トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ビットコイン(仮想通貨)のFXデイトレードをやってみたよ!

f:id:yukihiro0201:20170712082035j:plain

 

ビットコイン(仮想通貨)の証拠金取引に挑戦してみました!!

実際にやってみて、FXとの違いなどを色々と調べてみましたよ。

 

 

ビットコイントレードのやり方

 

ビットコイントレードをするためには、仮想通貨の取引所に口座開設をしないといけません。

現在、仮想通貨の証拠金取引や先物取引ができる取引所は以下の通りです。

 

取引所 証拠金取引
(レバレッジ)
先物取引
(レバレッジ)
zaif 7.77倍 25倍
bitflyer 5倍 15倍
Quoine 25倍  
みんなのビットコイン 25倍  
J-bits 10倍  
coincheck 5倍  
BTCbox 5倍  
Kraken 5倍  
bitpoint   25倍
bitbank trade   20倍

 

 

この中でも特に良さげな取引所を3つピックアップしてみました。

 

1.bitFlyer

 

ビットフライヤーはビットコイン取引所の最大手です。

ユーザー数や資本金などは国内トップとなります!!

 

f:id:yukihiro0201:20170712083531j:plain

 

 

ここで取引されるビットコインの数はすさまじく・・・

ついこの間、取引量で世界一となりました!!

 

 

 

三菱UFJキャピタルやSBIホールディングスなどが株主になっており・・・

日本におけるビットコイン取引所の大本命ですね!!

 

f:id:yukihiro0201:20170722124958j:plain

 

 

公式ホームページ:bitflyer.jp

 

2.BITPoint

 

ビットポイントは「株式会社ミックスポイント」という上場会社が運営している取引所です。

ここの特徴は何といっても「MT4」が使えること!!

 

f:id:yukihiro0201:20170712084103j:plain

 

 

FXトレードで普段からMT4を使っている方にとっては一番やりやすいでしょう。

操作方法を1から覚える必要がなく、FXと同じようにスムーズに取引を開始できます。

 

またMT4は自動売買にも対応しているので、ビットコインの自動取引も可能です!!

参考:FX自動売買の方法は全部で3種類!違いやデメリットを比較

ふだんFXで使用しているEAをそのままビットコインに当てはめてみるとか、楽しい実験ができそうですね。

 

公式ホームページ:www.bitpoint.co.jp

 

3.bitbank Trade

 

ビットバンクトレードは後発ながら、最近伸びてきている取引所です。

最大の特徴は「追証なし」でビットコイントレードができること!!

 

f:id:yukihiro0201:20170712084509j:plain

 

 

これは相場に不測の事態が発生して、大きなマイナスを抱えたとしても・・・

追加で保証金を求められることはないということ!!

 

ビットコインを含む仮想通貨市場はボラティリティ(価格変動率)が激しいです。

また取引所の不具合によってレートが飛ぶような事態も起こっています。

 

 

 

そういった危機に直面しても追証がかからないというのは大きな強みですね。

ただしその代わりとして、ビットコイントレードで利益が出た場合には0.1%の手数料を取られます。

 

公式ホームページ:bitbanktrade.jp

 

FXトレードと比較

 

FXトレードとビットコイントレードを比較してみると、以下のような違いがあります。

 

f:id:yukihiro0201:20170712091301j:plain

 

参考:bitbanktrade.jp

 

1.レバレッジ

 

レバレッジは各取引所によって上限が異なるようですが・・・

最大のところで25倍となっています。

国内FX会社のレバレッジ上限も25倍なのでここは変わりません。

 

2.ボラティリティ

 

ボラティリティ(価格変動率)は圧倒的にビットコインの方が高いです。

このチャートを見れば一目瞭然でしょう。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170712092845p:plain

 

参考:bitflyer.jp

 

現在のドル円の1日平均ボラティリティが100pipsいかないぐらいですが・・・

ビットコインはその6倍以上あり、ポンド円すらはるかにしのぎます!!

参考:簡単に自分で計算できる!各通貨ペアのボラティリティ一覧

 

3.取引時間

 

FXトレードは週末に行うことはできません。

しかしビットコインは土日でも取引できます!!

 

しかもビットコインは土日の方が値動きが大きい傾向にあるようです。

FXトレードの練習として、ビットコインを土日に扱うという使い方もできそうですね。

参考:土日も為替取引できる?FXトレーダーが休みの日にすべきこと

 

取引画面をチェック

 

上記3社の中で一番安全そうなビットフライヤーで、実際にビットコインの証拠金取引を行ってみます!!

FX会社のような専用のスマホアプリはまだないようなので、今回はパソコンでトレードしてみました。

 

まずビットフライヤーにログインします。

そして左上のメニューから「bitFlyer Lightning」を選択。

 

f:id:yukihiro0201:20170712093823j:plain

 

 

すると取引画面に移ります。

何か動きがあるたびにピコピコと音が鳴り、すごくにぎやかな感じ!!

でも気が散るので、僕は速攻でミュートにしました。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170712094315j:plain

 

 

画面上部で「現物(BTC/JPY)」「FX(BTC-FX/JPY)」「Futures(BTC/JPY-14JUL2017)」の切り替えができます。

ビットフライヤーでは、同じビットコイントレードでも3つの取引種類があるのです。

 

f:id:yukihiro0201:20170712094729j:plain

 

 

今回、僕は証拠金取引を行うので「BIC-FX/JPY」を選択しました。

それぞれの違いを簡単に説明すると以下の通りです。

 

現物

売りから入れない、レバレッジかけれない

 

FX(証拠金取引)

売りからでも入れる、レバレッジ5倍まで

 

Futures(先物取引)

売りからでも入れる、レバレッジ15倍まで

 

画面の左上にチャートが配置されています。

FXと違って出来高(volume)が見れますね!!

 

f:id:yukihiro0201:20170712095522j:plain

 

 

全画面に広げるとこんな感じです。

 

f:id:yukihiro0201:20170712095819j:plain

 

 

時間足が1分足から週足まで13種類もあります!!

これは普通のFX会社のチャートよりビットフライヤーの方が充実してるかも・・・

 

f:id:yukihiro0201:20170712184628j:plain

 

 

右上の歯車ボタンを押すと設定できるインジケーターが出てきました。

「MACD」「RSI」「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」など主要なものはそろっています。

とりあえず、自分がFXトレードするときと同じように3本の移動平均線を設定しました。

 

f:id:yukihiro0201:20170712184702j:plain

 

 

画面の中央には板情報が表示されています。

ここも、板情報が基本見れないFXトレードとは違うところですね!!

参考:FXで為替の板情報を見る方法3つ!板読みの見方も教えるよ

 

f:id:yukihiro0201:20170712100718j:plain

 

 

まずは入金から

 

実際にビットコイントレードを行うため、まずはビットフライヤーにお金を入れます。

画面の左上にあるメニューボタンを押して「入出金」を選択。

 

f:id:yukihiro0201:20170712101301j:plain

 

 

クイック入金には以下4種類の入金方法がありました。

 

・インターネットバンキング

・提携銀行から

・銀行ATM

・コンビニ

 

f:id:yukihiro0201:20170712184853j:plain

 

 

入金手段がけっこう幅広い!!

これも普通のFX会社よりビットフライヤーの方が親切かもしれません。

 

ただしインタネットバンキングの場合、324円の手数料が取られました!!

ここについてはFXと同じように、どの銀行からでも手数料なしに改善してほしいですね。

 

とりあえずお試しで1万円だけ入金。

証拠金取引を行うためには、入金後に証拠金口座へ資金を移動させなければいけません。

 

f:id:yukihiro0201:20170712185047j:plain

 

 

これで準備は完了!!

 

ビットコイントレードしてみた

 

まずはチャート分析して、売り・買いのどちらから入るか検討していきます。

日足を見るとキレイな三角持ち合いを形成しており・・・

ちょうど今日、下にブレイクしたようですね。

 

f:id:yukihiro0201:20170712102450j:plain

 

 

1時間足に拡大してみると、ちゃんと3角持ち合いのラインでいったん値が止められています。

(白い矢印の部分)

ビットコインでもなんでも、相場ではラインが機能するんだなとあらためて実感。

 

f:id:yukihiro0201:20170712102955j:plain

 

 

テクニカル的には3角持ち合いを下抜けした後、もみ合っている感じですね。

もみ合いの下のラインを抜ければ、さらに落ちていくことでしょう。

したがって今回は売りで攻めていくことにしました。

 

またファンダメンタル的に見ても、売りが優勢と言えるでしょう。

最近の仮想通貨の下落は、世界最大規模のビットコイン取引所がハッキングに合ったことが大きな要因となっています。

 

 

 

ビットコインの下げはまだゆるやかですが、その他の仮想通貨(アルトコイン)は暴落しています。

仮想通貨における時価総額ナンバー2の「イーサリアム」は、ピークの半値以下まで落ちました!!

参考:イーサリアムの将来性が高い理由!最安の手数料で積立投資中

 

f:id:yukihiro0201:20170712104438j:plain

 

参考:bitflyer.jp

 

したがってファンダメンタル的にも、短期的には売りかなと思います。

ということで成行注文を出し、売りポジションを持ちました。

初めてなので最小単位の0.1BTCから。

 

現在、手数料は無料となっているのでスプレッドはありません!!

期間限定らしいですが、売りと買いの金額に差がないのは新鮮ですね。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170724100204j:plain

 

 

損切りの決済注文もあわせて入れておこうと思ったのですが・・・ 

決済注文をどうやって入れるか分からない!!

 

色々なところをイジくってみたものの、結局分からず。

仕方なくビットフライヤーの公式サイトで調べてみると・・・

決済については以下のように書かれていました。

 

f:id:yukihiro0201:20170712105140j:plain

参考:bitflyer.jp

 

現在お持ちのポジションの反対売買のオーダーを出して決済していただくことになります。

買いポジションの場合は売り戻し、売りポジションの決済は買い戻しをすることで決済ができます。

決済については先入先出法が適用されます。建玉がある場合には決済注文、建玉が無い場合には新規注文となります。

決済注文の際は、古い建玉から順に決済を行い、決済可能数量を超えた差分の注文数量については新規注文となります。

 

 

なんと「決済注文」なるものは存在しないようです!!

決済をするためには、反対売買の新規注文を入れれば良いとのこと。

これもFXトレードとはちょっと勝手が違うな~

 

とりあえず5万円のトレール幅で買いの新規注文を入れておきました。

参考:FXトレードにおける様々なトレール注文方法を比較してみた

0.1BTCの取引なので、直近の安値から5000円上がれば損切りとなります。

 

注文方法は指値や成行のほか、IFD・OCO・IFOなども可能でしたよ!!

参考:IFD・IFO・OCOって何?FXの注文方法を分かりやすく解説

ここらへんはFXトレードと大差ないですね。

 

f:id:yukihiro0201:20170712105743j:plain

 

 

しばらく経って見てみると、思惑通り下落していきました。

現在は含み益の状態で推移しています。

 

 

 

とりあえずトレールに引っかかるまでは放置かな。

 

決済まで経験してみて

 

6日後にトレールに引っかかり、プラスで決済となりました。

決済の注文方法は間違ってなかったみたいで一安心。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170724100859j:plain

 

 

27万円のときに売って、25万円で買い戻しています。

0.1BTCの取引なので利益は2000円ほど。笑

まあ取引の流れをつかむのが目的だったので、金額はどうでも良いです。

 

f:id:yukihiro0201:20170724102329j:plain

 

 

実際にビットコイントレードを一通りやってみて、僕が感じたことは以下の3つです。

 

1.レバレッジが低くても稼げる

 

僕の読み通り、三角持ち合いを下に抜けてから大きく下落しました。

20万円近くまで落ちたので、元値から30%近く下落した計算になります。

そのときの含み益は約7000円でした。

 

f:id:yukihiro0201:20170724103234j:plain

 

今回は1万円投入して2.7万円分のビットコイン(0.1BTC)を売りました。

したがってレバレッジは2.7倍です。

つまりレバレッジ3倍ほどで、数日のうちに元金(1万円)が倍近く(1万7千円)までふくらんだことになります!!

 

これってFXトレードではなかなか考えられないことですよね。笑

レバレッジ低めでもけっこう大きく稼ぐチャンスがあると感じました。

 

2.スワップポイントがある

 

「金利が付かないビットコインにスワップはない」

そう決めつけていましたが、実はあるみたいです。笑

 

FXでは2国間の金利差がスワップとして損益に入ってきますが・・・

ビットコインはレバレッジをかけることでスワップが生じます。

レバレッジ分はビットコインを借りている状態となり、そこから金利が発生してくるのです!!

 

ビットフライヤーでは買い・売りどちらでも1日0.04%を払わなければいけません。

100万円分の取引をしたら1日400円ずつ出ていきます。

したがってレバレッジをかけてビットコインを取引するならデイトレなど短期決戦が良いですね。

 

f:id:yukihiro0201:20170724110356j:plain

 

 

3.意外と大丈夫

 

まだ1回しか取引していないので、これを言うのは早すぎかもしれませんが・・・

僕が恐れていたほど、ビットコイントレードは危なげなかったです。

 

現在ビットコインは「分裂するかも」という問題を抱えています。

したがって相場は乱高下するかなと僕は覚悟していたのですが・・・

値が飛んだりするようなことはなく、意外と値動きはまったりしていました。

 

 

 

FXの場合、急落するとスプレッドが極端に開いて思わぬ大損をこうむることがありますが・・・

現在のビットコイントレードにはもともとスプレッドがないので、そういったことも起こりません!!

しっかりとリスク管理を行っていれば、そんなに怖いものではないのかなと感じました。

 

さわらないと分からない

 

なんだか、はじめてFXトレードを始めたときのドキドキ感を味わえましたよ!!

時間を忘れて夢中で取り組み、気が付けば夜中の3時・・・

「そういえばFXやりはじめたときもこんな感じだったな」とすごくなつかしい気分になれました。笑

 

f:id:yukihiro0201:20170616203913p:plain

 

 

また実際にさわっているとドンドンと分からないことが出てくるので・・・

さらに仮想通貨を勉強してみようという気になってきます!!

 

やっぱり見聞きした情報だけで分かった気になるのはダメですね~

実際にやってみないと気づけないことってたくさんあります。

 

これから仮想通貨を学んでいきたいという方は・・・

少額で良いので、自分のお金で手を動かして取引してみると良いですよ。

それだけで色々な気づきを与えてくれます。

 

もちろん「自分のリスク許容範囲において」というのが前提ですが。笑

「仮想通貨はリスクが高くてトレードには向かない」という僕の基本姿勢は今も変わっていません。

 

ビットコイントレードの意外な活用法

 

先日、FXトレード仲間からビットコイントレードに関するおもしろい話を聞きました。

それはビットコインが分裂したとき、リスクゼロで数百万円を儲けるチャンスがあったということ!!

参考:ビットコインキャッシュ誕生!ビットコイン分裂の現状と今後

 

f:id:yukihiro0201:20170906004409p:plain

 

 

上で述べた通り、ビットフライヤーではビットコインの現物と先物を取引できます。 

そしてビットコインの現物を持っている場合、ビットコイン分裂でビットコインキャッシュがもらえたのですが・・・

なんと先物の場合、分裂してもビットコインキャッシュがもらえないことがあらかじめ分かっていたのです!!

 

そこに目を付けた人は先物を目いっぱい売り、その分だけ現物を買ったのだそう。

一方では売って、もう一方では買っているので・・・

値が動いても損益は発生せず、リスクはゼロとなります。

 

しかし分裂後は、現物の方にビットコインキャッシュが付く分だけ丸儲けです!!

「分裂」という、仮想通貨ならではの特性を利用したアービトラージ(裁定取引)ですね。

参考:ビットコイン(仮想通貨)でアービトラージ!やり方とツール

 

まだでき立てホヤホヤの金融商品にはこんな穴があったりします。

ビットコイントレードには夢がありますな~

 

最後に

 

このビットフライヤーのサービスはまだ始まったばかりです。

したがって今後、色々な改善や変更がされていくでしょう。

 

最新の情報については公式ホームページを確認してください。

公式ホームページ:bitflyer.jp