トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







分散投資とは?ポートフォリオを組む効果とデメリット

f:id:yukihiro0201:20170518175452j:plain


今日は資産運用の基本である「分散投資」についてまとめてみました!!

株や債券などでポートフォリオを組む効果やデメリットについてお伝えします。

 

 

分散投資とは

 

分散投資とは投資先を分けることで大負けする可能性を減らす方法です!!

 

1つのものにすべてのお金を投じると、それがダメになったときにダメージが大きくなります。

値動きが違う商品に資金を分散することで、リスクを軽減し安定した収益を目指せるのです。

 

これに関連して良く聞くのは「タマゴは1つのカゴに盛るな」という相場格言でしょう!!

 

f:id:yukihiro0201:20170518175605j:plain

 

 

自分の持っているタマゴを1つのカゴにまとめておくと、そのカゴを落としたときにすべて割ってしまうかもしれません。

しかしいくつかのカゴにタマゴを分けて持っていれば、たとえその中の1つを落としたとしても被害は少なくなります。

 

資産運用もそれと同じで、1つの投資先にすべてのお金を預けるべきではないのです!!

 

分散投資の種類

 

では具体的にどうやって分散をしたら良いのでしょうか??

分散投資には大きく以下4つの種類があります。

 

1.商品の分散

 

投資できる金融商品って実に様々なものがあります。

株式・債券・不動産・金・原油・保険・MMF・預貯金などなど・・・

 

最近ではビットコインやクラウドファンディングなど新しい投資先も出てきましたね。

参考:AIアドバイザーやビットコインなど…最先端の投資方法3選

 

f:id:yukihiro0201:20170518175902p:plain

 

 

こういった様々な金融商品にお金を分けておくことが分散投資の1つになります。

 

2.地域の分散

 

同じ株式でも国や地域によって値動きは異なります。

たとえば日本株はバブルが崩壊してからずっと伸び悩んでいますが・・・

アメリカ株は史上最高値をドンドンと更新しているのです。

 

f:id:yukihiro0201:20170518180123p:plain

 

参考:マネックス証券

 

先進国・新興国・途上国などの国別に分けたり・・・

アメリカ・欧州・アジアなどの地域で投資先を分けるのも分散投資の大切な考え方です。

 

3.通貨の分散

 

FXトレードをしている方はもう痛いぐらいに理解していると思いますが・・・笑

投資に用いる通貨自体にも価値があり、日々それは変動しています。

 

現在、世界で最も安全で価値のある通貨は「アメリカドル」です!!

世界で1番大きな国の通貨であり、国際取引における基軸通貨となっています。

 

f:id:yukihiro0201:20170518180341j:plain

 

 

したがって分散投資を考えるなら、円のみで資産を持つのではなく・・・

アメリカドルなどの他国通貨も用いていきたいですね。

 

4.時間の分散

 

投資する時期や時間軸を分けるという考え方もとても重要です。

いくら投資対象や投資国を分散したとしても・・・

リーマンショックのような世界金融危機が起きれば、すべてが下落してしまいます。

 

f:id:yukihiro0201:20170501191623j:plain

 

 

そういった特殊要因にあたっても大ケガをしないために投資時期も分散しましょう。

定期的に一定の金額を積み立てるようにすれば、一時的な暴落に当たっても被害は少なくて済みます。

参考:ドルコスト平均法はデメリット?でも僕が積立投資をする理由

 

分散投資のデメリット

 

しかし分散投資も完璧な投資手法ではありません。

もちろん良い面があれば悪い面もあります。

分散投資のデメリットとして考えられるのは以下の2つでしょう。

 

1.大きく利益をあげれない

 

分散投資を行う1番の理由は大きな損失を出さないためです。

しかしこれは逆に言うと、大きな利益を逃してしまう可能性もあるということ!!

 

たとえば昨年の10月から自分の資産を全額ビットコインに投資していた場合・・・

現在、その価値は3倍以上となっていたことでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20170518182158j:plain

 

 

しかし分散投資としてビットコインへの投資割合が全資産の10%しかなかった場合・・・

全体としては2割ちょっとしか伸びません。

 

したがって「大損する可能性があっても短期で大きく稼ぎたい」という人に分散投資は向いていないでしょう。

僕は個人的に投資というものは長期でコツコツ上げていくものだと考えているので・・・

相場に一喜一憂する必要のない分散投資を心がけていきたいです。

 

2.手間や手数料がかかる

 

たくさんの金融商品に投資するのは非常に手間がかかります。

色々な市場でそれぞれの商品を買い足していくのは面倒ですし、リバランスなどの管理も大変です。

また買付を行うたびに売買手数料などもかさんできます。

 

僕はこのデメリットをウェルスナビという投資サービスで解消しています。

これを使えば自動で発注から管理まで行ってくれ、しかも売買や積立にかかる手数料は0円です!!

 

f:id:yukihiro0201:20170518183602p:plain

 

 

自分のリスク許容度に応じてお金は株式・債券・不動産・金に分けられ、しかも株式はさらにアメリカ・先進国・新興国に分けられます。

またこのサービスはアメリカのETFを利用するのでアメリカドルで運用され、通貨の分散にもなるのです。

積立サービスも併用すれば「商品」「地域」「通貨」「時間」すべての分散がこれ1つで可能になります!!

 

分散投資を効率よく行うならウェルスナビがおすすめですね。

参考:ブログで運用実績公開!WealthNaviウェルスナビやってみたよ

 

まとめ

 

分散投資とは投資先をいくつかに分けることで大負けするリスクを減らす投資手法です。

分散の種類には「商品」「地域」「通貨」「時間」の4つがあります。

デメリットもありますが、ウェルスナビなどの新たな金融サービスを使うことで対策が可能です。