読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







三井住友銀行が1億円出資!人工知能(AI)を使ったFX自動売買



f:id:yukihiro0201:20161029192133j:plain


今、人工知能(AI)を活用したFX自動売買の開発が進んでいます。

今日はその中でも三井住友銀行やNECのファンドなどから総額1億円以上の出資を受けているものをご紹介しましょう。

 

【もくじ】

 

FX自動売買に興味を持つ

 

先月19日からFX自動売買(システムトレード)のテストを行っています。

参考:弱点のないFX自動売買「フルオート」に100万円入れてみた!

 

今までFXでも僕が手掛けてこなかった分野なので学べることが多くて新鮮です。

今のところしっかり利益も出ていますしね!!

このおかげでFXの自動売買にも興味を持つようになってきました。

 

なので今日はFX自動売買の分野でさらに一歩先の未来・・・

人工知能(AI)を使ったFXトレードの可能性について考えていきます!!

 

FXトレード進化の歴史

 

FXトレードはこれまでもドンドンと進化してきました。

 

一番最初は「成行注文」でしか売買をできなかったのです。

自分が思うところでエントリーやイグジットするためにはずっとチャートを見ていなければいけませんでした。

ちょっと目を離していた隙にすべてのお金を失ったなんてことも珍しくなかったのです。

 

しかもずっとチャートも見ていると人間はアツくなってしまうもの・・・笑

参考:FXで無駄なトレードをなくしたいならチャートを見るな!

そのためFXトレードを過剰にしてしまい大損をする人が絶えませんでした。

 

しかしそこに「指値注文」「逆指値注文」というものが普及してきます。

自分が指定した値段で売り買いの予約を入れられるようになったのです。

 

これによって自分がチャートを見ていない間に大損を出すといったことが減ってきました。

さらにチャートとにらめっこする時間が減り、FXトレーダーはちょっと冷静さを取り戻してきたのです。

 

さらにそこから「OCO注文」「IFO注文」「IFD注文」というもの出てきます。

エントリーからイグジットまでの一連の売買をすべて予約できるようになったのです。

 

これによって「1日1回チャートをチェックするだけ」みたいなFXトレードの方法が可能になりました。

チャート画面からさらに離れられる時間が増え、旅をする時間などを作れるようになったのです。笑

 

そして最近は「自動売買」に力を入れる人が多くなってきています。

これはトレードルールをプログラム化し、完全に売買をコンピュータに任せてしまう方法です。

 

これによってチャートをまったく見なくてもFXトレードができるようになりました。

さらに感情に任せたトレードを排除できることで利益が残りやすくなったのです。

 

自動売買には色々な種類があります。

ものすごいスピードで売買を繰り返す「超高速取引(HFT)」や・・・

他人のトレードを自動でマネする「ミラートレード」などです。

 

そしてそういった自動売買の1つであり・・・

さらにそれらの先を行くと考えられているのが「人工知能(AI)を使った自動売買」です!!

 

AIを使った自動売買

 

人工知能はみずから学習する機能を持っています。

まるで人間が失敗や成功を通じてより良いFXトレードのやり方を学ぶように・・・

人工知能が運用実績を通じてより良い取引方法をあみ出していくのです!!

 

現在の自動売買の多くはあらかじめ売買方法をプログラムされています。

「こういう条件が整ったら買って(売って)ください」といった感じで・・・

前もって取引のルールが厳格に決められているのです。

 

しかしこれだとプログラムに書かれている以上のことはできません。

したがってプログラマーが想定していなかった事態が起こると・・・

パフォーマンスが急激に落ちたり、取引が停止したりするのです。

 

人工知能を使った自動売買にはここをクリアすることが期待されています。

どのような状況におちいっても人工知能がそれを学習して・・・

その時々で適切な判断を下せるようになると考えられているのです。

 

AIを使った自動売買はすでにあり

 

なんと人工知能を使ったFX自動売買はすでに存在します!!

しかも僕たちが利用できる形で展開されているのです。

それは「AlpacaAlgo(アルパカアルゴ)」というウェブサービスです。

 

f:id:yukihiro0201:20161101100911j:plain


 

これは人工知能を使って自分のFXトレードを自動化できるサービスです。

ちなみに以前は「Capitalico(キャピタリコ)」という名前だったらしい。

 

これ、どうやって使うかというと・・・

まずは自分が普段売り買いするタイミングをチャートやインジケーターをもとに登録します。

すると人工知能がそれを学習して、あなたのFXトレード手法をコピーするのです!!

 

このアルパカアルゴ活用方法はいくつかあります。

 

例えばあなたに代わって人工知能に相場をウォッチさせ、売買タイミングが来たら知らせてくれるよう設定したり・・・

提携している証券会社に口座を持てばそもそも売買自体を人工知能に任せることも可能です。

また人工知能に自分のFXトレード手法のバックテストをさせることもできちゃいます。

 

このサービスの良いところはプログラミングができなくても自分のトレード手法を自動化できることでしょう。

今まで自動売買プログラムを作ろうと思ったら「MetaTrader(メタ・トレーダー)」というソフトウェアを使うのが一般的でした。

そしてそれを使うには「MQL」というプログラミング言語を学ぶ必要があったのです。

 

しかしこのサービスを使えば難しいプログラミングを知らなくても簡単に自動売買プログラムを作ることができます。

深層学習(ディープ・ラーニング)によってあなたの売買パターンを認識する人工知能がプログラミングの代わりになるのです。

 

アルパカアルゴの今後

 

アルパカアルゴの狙いは「凄腕トレーダーの手法をレシピ化すること」みたいです。

有名シェフの料理レシピ本を一般の人に販売するように・・・

彼らのトレード手法を一般の人たちにも使えるようにし、それを販売するというマーケットを作っていきたいとのこと。

 

凄腕トレーダーに一定の手数料を還元するようにすれば喜んで手法を公開してくれるだろうとアルパカアルゴは目論んでいます。

またそれによって素人でもプロのようなトレードができるようになればwin-winになると考えているのです。

 

アルパカアルゴを開発した「Alpaca(アルパカ)」は日本人が作った会社です。

現在はシリコンバレーと東京に拠点を置いて活動しています。

2015年には三井住友銀行やNECのファンドなどから総額1億円以上の出資を受けたとのこと!!

 

それだけこの分野には期待が集まっているということですね!!

 

FX自動売買を実際にするなら

 

ただ人工知能を使ったFXトレードはちょっと早すぎる感じがしますね。

これはまだ未来のお話だと思います。

 

アルパカアルゴ以外にも人工知能を使ったFXトレードサービスが出てきて・・・

それぞれが競争をするようになったらこの分野は面白くなるかも。

そうなったら自分も1つ試してみたいですね。

 

ちなみに現状で最も使えるFX自動売買はインヴァスト証券の「フルオート」だと感じています。

初挑戦から3か月が経ちましたがしっかりと利益が出ています。

参考:弱点のないFX自動売買が登場?100万円入れて確かめてみる