トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ロボットに投資を任せるな!8兆円を運用する大投資家の警告

f:id:yukihiro0201:20170506163643j:plain

 

運用資産8兆円にのぼる巨大ファンドの創業者が書いた本を読みました。

その方によると「投資というものはアルゴリズム化してコンピュータに一任することはできない」とのこと!!

 

【もくじ】

 

投資の原則を学ぶ

 

以前ブログにて紹介した「投資で一番大切な20の教え」という本を読みました。

参考:最強の投資本はどれ?ネット上のおすすめ書籍で統計を取った

 

 

この本の著者であるハワード・マークスは運用資産8兆円にのぼる巨大ファンドの創業者です。

この本は世界一の投資家であるバフェット氏が太鼓判を押しており・・・

バフェット氏の会社の株主総会ではこれが株主全員に配布されたほど!!

 

この本は成功した投資家が資産運用のやり方を教える、いわゆる「投資ノウハウ本」ではありません。

難しい投資の世界で市場に40年以上にわたって勝ち続けてきた著者が語る「投資哲学書」です。

根本的かつ重要な投資の原則が学べるということで、どのような投資をする上でも役に立つかなと思い読んでみました。

 

ロボットに投資はできない

 

僕がこの本を読んで一番心に残った部分はここです。

 

投資というものはアルゴリズム化してコンピュータに一任することはできない。

 

投資においては科学よりもアートの要素が強く、理路整然とはいかない。

 

投資アプローチは機械的に当てはめるのではなく、洞察力や直感、価値観、心理感覚に基づく決定が必要。

 

 

おっと、僕のウェルスナビを使ったAIロボット投資をいきなり全否定です。笑

参考:ブログで運用実績公開!WealthNaviウェルスナビの評判&評価

 

でもこれ、著者の言いたいことが僕にはよく分かるんですよ~

つい最近、僕はFX自動投資をやめました。

 

f:id:yukihiro0201:20170501200712j:plain

 

 

半年間FXの自動売買を経験して思ったことは「単純な機械的アプローチだけでは相場に勝てないということ」です。

参考:フルオートを半年検証し判明!FX自動売買の致命的デメリット

 

その上でFX自動売買で稼ぐ方法は以下の2つと僕は上記のブログで書きました。

 

1.相場環境を認識できる機械を開発する

 

人工知能(AI)など高度な技術を使って精度の高い相場環境認識ができるようなプログラムを開発します。

そして今の相場に合ったFXトレードを自動で行えるようにするのです。

 

2.相場環境の確認は人間が行う

 

人間が今の相場環境にあったFX自動売買プログラムを選んで走らせるようにします。

機械が苦手な「相場環境認識」の部分を人間がやって、機械が得意な「ルール通りの売買執行」はプログラムに任せるというやり方です。

 

つまりコンピュータを進化させて、人間が持つ「洞察力」や「直感」というようなところまで機械で再現できるようにするか・・・

人間とコンピュータが共存し、それぞれが苦手とする部分を補い合っていくかの2通りだということです。

 

そして僕たちが取ることができる現実的な選択肢は後者でしょう。

 

ロボットを利用する

 

僕は投資に関しては日々の運用をウェルスナビに任せつつ・・・

暴落時の追加投資やリスク許容度変更などは自分の判断で行う予定です。

参考:最高で+61.9%!WealthNaviウェルスナビ9年間の運用実績

 

これこそ人間と機械の良いところ取りであり、目指すべき姿ではないでしょうか??

 

毎月の積立やポートフォリオの維持など機械的にできるところはコンピュータに任せ・・・

「相場の底を狙う」という相場観が必要な部分に人間は全神経を集中するのです。

 

僕は幸いにも10年間「FXトレード」という形で相場を見続けてきたので・・・

相場に対する洞察力や直観というものはある程度備えているつもりです。

 

イギリスがEU離脱したときから積み上げているポンド買いも今のところうまく底をとらえています。

最近の円安もあって順調に含み益は伸びている状況です!!

参考:FX長期投資はなぜ利益を上げやすい?メリットとデメリット

 

f:id:yukihiro0201:20170506165520j:plain

 

 

「ロボットにすべてをゆだねるのではなく、ロボットをかしこく利用していこう」

この本を読んで上記のように考えるようになりました!!