トレトラ FXと仮想通貨をトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXの両建て必勝法はこれ!絶対勝てる両建てテクニックとは?

f:id:yukihiro0201:20170917153243j:plain

 

(2018/04/10 記事を書き足しました)

あなたは今まで、FXトレードで「両建て」をしたことがありますか??

今日は両建てのテクニックをいくつか紹介し、その中に存在する必勝法をお伝えしましょう!!

 

 

両建てとは

 

両建てとは、「買い」と「売り」のポジションを同時に持つことです!!

クロスオーダー(Cross Order)とか、マッチオーダー(Matched Order)とも呼ばれますね。

 

f:id:yukihiro0201:20170917125002p:plain

 

 

両建てをすると、2つのポジションが利益や損失を相殺し合います。

したがって、相場がどちらに動いても損益が発生しません。

 

しかしポジションを2つ持つので、コストは2倍です。

スプレッド(取引手数料)は2倍払うことになりますし、投資資金も通常の2倍かかります。

 

なんだか、両建てって意味のない手段に感じますが・・・

実は使い方によって、かなり有効な手段となりえるのです!!

 

FX両建てのテクニック

 

では具体的に、どうやって両建てをFXトレードに生かすのでしょうか??

以下に、両建てで利益を上げるテクニックをいくつか紹介します。

 

1.指標発表

 

f:id:yukihiro0201:20180410072458p:plain

 

 

まず指標発表の数分前に買いと売り、両方のポジションを持ちます。

その後、指標発表の時間となって仮に相場が下がり始めたら・・・

買いポジションはすぐに損切り、売りポジションをそのままキープするのです。

 

そして、売りポジションが損切り幅以上に伸びたところで利食いします。

これで、指標発表でどちらに動こうが利益を上げることができるのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170917155908j:plain

 

 

これは、損切り幅と利食い幅をあらかじめセットしておいても良いでしょう。

たとえばそれぞれのポジションに、プラス50pipsの指値注文とマイナス20pipsの逆指値注文を入れておくのです。

そうすれば、差し引き30pipsの利益となります。

 

この手法で注意すべき点は、まず値動きの大きい指標発表を選ぶということ!!

重要度が低い指標だとあまり値が動かず、損切りだけにヒットして終わることになりかねません。笑

 

値が動きやすい指標発表として有名なのは、やはり「アメリカ雇用統計」ですよね~

これは毎月第1週の金曜日、22時半(夏時間は21時半)にあります。

 

また、指標発表では「行って来い」の動きになることもあります!!

そうなると往復ビンタを食らって、両方が損切りになるかもしれません。

 

その可能性を少しでも減らすために、「要人発言」でのエントリーは避けましょう。

要人発言はしゃべる内容によって途中から動きが変わるので、危険性大です。

 

 

 

さらに指標発表時はスプレッドが大きく開いたり、値が激しくすべる(スリッページが発生する)可能性が高い!!

したがって、自分の思うような価格で約定しないことも考慮に入れておきましょう。

 

対策としては、値がすべりにくいFX会社でトレードすることですね。

マネーパートナーズFXプライムが、約定力の高いFX会社として有名ですよ!!

参考:FXの逆指値がすべる原因は?損切りだけスリッページする理由

 

2.つなぎ売り

 

f:id:yukihiro0201:20180410073521j:plain

 

 

あなたは長期的に相場は上がると見て、買いポジションを持っているとしましょう。

しかし、「一時的に下げてきそうだな」というとき・・・

買いポジションを維持したまま短期で売れば、さらなる利益の積み上げが狙えます!!

 

f:id:yukihiro0201:20170917165011j:plain

 

 

このように長短おり交ぜ、買いでも売りでも稼いでいく手法を「つなぎ売り」もしくは「うねり取り」と言います。

これは、大量の株式を運用している機関投資家のトレーダーがよく行う方法です。

 

大金を動かしているところは運用ルールが厳格で、簡単にポジションを手放すことができません。

また貸株として証券会社に持ち株を渡しているケースも多く、売りたくても売れなかったりするのです。

そういったときに買いポジションは保有したまま、同じ銘柄を信用取引で空売りしたりします。

 

この手法で注意すべきことは、取引が複雑になることでしょう!!

「長期では買い」「短期では売り」という、時間軸も方向もバラバラなポジションを同時に持つことになります。

 

「ロングもショートも得意」「スイングもデイトレもバッチリ」なんて人はそうそういないでしょう。

したがって熟練したFXトレーダーじゃないかぎり、この方法はおすすめしません。

 

ちなみに僕は現在、ポンド円の買いポジションを長期で持っていますが・・・

参考:デメリットなし?FXの長期トレードで超簡単に利益を出す方法

チャンスがあれば、デイトレでポンド円を売ったりしていますよ!!

 

「つなぎ売り」で売り買いのポジションが混ざり、混乱しないためには・・・

デイトレ用と長期投資用で、FX会社を分けると良いですね!!

参考:安全に稼げるFX業者は?手数料が安く信頼性の高いFX会社3つ

 

3.税金の繰り延べ

  

f:id:yukihiro0201:20170922191646p:plain

 

 

あなたは今年、FXトレードで大きく利益を出しているとしましょう。

このままでは、今年の税金はスゴイ金額になりそうです。

 

そういうときは大きく動きそうな通貨を両建てして、しばらく放っておきましょう。

すると、どちらかのポジションはマイナスとなり・・・

もう一方のポジションは、同額だけプラスとなります。

 

そしたら12月31日が終わる直前に、マイナスのポジションの方を決済するのです。

そして1月1日になったら、すぐにプラスのポジションの方も決済します。

 

こうすると損益的にはプラマイゼロですが、前年に大きなマイナスを出したことになります。

したがって、前年に出していた大きな利益を削ることができるのです!!

すると納める税金を少なくすることができ、その分は確実にお金が残ります。

 

これを繰り返せば、利益をドンドンと次の年に繰り越すことができるでしょう。

そして大きく損失を出した年がくれば、そこで埋め合わせをすれば良いのです。

 

ただし、この方法は兼業FXトレーダーにはあまり意味がないかもしれません!!

なぜなら兼業だとFXの収入は雑所得・申告分離課税となり、税率は一律(20.315%)だからです。

大きく稼ごうが小さく稼ごうが、税金は約20%で変わりません。

 

これは、FXの収益が事業所得となり・・・

累進課税で儲けるほど税率が上がっていく、個人事業主や法人こそ使える方法でしょう。

納税用の現金が足りないときなど、大きな助けになりますよ!!

 

両建てを用いたFX必勝法

 

上記のテクニックだけでも、十分に使えますが・・・

両建てを用いた、FX必勝法なんかもあったりします。

それは、スワップ金利の差額を受け取る手法です!!

 

f:id:yukihiro0201:20180410081225p:plain

 

 

たとえばGMOクリック証券だと、ドル円1万通貨を買うことで入るスワップは67円です。(2018年4月現在)

 

f:id:yukihiro0201:20180410090711p:plain

 

 

しかしDMM.com証券だと、ドル円1万通貨を売ることで支払うスワップは34円しかありません。(2018年4月現在)

 

f:id:yukihiro0201:20180410090636p:plain

 

 

この2社でドル円の両建てをし、スワップの差額をもらうのです。

1万通貨あたり67円もらって34円払うので、差し引き33円が毎日もらえます。

10万通貨なら330円、100万通貨なら3300円です!!

 

しかも両建てをしているので、為替変動の影響はまったく受けません。

つまり、毎日確実に金利がもらえる必勝法なのです!!

 

FX会社はどこを選ぶべきか

 

スワップポイントは、各FX会社によって違います。

したがって利益を出すには、スワップで差益の出るFX会社の組み合わせにしないといけません!!

 

f:id:yukihiro0201:20180404112439p:plain



ちなみに2018年4月現在、ドル円では上記2社(DMM.com証券GMOクリック証券)の組み合わせが最も良いです。

その他の通貨では、以下の組み合わせが現時点ですよ。

 

・ユーロ円

買い:FXプライム(+3円)

売り:GMOクリック証券(+2円)

 

・ポンド円

買い:GMOクリック証券(+36円)

売り:DMM.com証券(-15円)

 

・豪ドル円

買い:GMOクリック証券(+52円)

売り:DMM.com証券(-31円)

 

・南アランド円

買い:マネーパートナーズ(+19円)

売り:DMM.com証券(-13円)

 

こうやって見ると、DMM.com証券GMOクリック証券がよく使えそうですね。

スワップの差額を取りに行く手法では、この2社の口座は持っておくべきでしょう。

 

現時点で最もスワップの差額が大きいのは、ドル円の33円です。

ドル円はスプレッドも狭いし値動きも荒くないので、この手法を使うにはピッタリの通貨ペアですね。

 

僕も眠らせている現金を使って、ドル円の両建てを行っています。

年利回り3%ぐらいになるので、銀行に寝かせておくよりよっぽど良いですよ。笑

 

両建て必勝法の注意点

 

しかし、この手法を使うには以下の注意点があります。

 

1.強制決済

 

f:id:yukihiro0201:20180410101744p:plain

 

 

あまりレバレッジをかけすぎると、大きな価格変動があったとき・・・

証拠金が足りなくなって、強制ロスカットされる可能性があります。

 

しかしこれは、ムチャな取引を行わなければ十分に避けられるでしょう。

具体的には、レバレッジを5倍程度でおさえたり・・・

たまに利益が出ている方から、損が出ている方へ証拠金を移動させておけば大丈夫です。

 

2.スワップ変動

 

f:id:yukihiro0201:20180410102929j:plain

 

 

スワップ金利は、各国の政策金利やFX会社の思惑によって変わります。

したがって状況によっては、今まで取れていた差益が取れなくなることもあるでしょう。

 

しかし、これもあまり心配しなくて良いです。

国の政策金利は、そんなにコロコロ変わるものではありませんし・・・

FX会社も、売りの1つであるスワップポイントを改悪することはあまりありません。

 

まとめ

 

両建てとは、「買い」と「売り」のポジションを同時に持つことです。

両建てで利益を上げる手法はいくつかありますが、その中でも「スワップの差額を取る手法」は必勝法です。

DMM.com証券とGMOクリック証券を使ったドル円スワップアービトラージに、ぜひ挑戦してみてください!!

 

【公式サイト】

DMM.com証券:https://fx.dmm.com

GMOクリック証券:https://www.click-sec.com

 

FXでよく読まれている記事3つ