読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

スマホFXする人は格安SIM(MVNO)にすべきたった1つの理由

お金 FXお得情報 FXの記事すべて


f:id:yukihiro0201:20170112190732j:plain


「スマホはどこと契約していますか??」

読者さんからこのような質問をよく頂きます。

 

FXトレードをするのにどんなスマホを使うべきかは以前にお話ししました。

参考:スマホFX初心者におすすめ!トレードに最適なスマホの選び方

なので今日は携帯電話会社(キャリア)についてお伝えします!!

 

【もくじ】

 

格安SIMを使うべし

 

「ドコモ・au・ソフトバンクのどれを使っていますか??」とよく聞かれるのですが・・・

僕は上記3大キャリアのどれも使っていません。

代わりに格安SIM(格安スマホ・MVNO)を使っています。

 

格安SIMとは通常より安くでスマホを使えるサービスです。

 

3大キャリアだと通信料で月額8000円ぐらいかかるものが・・・

格安SIMだと月額3000円ぐらいになります!!

参考:今どき節約“スマホ代” 格安SIM、会社選んで半額以下も:中日新聞

 

格安SIMの仕組み

 

なぜ格安SIMだとこんなに安くなるのか??

それは3大キャリアから回線を借りているからです。

 

携帯通信事業に参入するは以下2つの大きな壁があります。

 

・日本中にアンテナを立てるためにたくさんお金がいる

・電波を使わせてもらうための免許取得がとても難しい

 

したがってなかなか他社が簡単に入り込むことができません。

 

3大キャリアはそれを良いことに今まで価格を釣り上げてきました。

格安SIMがまだ出てきていない平成23年ごろ・・・

東京の携帯料金は世界7都市で最も高い水準だったのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170113091059j:plain

f:id:yukihiro0201:20170113091117j:plain

 


参考:通信料金の国際比較 : 平成23年版 情報通信白書

 

これを問題視した総務省は3大キャリアに対して他社に回線を貸すよう指示しました。

それによって他社は簡単に携帯通信事業に参入できるようになったのです。

 

新たに参入してきた会社は自分たちでアンテナを建てる必要がありません。

経費がかかっていないので、その分安く携帯通信サービスを提供できるのです。

 

格安SIMにすべき理由

 

僕はFXトレーダーとして専業になったときに格安SIMに乗り換えました。

参考:会社員の固定給はメリット!ではFXの歩合給はデメリット?

3大キャリアでバカ高い料金を払うことがアホらしく思えたからです。

 

「FXトレード」をビジネスとしてとらえたとき・・・

かかってくる経費で大きな割合を占めるのは以下の2つになります。

 

・スマホ(タブレット・パソコン)購入費

・月々の通信費

 

スマホなどはすでに持っている人が大半だと思うので・・・

実質、FXトレードというビジネスの最大のコストは通信費なのです!!

 

特にスマホでFXトレードする人は通信するデータ量も多いでしょう。

チャートを表示しっぱなしにするとけっこう消費しますからね・・・

僕も毎月17ギガぐらい使っています。笑

 

ここの負担を下げることができれば、その分だけFXトレードの利益が増えることになります。

スマホFXする人が格安SIMにすべき最大の理由はここなのです!!

 

格安SIMのメリット

 

格安SIMに乗り換えて感じたメリットは以下のようなものがあります。

 

1.料金が安くなる

 

これは上記の通りです。

僕はスマホとタブレットの2台持ちで月に17ギガぐらい使いますが・・・

携帯料金は5000円以下で済んでいます。

 

2.自分に合ったプランが選べる

 

僕が使っているDMMモバイルだと、自分が使うギガ数に応じて細かく契約できます。

 

f:id:yukihiro0201:20170112193552j:plain

 

したがって自分に合ったプランが選べてムダがないのです。

 

3.2年縛りがない

 

たいていの格安SIMは1年経てば違約金なしでいつでも解約できます。

2年契約が自動更新される3大キャリアとは大違いですね。

 

4.通信品質は同じ

 

3大キャリアの回線を使用しているので品質は同じです。

僕のスマホでは3G・LTEも問題なく使えていますし・・・

遅いと感じたことはありません。

 

5.番号をそのまま引き継げる

 

どこの格安SIMもナンバーポータビリティ(MNP転出)に対応しています。

なので3大キャリアのときに使っていた電話番号がそのまま使えるのです。

 

格安SIMのデメリット

 

逆に格安SIMに換えたことで不便になったこともいくつかありました。

 

1.通話料がかかる

 

3大キャリアは通話し放題なのに対して、格安SIMは通話料がかかります。

しかし僕はほとんど電話しないので(してもLINE電話)・・・

ここに関してはあまりデメリットには感じていません。

 

また僕が使っているDMMモバイルは専用のアプリで電話をかければ通話料が半額になります。

そういった意味でもあまりデメリットに思っていません。

 

2.めんどくさい

 

最初乗り換えるときにちょっと手間がかかるのが難点です。

まず自分の持っているスマホが格安SIMに対応しているかを調べなければいけません。

 

また使い始めるときにも「ネットワーク設定」という作業がいります。

ネットでググってやればそんなに難しくはないですが・・・

「インターネット使えません」みたいな機械オンチには厳しいかもしれません。

 

3.キャリアメールが使えない

 

「@docomo.ne.jp」みたいなアドレスが使えなくなります。

僕はもともと使っていなかったので、これはどうでも良かったです。笑

 

4.店舗で相談できない

 

格安SIMは「ドコモショップ」みたいな店舗を持っていないところが多いです。

したがって面と向かって直接相談とはいきません。

 

5.LINEの年齢認証ができない

 

これが一番困りましたね~

年齢認証ができないとID検索ができないんですよ。

 

なので僕は友人から3大キャリアのSIMを一時的に借りて対処しました。

1回年齢認証してしまえばその後はずっと使えます。

 

おすすめの格安SIM

 

僕は自分自身が使用しているDMMモバイルをおすすめします。

 

f:id:yukihiro0201:20170113091330j:plain

 


ここは「最安」を保証してくれているのでありがたいです!!

全プランで最安値を提示しており、他社がそこを越えてくるとさらに値下げしてくれます。

 

また上記に書いた通り、細かくプラン分けがされていたり・・・

電話を安くかけることができるアプリがあったりとサービスが充実しています。

 

さらにDMMモバイルの場合、通信費として支払った金額の10%がDMMポイントで返ってきます!!

そのポイントで映画・電子書籍・オンライン英会話などを楽しむことができるのです。

(DMMなのでアダルト関係も・・・笑)

 

まだ3大キャリアで高いお金を払っている人は乗り換えをおすすめします!!

参考:DMM モバイルデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!