読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXの利益でふるさと納税して税金節約!控除上限額の計算方法

FXお得情報 FXの記事すべて お金


f:id:yukihiro0201:20170216111955j:plain


FXトレードで得た利益もふるさと納税で節税できることを最近知りました!!

ちょっと勉強してみたので、その内容をここでシェアしときます。

 

【もくじ】

 

ふるさと納税を調べてみた

 

税金を少なくすることができるということで今話題の「ふるさと納税」。

自分はろくに調べもせず以下のように考えていました。

 

「ふるさと納税ってサラリーマンの節税対策でしょ」

「FXトレーダー(自営業)には関係ないわ~」

 

しかしよくよく見てみると・・・

なんとFXトレードで得た利益もふるさと納税で節税できるらしいです!!

 

僕は最近、FXトレードのほかにもいくつか収入ができてきました。

参考:あけましておめでとう!2016年の振り返りと2017年の目標

どうやって税金を少なくしようかと考えていたのでとても助かります!!

 

2015年から控除額2倍

 

実はふるさと納税で控除できる金額って地味に上がっているんですよね~

2015年から控除できる金額が2倍になっています!!

控除額の目安表を見てみるとけっこう金額がデカい・・・

 

f:id:yukihiro0201:20170216121517j:plain

 

参考:WEBでふるさと納税!さとふる

 

独身の場合、年収が400万円で4万円弱も税金が安くなります。

収入の約1%が返ってくるような感じですね。

 

さらに年収1000万円ならば控除額は17万円!!

少なくなった税金で安い中古車が買えちゃいそうです。笑

 

ちなみに控除されるとは言っても・・・

そのお金が手元に戻ってくるわけではありません。

その控除分は「ふるさと納税」として納めた分です。

 

「じゃあ結局、何も変わらないじゃないか」と思いますが・・・

ふるさと納税だと「お礼の品」がもらえるのです!!

 

この「お礼の品」は地域によって様々なものがあります。

その土地の特産品であるお米やお肉などの食べ物をはじめ・・・

中には家電や商品券、Tポイントなんかもあったりするのです!!

 

それらをもらえる分だけ、ふるさと納税の方が得だということですね。

うまく利用すれば還元率が7~8割にもなるのだそう!!

 

上限額は簡単に計算できる

 

じゃあ実際、自分はいくらまで控除を受けられるのか??

実はこれ、ネット上に無料の計算ソフトがあって簡単に計算できます。

 

f:id:yukihiro0201:20170216122021j:plain

 

参考:ふるさと納税の控除限度額計算ソフト | 最速資産運用

 

ここでまず、自分の給与やその他の収入を入力していきます。

ちゃんとFXトレードの利益を入れる項目もありますよ!!

 

f:id:yukihiro0201:20170216122243j:plain

 

あと誕生年と性別を入力すれば自動で控除の上限額を計算してくれます。

これで実際にいくらぐらい税金を節約できるのかが分かるのです!!

いや~、便利ですね。

 

ふるさと納税を利用する手順

 

まずは日本全国のふるさと納税の「お礼の品」を見てみましょう。

その中から自分が欲しいものを選んで、まずは自腹で購入します。

購入金額は上記の計算ソフトで出した上限額を越えないように!!

 

そしたら各自治体から「お礼の品」が届きます。

そしてそれと同時に「受領証」というものが送られてくるのです。

 

この「受領証」を次の確定申告のときに添付すれば・・・

ふるさと納税で支払った金額分が税金から控除されるという仕組みです。

なので「受領証」はなくさずに持っておきましょう。

 

また2015年から「ワンストップ特例制度」というものができています。

これは納税先が5自治団体以内であれば、確定申告が不要になる制度です。

参考:ワンストップ特例制度

 

思ったよりも簡単に手続きできそうですね。

FXトレードで毎年確定申告をしている人ならそんなにハードルは高くないでしょう。

 

ふるさと納税の期限

 

さっそく利用して今年の確定申告で手続きしてみようと思ったものの・・・

2016年度(2017年に確定申告する分)のふるさと納税は2016年1月1日から2016年12月31日までが対象とのこと。

 

つまりもう間に合わない。笑

もっと早く調べておけば良かった・・・

なので2017年度(2018年に確定申告)のときにやってみようと思います。

 

10・11月あたりから「お礼の品」は品薄になっていくとのことなので・・・

今からじっくりと選んでいきたいですね。

 

ちなみにふるさと納税ができるサイトは色々とありますが・・・

さとふる」や「ふるなび」などの大手サイトが商品充実していて、お礼の品を検索しやすかったですよ!!