読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXブレイクアウト手法に最適なレンジブレイクのパターンは?

トレード動画 FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20170309102041j:plain


FXブレイクアウト手法を使う上では「レンジブレイクのパターン」を見ることが重要になってきます。

今日はFXブレイクアウト手法に最適なレンジブレイクのパターンをお伝えしましょう!!

 

【もくじ】

 

レンジブレイクのパターンは3つ

 

レンジブレイクのパターンは大きく分けて以下の3つがあります。

 

1.一気に大きく抜ける

 

f:id:yukihiro0201:20170309201048j:plain

 

2.レンジのラインまで戻ってきて再度伸びる

 

f:id:yukihiro0201:20170309201108j:plain

 

3.徐々に傾きながら抜ける

 

f:id:yukihiro0201:20170309201130j:plain

 

それぞれのパターンの特徴

 

一番オーソドックスなのは2ですね。

教科書通りにサポートとレジスタンスが切り替わるパターンです。

参考:FXでラインの引き方をマスターするために知るべきこと7つ

 

このパターンがレンジブレイクの形としては一番多いように思います。

これは2回目の伸びでエントリーするとキレイに利食えますよ!!

参考:FXブレイクアウト手法の勝率を格段に高める簡単なコツ2つ

 

また生粋(きっすい)のブレイクアウト信者にとって美味しいのは1でしょう!!

一気に値が伸びていくので短時間に大きな利益を得ることができます。

 

僕みたいにブレイクアウト直後にエントリーしていくFXトレーダーにとって・・・

参考:損小利大かつ高勝率なFXブレイクアウト手法を無料で公開!

このパターンが発生すると小おどりしたくなるほど嬉しくなりますよね。笑

 

最後にFXブレイクアウト手法を使うものにとって大敵となるのは3です。

これは再びレンジ内に戻ってきたと見せかけて・・・

再びレンジを抜けていくという、とてもイヤらしいパターンになります。

 

これが発生すると損切りとなるあげくに最終的には自分の思惑の方向へ進んでいくので・・・

とても悔しい思いをするハメになるのです。笑

 

3のパターンにあたらないためには

 

3のパターンを100%完全に避けることは不可能ですが・・・

いくつかのことに気を付けるだけで、遭遇する確率をグッと減らすことができます。

それは以下の3つです。

 

1.レンジの長さが短い

 

f:id:yukihiro0201:20170309201157j:plain

 

相場の値動きというものは「拡大」と「縮小」を繰り返す性質があります。

参考:相場の大原則!FXトレードにおけるボラティリティの性質2つ

つまり大きな値動きとなるためには、その前に十分値動きは小さくなっていないといけないのです!!

 

レンジの長さが短いということは、値動きがまだ十分に収束しきってないということ。

したがって値が伸びずに中途半端なブレイクアウトになるのです。

 

値が十分に収束しきっているかを見るためには「複数の移動平均線」や「ボリンジャーバンド」を見ると良いでしょう。

参考:FXトレードで難しい相場でも簡単にレンジを見極める方法3つ

 

2.レンジの幅が大きい

 

f:id:yukihiro0201:20170309201218j:plain

 

レンジの幅が大きく、すでに上下に大きく振れている場合・・・

レンジブレイクしたとしても、あまり伸びる余地がありません。

したがってこの場合も中途半端なブレイクアウトになります。

 

これを判断する方法としては「当日の値幅」を見るのが有効です。

エントリーしようとしている通貨がすでにその日、70pips以上動いている場合・・・

エントリーは見送った方が賢明でしょう。

 

ただしこれは通貨ペアやボラティリティの状況にもよります。

どのぐらいの値幅が妥当かはそのときの通貨ペアやボラティリティの大きさで判断してください。

参考:簡単に自分で計算できる!各通貨ペアのボラティリティ一覧

 

3.値動きに勢いがない

 

f:id:yukihiro0201:20170309201240j:plain

 

レンジを抜ける際に値動きがグズグズしたり・・・

抜けた後にしばらく動かなくなったりすることがあります。

こうなると要注意です!!

 

そういった場合は買い手(もしくは売り手)がまだしぶとくレンジブレイクに抵抗していると予想できます。

そして状況によってはまたレンジ内に戻されるということが起こるのです。

 

この勢いを見るのに最も良い方法は「ローソク足の形」を見ることです。

レンジのラインを大陰線(もしくは大陽線)で抜けていくようであれば勢いがあると判断して良いでしょう。

参考:ローソク足の形からFXラインブレイクを見極める簡単な方法

 

またこれについては以前に撮った動画で解説していますよ!!

 

 

ぜひ参考にしてみてください!!

 

まとめ

 

レンジブレイクには3つのパターンが存在します。

その中でブレイクアウトを狙う人が注意したいのは、徐々に傾きながらレンジを抜けていく形です。

このパターンにはまらないためにはレンジの長さや幅、レンジを抜けるときの勢いに注意しましょう!!