなくなっています。

参考証拠金規制 : 一般社団法人 金融先物取引業協会

 

まとめ

 

両建てとは買いと売り、両方のポジションを同時に持つことです。

両建てで利益を上げる手法はいくつかありますが、両建てならではのデメリットも存在します。

SBIFXトレードFXプライムなどは、両建てをするのに証拠金が少なくて済むので有利です。