読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXトレードにこだわるな!資金ゼロで自由に旅する新しい方法

f:id:yukihiro0201:20160916173906j:plain


嬉しいことにブログの読者さんから日々メッセージをいただくのですが・・・

いつも僕が困ってしまう質問が1つあります。

 

その質問とは以下のようなものです。

「私は貯金が30万円ぐらいですがトレトラ(トレードトラベラー)になれるでしょうか??」

 

トレトラには軍資金がいる

 

ここは正直に言いましょう!!

30万円はちょっと厳しい・・・

 

副業やお小遣い稼ぎであればその金額でも全然問題ありません。

しかし旅ができるぐらいの金額を稼ごうと思ったら最低でも軍資金は200~300万ぐらい持っておきたいところです。

 

でもこれってけっこうハードル高いですよね??

なかなか難しいと分かっているからこそ何とアドバイスしたら良いのか非常に困ります。

 

しかし同じような旅仲間が欲しい僕にとって彼らにあきらめてほしくはありません!!

なので「何か良い解決策はないのかな~」と僕はずっと考えてきました。

 

旅をする方法はFXだけじゃない

 

そんなときに僕は「阪口裕樹さん」という方にお会いしました。

そして彼がその解決策の1つを持っていたのです!!

 

彼はウェブサイトを作ってお金を稼ぎながら奥さんと2人で旅をしています。

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話」という自身の半生を記した本も出していますよ!!

 

お互い旅をしながらできる仕事を追求しているということで・・・

彼と一緒にご飯を食べながらお話しをする機会がありました。

 

なんと彼は旅を始めようと考えたときに仕事を「トレード」にするか「ウェブサイト」にするかで迷ったそう!!

ただそのときは所持金が20万円しかなかったことで・・・笑

彼は「ウェブサイト」の方を選んだらしいです。

 

ウェブサイトの作成ならパソコンとネット環境さえあれば資金ゼロからでも始められます。

彼はそっちの道を追求していくことを心に決めて・・・

今では奥さんと2人でいつでも旅ができるようになっているのです!!

 

いや~、FXトレード以外にも旅をしながら行える仕事があるんですね。

僕はずっと金融の分野で働いてきたからかFXトレード以外の方法を思いつくことがありませんでした。笑

 

思わぬFXトレードのメリットを知った

 

阪口さんと話をしているうちにFXトレードの思わぬメリットを僕は知ることができました。

それは「FXトレードはスマホだけで完結する」ということ!!

 

FXトレードは収益を安定させるのが難しい仕事です。

稼げるかどうかは相場次第というところがあります。

 

しかしウェブサイトの場合、収益が日によって大きく増減することはありません。

しっかりとしたサイトを構築すれば毎月安定した収益をもたらしてくれるのです。

 

「それがうらやましい」と阪口さんにお話ししたところ・・・

阪口さんは逆に「FXトレードはスマホで完結するからうらやましい」と言われました。笑

 

ウェブサイト作成を本格的にしようと考えたらどうしてもパソコンが手放せないようです。

しかしノートパソコンを旅先でいつも持ち歩くのはなかなかしんどいとのこと。

 

「昔はノートパソコン1台でどこでも仕事ができるというのがカッコいいと思っていたけど・・・」

「このスマホの時代にまだパソコンを持ち歩かなきゃいけないというのは最近ダサいと考えるようになった」

と彼は言っていました。笑

 

僕は旅先にパソコンも持って行くのであまりそのメリットを考えたことがなかったのですが・・・

よくよく考えてみるとフラッと散歩に出かけた先でもスマホ1つで仕事ができるのは確かに便利だよなと思いました。

 

「FXトレード」と「ウェブサイト作成」・・・

それぞれに長所と短所があるんですね~

 

これからは複数の仕事を持つ時代

 

よくよく考えたら旅の手段としてFXトレードだけを考える必要なんてありませんよね??

だってこれからはいくつもの仕事を持って働いていく時代です!!

参考:凡才でも天才に勝てる新しい生き方を若い看護婦さんに教わる

 

手持ちのお金が少ないという方は彼のような仕事をするのもアリでしょう。

ぜひ生き方の1つとして参考にしてみてください。