読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







AIアドバイザーやビットコインなど…最先端の投資方法3選



f:id:yukihiro0201:20170219190932j:plain


僕は今年、投資に挑戦しようと考えています。

そこで最先端の投資方法を色々と調べてみました!!

 

【もくじ】

 

投資に挑戦したい

 

実は前々から「投資」にチャレンジしたいなと考えていました。

今年の目標の1つは「投資をやってみる」ですしね!!

参考:あけましておめでとう!2016年の振り返りと2017年の目標

 

「FXトレード(投機)」ってつまるところ労働なのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170320170335j:plain

 

 

手を動かすだけ(キーボードやマウスを動かすだけ)なので効率は良いですが・・・

手を動かし続けないと収入がストップしてしまいます。

 

将来、歳を取ったり病気をしたりで体を動かすことが難しくなることもあるでしょう。

そうなる前に少しでも労働所得とは別の収入(不労所得)を作っておきたい!!

参考:凡才でも天才に勝てる新しい生き方を若い看護婦さんに教わる

 

そして自分の得意分野の1つである「金融」で不労所得を作ろうを考えると・・・

やっぱり「投資をしよう」という考えに行きつくのです。

 

僕は乗り遅れている

 

今の日本政府は企業に賃上げを要求するなどデフレ脱却に一生懸命です。

また日銀もインフレ率2%という目標達成のために(実質的な)国債引受や金利操作などの「禁じ手」を連発しています。

 

さらに外的な要因を考えても、これからはインフレになっていきそうな予感・・・

 

 

 

インフレになるとお金の価値は減ってしまいます。

つまりお金を銀行に預けたままだと価値が減ってしまうのです!!

 

しかも最近の日本ではNISAなど株式投資を後押しするような仕組みができつつあります。

こういった流れを受けて、日本でも少しずつ貯蓄から投資へとお金が移っているようです!!

2011年から2016年までの5年間に日本の金融資産は以下のように変化しています。

 

f:id:yukihiro0201:20170219193141j:plain

 

 

参考:資金循環の日米欧比較 - 日本銀行

 

ヤバい、僕は完全にこの波に乗り遅れている・・・

これから追いつけるように今から頑張っていかなければ!!

 

ちなみに2016年時点におけるアメリカや欧州の金融資産比率はこちら。

 

f:id:yukihiro0201:20170219193056j:plain

 

 

参考:資金循環の日米欧比較 - 日本銀行

 

まだ日本は欧米と比べて現金比率が高めです。

つまり日本は投資へと回るお金の余地がまだあるということ!!

 

現金比率が欧米並みになる前に先駆けて動いておいたら・・・

色々とおいしいかもですね。笑

 

フィンテックで投資

 

そして今は「フィンテック(Fintech)」という分野が伸びています。

 

f:id:yukihiro0201:20170330231023j:plain

 

 

フィンテックとは「ファイナンス(Finance)」と「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた言葉で・・・

IT技術を使った新しい金融商品やサービスのことです。

 

例を挙げれば以下のようなもの。

 

・スマホで決済ができるシステム

・SNSで送金ができるサービス

・自動で家計簿が作られるアプリ

 

「金融テクノロジー」や「金融IT」とも呼ばれますね。

 

このフィンテックはお金周りのあらゆることをより良くしています。

例えば現金やカードを持っていなくてもお金の支払いができたり・・・

送金にかかる手数料が今までよりずっと安くなったりしているのです!!

 

そしてこれは「投資」においても同じ流れがきています。

より便利でお得な投資サービスがフィンテックによって次々と生み出されているのです!!

 

「せっかく今から投資を始めるならフィンテックを使った有利なサービスをどんどんと活用していくべきでは??」

そう考えた僕はフィンテックを用いた最先端の投資方法を色々と調べてみました。

 

ロボアドバイザー

 

まずは僕が一番有力視している「ロボアドバイザー」から!!

これはロボット(コンピュータ)が全自動で資産運用をしてくれるサービスです。

 

f:id:yukihiro0201:20170224211918j:plain


参考:WealthNavi

 

今まで資産運用のプロがやっていた「ポートフォリオマネジメント」を人工知能(AI)を搭載したコンピュータが代わりにやってくれます。

ちなみにポートフォリオマネジメントとは簡単に言うと「分散投資」のことです。

 

f:id:yukihiro0201:20170326133535j:plain

 

あなたがどれだけリスクを負えるかに応じて、投資先の分け方を考えてくれるサービスのことを言います。

 

以前は手数料が高くて大金持ちにしかできなかった「ポートフォリオマネジメント」ですが・・・

ITの発展によって僕らにも身近な存在になったのはうれしいですね!!

10年以上の長期運用でじっくりと資産を増やしていきたい人にピッタリなサービスです。

 

ロボアドバイザーの一番の魅力は手数料の安さにあります。

「資産運用のプロ」を使わないので人件費がかからず、従来のサービスと比べて手数料が半分以下なのです!!

 

例えば証券会社の投資一任運用商品(ラップ口座)の手数料が年2~3%なのに対して・・・

参考:野村證券 | 野村ファンドラップ(ラップ口座)

ロボアドバイザーの手数料はだいたい1%以下です。

 

f:id:yukihiro0201:20170330200136j:plain

 

参考:WealthNavi

 

またその他にも以下のようなメリットがあります。

 

・投資先の選定から運用までおまかせ

・50カ国11000銘柄以上に国際分散投資

・ノーベル賞受賞者の理論をもとに運用

・自動的に節税

・手数料なしで自動積立

 

上記の中で僕が特に良いなと思ったの「自動積立」ができる点です!!

 

自動積立で手間をかけずに長期でコツコツ投資をしていけば・・・

「ドルコスト平均法」+「ロボアドバイザー」という2重のメリットで効率よく資産を増やせそう!!

参考:ドルコスト平均法はデメリット?でも僕が積立投資をする理由

 

詳しくは以下のブログに書いているのでぜひ見てください!!

参考:ロボアドバイザーで資産運用!WealthNavi(ウェルスナビ)の評価

 

ソーシャルレンディング

 

続いて元銀行員の僕としては目を離せない「ソーシャルレンディング」!!

これは個人が企業にお金を貸して利息を得るサービスです。

 

f:id:yukihiro0201:20170224212344j:plain


参考:maneo

 

今まで「銀行」にしかできなかった企業融資ですが・・・

現在はネットの力によって個人でも気軽に参加できるようになっています。

 

ちなみに上図を見ると投資先として以下の4つが例として挙がっています。

 

・国内中小企業

・海外ローン債権

・国内不動産

・再生可能エネルギー

 

ただ実際に見た感じだと現状はほとんど国内不動産の案件です。

下の画像は「maneo」と「みんなのクレジット」の案件をスクリーンショットしたもの。

 

f:id:yukihiro0201:20170305190949j:plain

 

 

f:id:yukihiro0201:20170305181606j:plain

 

 

ざっと見た感じ、不動産開発事業者への投資案件が7~8割ぐらいでした。

おそらく不動産だと土地・建物を担保に取れるのでお金を貸し出しやすいのでしょう。

万が一返済ができなくなっても土地・建物をおさえているのでゼロにはならないということです。

 

運用期間は最短で1か月からと比較的短期です!!

しかし数か月の案件はとても少なく・・・

たいていのものは1年~2年の運用期間を考える必要があります。

 

利回りは3.5%~15.0%と高いことが一番の特徴!!

ただしあまりにも利回りが高すぎるものは注意が必要です。

 

実際、高利回りを売りにしていたみんなのクレジット」は行政処分を受けて業務停止となっています。

事前に説明していた融資先には投資せず、自社のグループ会社にお金を回していたそうです・・・

参考:お知らせ詳細 | みんなのクレジット

 

多くの案件を見ていると利回り4~6%ぐらいのものが多いです。

なのでこの利回りを超えてくるとちょっと危ないと考えておいた方が良いでしょう。

 

これは数万円程度から投資に参加できます!!

これは会社によって異なるようで・・・

みんなのクレジット」は10万円からですが「maneo」は2万円からでも投資可能です。

 

ただしソーシャルレンディングはリスクもけっこう高いです!!

お金を貸した企業が返済できずに貸し倒れ(貸したお金が全額戻ってこない)となる可能性も・・・

 

ただ調べてみると、過去3年間におけるソーシャルレンディングの貸し倒れはゼロみたい。

 

ソーシャルレンディング業界は、8%を超える利回りと、過去3年間で貸し倒れ発生件数ゼロという安全性、少額からはじめられる手軽さ、といった魅力にもかかわらず、他の資産形成手段とくらべてあまり注目されてきませんでした。

 

その一因として、身近にソーシャルレンディング投資経験者が少なく、信頼できる情報も少ないため、なかなか手を出しにくい状況があったと考えられます。

 

 

参考:ソーシャルレンディング情報 - CROWDPORT

 

手を出すのにちょっと怖いですが・・・

勉強のために少額でチャレンジしてみたい気もします。笑

 

この分野の代表格は「maneo」ですね。

日本で最初にソーシャルレンディングを始めた老舗です。

現状のソーシャルレンディング市場の過半数のシェアを誇っています。

 

ソーシャルレンディングについてさらに詳しくは以下のブログに書いていますよ!!

参考:ソーシャルレンディング徹底比較!不動産投資より有利と判明

 

ビットコイン

 

多くの人が知っているであろうネット上の仮想通貨「ビットコイン」。

ときどきニュースになっていますよね??

参考:ビットコイン対応店舗、国内2万カ所へ急拡大:日本経済新聞

 

僕はビットコイン関連のニュースを定期的に追いかけています。

 

 

 

 

今は簡単にこのビットコインを購入・投資ができるようになっています。

有名なところだと「bitFlyer」ですね。

ビットコインの取引量が日本一のサイトです。

 

ここでは簡単に円をビットコインに交換できるのと同時に・・・

自動積立やFX(証拠金取引)なんかもできちゃいます。

 

ちなみにこちらが直近1年間のビットコイン(BTC/JPY)のチャート。

 

f:id:yukihiro0201:20170224182052j:plain


参考:bitFlyer

 

1年で価格が3倍になってる!!笑

 

ちなみに現在ビットコインは対ドルで最高値を更新中。

こちらも今、なかなか手を出しづらい状況です。笑

 

投資戦略を考える

 

これらのリスクの大きさは以下のような順番です。

ビットコイン > ソーシャルレンディング > ロボアドバイザー

 

これらを使う前提で投資戦略を考えるとすれば以下のような感じでしょうか。

 

1.世界的に株高の今は「maneo」で少額を短期で回す

2. 大きな経済危機が起こったら「WealthNavi」に資金投入

3. ついでに「bitFlyer」で少額ビットコイン積立も開始

4. 相場が低迷しているときに両方をコツコツ積み立てる

 

まあ、こんなややこしいこと考えずに今から「WealthNavi」の一択でも良いかも。

うーん、色々と考えると楽しい!!

 

どうせ銀行に預けていても利息ゼロなんで・・・

せっかくならお金で色々と試してみよう~