トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXはトレードルールを守るな!上級トレーダーにだけ限定公開

f:id:yukihiro0201:20170209190005j:plain


今日は継続して利益を出せている、上級FXトレーダーに対してのみお話しします。

さらに上を目指すためには、FXトレードルールを守らないようにしましょう!!

 

 

次のステップ

 

まず大前提として・・・

FXトレードでお金を稼げるようになるにはトレードルール(手法)が必要です。

 

まず長期的に繰り返せば利益が積み重なるようなトレードルールを作ります。

そしてそれをしっかりと守りながら取引することでお金は増えていくのです。

参考:あなたはすでに稼げるFXトレード手法と6億円を持っています

 

しかしそれがある程度できるようになった人には次のステップが待っています。

それはこれまで使ってきた自分のトレードルールを破ること!!

いわゆる守破離の「破」の部分ですね。

 

守破離とは

 

「守破離(しゅはり)」とは修行のプロセスを3段階で示した言葉です。

 

華道や柔道など、日本古来の「道」で大切にされている考えで・・・

千利休が茶道を通して体得したプロフェッショナル論になります。

参考:千利休のプロ論 “守破離” - INSIGHT NOW!

 

これは文字通り「守」「破」「離」の3段階に分かれます。

 

1.守

 

教えを忠実に守って型を身に着ける段階です。

先生や書物から基本を教わり、彼らの型を徹底的にマネしていきます。

これがすべての修行の始まりです。

 

2.破

 

型を破ってより良いやり方を模索する段階です。

これまで学んできた型を続けていると課題点や問題点などが見えてきます。

そのときに自分で改善案を考えてアレンジを加えていくのです。

 

3.離

 

型から完全に離れて新しいものを生み出す段階です。

すでに知られている型とは違う自分独自のものを確立していきます。

新たな知識や技術を開発する「創造者」となるのです。

 

僕はこの考え方をFX手法の開発に使っています。

まずは徹底的にマネをして、そこから改善を加えて、自分独自の手法を作っているのです。

参考:FX初心者は必見!ゼロからトレードを本格的に始める手順4つ

 

「破」の一例

 

以前、動画で撮影したFXトレードで僕は「破」を行っています。

 

 

僕は基本的にFXトレードをする時間を決めています。

値が最も動きやすい「16時~18時」と「22時~25時」です(冬時間の場合)。

参考:逆張り禁止!FXトレンドフォロー手法に最高な時間帯3つ

 

しかしこのFXトレードは19時にエントリーしています。

つまり僕はこのとき、自分のトレードルールを「破」ったわけです。

 

僕がマイルールを無視してまでエントリーしたのには理由があります。

それはその他の条件が良すぎるぐらいに整っていたからです。

 

このブレイクアウト手法は長い間使っているのですが・・・

参考:損小利大かつ高勝率なFXブレイクアウト手法を無料で公開!

その長年の経験から「こういうときは多少ルールを外れてもイケる」というのがつかめています。

 

これは「直観」や「感覚」みたいなものなのでうまく言葉で表すのが難しいのですが・・・

例えば「値幅が小さく形のきれいなレンジが長時間続いていたら他の条件は整っていなくてもブレイクアウトは伸びる」みたいな感じです。

なのでそういうときはトレードルールを無視してエントリーをすることがあります。

 

「具体的にどのくらいの値幅か??」

「何時間レンジが続いたらオッケーなのか??」

 

こうやって聞かれると困ってしまうんですけどね・・・笑

自分の感覚値として「これぐらいなら」っていうのがあるのです。

これは長い間1つの手法を追及している人でないと分からないところかも。

 

このことについては以前に撮った動画でもお話ししていますね。

 

 

ルールに100%従うな

 

以前紹介した「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」という本には以下のように書いてあります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

 

経験に裏打ちされた知恵を持つことが重要だ。

 

投機は思考を必要とするビジネスであり、100%機械的なアプローチでトレードすることはできない。

 

大型トラックがあなたの車線を真正面から向かって来ているときは、交通ルールを破って反対車線へ入ることが最良の判断。 



FXトレードは100%ルールに従って行うものではないのです。

そのときの状況に合わせて柔軟に変化させていくことが求められます。

そしてそれを行えるのは長年の経験値を蓄えている者だけなのです。

 

まとめ

 

FXトレード上級者がさらに上を目指すためにはトレードルールを破る必要が出てきます。

100%機械的なアプローチだけでは限界が来るからです。

その時々に合わせて柔軟にトレードルールを変化できるようになれば、さらに利益を伸ばすことができるでしょう。