トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ICOとは?ビットコイン(仮想通貨)による今後の未来を予想

f:id:yukihiro0201:20170804095909j:plain

 

現在、ビットコイン(仮想通貨)を使った新しいサービスが次々と出てきています。

今日はそういったサービスを解説し、そこからどのような未来が描けるか考えてみましょう!!

 

 

ICOとは

 

最近、新聞やテレビをにぎわせているビットコインですが・・・

今ものすごい速さで進化しており、次々と新たな使い道が開発されています。

 

なんとトレードだってできるんですよ。笑

参考:ビットコイン(仮想通貨)のFXデイトレードをやってみたよ!

 

そんな仮想通貨が最近、おもしろい使われ方をしています。

それは「ICO(Initial Coin Offering)」というもの!!

 

f:id:yukihiro0201:20170804210423p:plain

 

 

ICOとは仮想通貨で資金を集める方法です。

企業は独自の仮想通貨を作って「この仮想通貨が欲しい人はいませんか??」と出資してくれる人を集めます。

出資したい人はビットコインなどを使って、その仮想通貨を買うのです。

 

購入した仮想通貨は発行した企業のモノやサービスを購入するのに使えますし・・・

必要なければ他の人に売ることだってできます。

その企業の価値が上がれば仮想通貨の価値も上がり、出資者は得をするという仕組みです。

 

最近「バンコール・プロトコル」というプロジェクトが3時間で167億円を集めたとして大きなニュースになりました!!

 

 

 

今までの資金調達

 

東インド会社ができた1602年から今日まで・・・

企業は「株式」という形で資金集めをしてきました。

しかしこれには多大な労力と時間、そしてリスクが必要です。

 

f:id:yukihiro0201:20170728203327p:plain

 

 

たとえば多数の人から大量のお金を集めようとするなら、株式の上場を検討しますが・・・

そのためには監査法人や証券会社、証券取引所による審査を受けなければいけません!!

 

それらをパスするためにはそれなりの実績や準備が必要になります。

しかし事業スピードがどんどんと加速している現代、ゆっくりと準備が整うまで待っていたらチャンスを失いかねません。

またその準備にかかるお金や審査のために支払う手数料も多いです。

 

また上場した後に集められる資金も限定的でしょう。

たとえば東京証券取引所に上場した場合・・・

投資家は東証にアクセスできる口座と日本円を持った人だけに限られるのです!!

 

世界的に見れば、東証にアクセスできる人なんてほんのわずかです。

特に個人の場合、海外から日本にお金を送金するだけでも1万円近く手数料取られるので割に合わないでしょう。

 

さらに株式を大量に保有されたら経営権を握られるリスクもあります!!

会社は最終的には株主のものとなるので・・・

自分が作った会社をほかの誰かに取られてしまう可能性だってあるのです。

 

ICOのメリット

 

しかしICOを使うと、上記の問題点が全部解決します!!

 

f:id:yukihiro0201:20170616203913p:plain

 

 

まず自分たちで仮想通貨を作り、出資をつのるだけなので・・・

監査法人や証券会社などの仲介者が存在せず、手間や手数料を大幅に削減することができるのです!!

 

またビットコインなどで資金を集めるので、出資の対象者は全世界に広がります。

ビットコインなら海外から買い付けても、送金手数料はほぼかかりませんからね。

参考:ブロックチェーンとは?ビットコインの仕組みをわかりやすく解説

 

多くの人が使いたいと思うような商品やサービスのアイデアがあれば・・・

世界中から莫大な出資金を集めることができるでしょう!!

 

さらに渡すのは株式ではなく仮想通貨なので、経営権を取られることもありません。

株主の顔色をうかがうことなく、自分たちの信じる道をとことん突き進むことができるのです。

 

株式という形で経営権を切り売りしなくても、また銀行から借金をしなくても資金調達ができ・・・

しかも仲介手数料はかからず、全世界から一瞬のうちに多額のお金を集められる。

企業からしたら「夢のようなサービス」ですね!!

 

もう今までの方法は何だったんだろうって感じです。笑

まあ「株式」という仕組みができたのはもう400年以上も前なので・・・

そろそろ歴史が変わってもおかしくないのかもしれません。

 

ICOのデメリット

 

しかし万能そうに見えるICOにも1つデメリットがあります。

それは価値のないものが入り混じる可能性が高いこと!!

 

f:id:yukihiro0201:20170730112647j:plain

 

 

このICOは最先端すぎて、まだ法整備が完全に整っていません。

なので今の状況であれば、誰でも資金集めをすることができます。

 

したがって極論を言えば、サギなんかにも利用できるのです!!

やるつもりないのに「こんな商品を作りたいのでご協力お願いします」とICOで資金集めをして・・・

そのままトンズラするなんてこともあり得ます。

 

したがってICOに出資する人には目利きが問われるのです。

まぁこれから法整備が進んでいくことで、このデメリットは小さくなっていくことでしょう。

 

日本はICO先進国

 

さきほど、この分野はまだ法整備が整っていないという話をしましたが・・・

日本はけっこう他国より先に進んでいます。

と言うのも、ニューヨーク市に次いで世界で2番目に仮想通貨の法律(改正資金決済法)を作っているからです!!

 

そして今回、この法律をもとにICOを簡単に行える「 COMSA(コムサ)」というサービスが日本でスタートしました!!

これは「Zaif」という仮想通貨取引所を運営している会社が新たに始めたものです。

 

f:id:yukihiro0201:20170804190434j:plain

 

 

このサービスを使えば「独自の仮想通貨を作る」という高度な技術がいる作業を丸投げでき・・・

ITに詳しくない企業でも気軽に仮想通貨を使った資金集めができます。

ヤバいぜ、にっぽん!!

 

ただし、アイデアベースの新規プロジェクトではダメで・・・

すでに行っている事業の追加資金を集めるのにしか使えません。

いま現在ちゃんと回っているビジネスの資金調達にしぼることで、出資者のリスクを下げているのです。

 

ちなみにこのサービスを利用したICO第1弾はCOMSA自身が行います。笑

まずは自分がICOで資金を集め、このサービスを広げていくとのこと。

またその後にICOを行う企業も以下のようにすでに決まっています。

 

第2段:プレミアムウォーターホールディングス

第3弾:キャンプファイヤー

 

第2段の「プレミアムウォーターホールディングス」はなんと、東証2部に上場している企業です!!

株式で資金を調達できる企業がICOで資金集めをするというのは驚きですね・・・ 

 

 

 

出資者はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)の3種類の仮想通貨から出資できます。

おもしろそうなので、現在積み立てているイーサリアム(10万円分)で出資してみる予定です!!

参考:将来性の高いイーサリアムに投資!手数料最安で購入する方法

 

出資の受付開始は10月からです。

出資したい方はCOMSAへの事前登録が必要なのでしておきましょう。

公式ホームページ:tokensale.comsa.io

 

個人でもICO可能

 

ICOの話はなにも、企業に限ったものではありません。

なんと「個人」でも仮想通貨によって資金調達ができるようになっているのです!!

 

それを実現してくれるのが「VALU」という新しいサービスになります。

これを使えば個人でICOができちゃうのです。

 

VALU独自の仮想通貨(VA)を個人で発行して売ることで、お金を集めることができます!!

ためしに堀江貴文さんのページを見てみると・・・

 

f:id:yukihiro0201:20170616203411j:plain

f:id:yukihiro0201:20170616203437j:plain

 

 

1VAが0.311BTC(約9万円)で売り出されています。

ちなみに「BTC」とはビットコインのことです。

 

VALUER数が195ということで、195人の方が堀江さんのVAを買っていることになります。

その購入費は堀江さんのところに入り、自分の活動資金として使えるわけです。

 

試しに僕も登録してみましたよ!!

僕の時価総額は約140万円だ。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170616203543j:plain

 

VALUについて詳しくは以下のホームページからどうぞ。

公式ホームページ:valu.is

 

個人が独自の経済を持つ

 

以前は国家にしかできなかった「通貨の発行」や上場企業にしかできなかった「資金調達」ですが・・・

今では個人でも簡単にそれらを行えるようになっています。

 

まさに今、ITによる個人へのパワーシフトが進んでいるのです!!

参考:21世紀は個人で稼ぐ時代!とがった1人が無難な大勢に勝つ

 

f:id:yukihiro0201:20170804202757p:plain

 

 

個人で通貨を発行できるようになれば、そこに付いてくる「経済」も自在にあやつれるようになるでしょう。

それぞれの個人が自分独自の経済圏をデザインできるようになるのです!!

 

 

 

こうなってくると重要になってくるのはネットでの発信力です。

フォローしてくれる人が多いほどお金を集めやすくなり、自分のやりたいことが実現しやすくなります。

 

下のブログは僕が2年以上前に書いたものですが、考え方は間違っていなかったですね。

参考:年収300万円以下の人がこれからの時代で大逆転する方法

僕はこれからもブログを続けていきますよ~