読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







20代の若者へ!周りから必要とされて仕事に困らなくなる方法

人生


f:id:yukihiro0201:20161205180937j:plain


今年30歳になった自分の経験を振り返ってみて・・・

20代の若者が周りから必要とされて仕事に困らなくなる方法を教えます。

 

【もくじ】

 

メッセージをくれるのは20代

 

僕のブログを解析してみると読者の年齢層はアラサーが一番多いです。

やっぱり年齢が近い分、共感してもらえる部分が多いのでしょう。

 

しかしそれに次いで多いのが20代!!

特にメールなどで直接メッセージをいただくのは20代(特に大学生)の方が圧倒的に多いです。

 

いつもメッセージを送ってくれてありがとうございます!!

今日はちょっとした恩返しの意味を込めて、このブログを書くことにしました。

20代の方々にとって何か参考になることがあればうれしいです。

 

仕事に困らなくなる方法

 

僕が最近痛感していることなのですが・・・

上の年代が持っていないスキルや経験を持っていると仕事に困りませんね。

 

例えば僕は海外生活の経験があって英語ができます。

でも僕より上の年代(40代以上)ってあんまりこういう人いません。

なので引っ張りだこです。笑

 

僕は英語の先生を始めてもう3年になりますが守備範囲がめちゃ広いです。

学校の授業内容はもちろん、英検やTOEIC対策、英会話もできます。

参考:職場の人間関係で悩んでいる人は副業さえ始めたら全部解決だ

 

しかも帰国子女や留学の経験があり、海外で働いて生活していたりもするので・・・

参考:僕の過去 カテゴリーの記事一覧

学生からの海外がらみの相談も色々と乗ることができるのです。

 

僕より上の年代の英語の先生は「海外に行ったことがない」なんて人もいますからね~

月1ペースで海外に出かける僕とは雲泥の差ですよ。笑

 

また僕はブログを始めてからサイト運用のやり方もどんどんと学んでいます。

これもまた上の年代の人が持っていないスキルです。

 

だからこそ「会社のサイトを作ってくれ!!」みたいな依頼が舞い込んできたりします。

参考:会社に雇われずに働くって簡単!まじめにやれば何とかなる

「今後はこの分野を伸ばしていこうかな~」と考えている途中です。

 

田舎だとライバルが少ない

 

でも都会じゃダメですね。

若者が多くて競争率が高いので自分よりスキルの高い人がいると負けちゃいます。

 

なので「狙い目は田舎」だと僕は思っています。

田舎には若者がいないのでそんな大したスキルじゃなくても働けるんですよ。

はてなブログで3年ブログを書いていただけで仕事が来るレベルです。笑

 

でもたぶんそれでイケちゃうんですよね~

なぜかと言うと他にライバルがいないから。

 

僕は保険代理店からのサイト作りを受ける前、競合他社の状況を見てみました。

そしたら他の代理店は全然ウェブに力を入れてない!!

ホームページがスマホ対応にすらなっていないところが大半でした。

 

これなら「鳥取 〇〇保険」っていうキーワードを独占できるんじゃないか??

そう思ってこの仕事を引き受けたのです。

 

若者は田舎で力を発揮できる

 

田舎ってけっこう誤解されている部分が多いのですが・・・

地場にしっかりとした顧客基盤があって業績が安定している企業が多いです。

お金を持っている会社って実はたくさんあります。

 

ただそのお金を投資する先に困っているのですよ。

新しいことを始めようと思っても、それができる若い人材がいませんからね。

 

だから上の年代の人たちが持っていないスキルを持った若者は田舎では重宝されます。

何か斬新な提案をすれば「それやってみてよ!!」ってな感じでポンッとお金を渡されるのです。笑

 

実際に僕の田舎では地元企業が若者とタッグを組んで世界に挑戦しているところがありますよ。

それは「木の在る暮らし展」というところです。

参考:木の在る暮らし展

 

ここには鳥取のある建築士さんが趣味で集めてきた1枚板がたくさんあります。

 

f:id:yukihiro0201:20161205191043j:plain

 

樹齢何百年という樹木から切り出し、10年以上にわたって自然乾燥を繰り返してきた究極の一品たちです。

一度見に行ったのですが、1枚100万円近くするものがゴロゴロありました。

 

ここでは県外から来た若者が働いています。

彼は何をしているかというと英語とネットの力を利用して、この一枚板を海外で売っているのです!!

ヨーロッパの展示会などにも出品されたりして、とても評価されているのだとか。

 

この1枚板を所有している建築士さんの年齢は50~60代ぐらいでした。

(一度お話しさせてもらったときの印象で実際に年齢は聞いていませんが・・・)

おそらく彼だけでは世界で販売するなんてことはできなかったでしょう。

 

良いものを持った地方の企業が若者の力によって大きく羽ばたくのです!!

 

最後に

 

まとめると上の世代が持っていないスキルを身に付けて田舎で働けってことですね。

そうしたら食いっぱぐれがないと思います。

 

田舎(ローカル)で働くってのはこれからの時流にも乗っていますしね。

参考:グローバル化と資本主義はもう限界!次のシステム候補3つ

 

ちなみに僕が20代だったら「プログラミング」とか「中国語」を勉強するかも・・・

参考:オーストラリア人の弁護士に「日本人はバカだ」と言われた…

これらは上の世代はおろか、僕ら(30代)でも多くの人ができませんからね~

 

しかも今はネットで何でも学べる時代です。

プログラミングだったら「TechAcademy」「CodeCamp」「WebCamp」みたいなオンラインスクールがありますし・・・

中国語だって「italki」「SpeakMandari」みたいな学習サービスがありますよ。

 

これから10年かけてどんなスキルを磨いていくか考えてみると良いと思います。