読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

1日10pipsのFX複利運用を目指す人が成功できない理由2つ

FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20160822191911j:plain


今日、面白いものを見つけました!!

FX複利運用計算シミュレータ」なるものです。

 

FX複利運用計算シミュレータ

 

これはレバレッジ〇倍で1日〇pips稼ぐと〇日後に資金がいくらになるかというのを計算するものです。

試しに以下の条件で行ってみると・・・

 

当初資金:10万円

レバレッジ:25倍

1日の獲得pips:10pips

 

なんと4か月(95日目)で100万円になっちゃいます!!

 

f:id:yukihiro0201:20160822192748p:plain

 


そしてそこから1年経たない間(283日目)に1億円へ!!

 

f:id:yukihiro0201:20160822192814p:plain

 


なんとも夢が膨らみますな~笑

 

複利の力

 

お金を運用すると利息が付きますが・・・

その利息の付き方には大きく2種類あります。

「単利」と「複利」です。

 

単利:元本に対してのみ利息が付く

複利:元本と利息の合計に対して利息が付く

 

複利の場合、元本だけではなく利息に対しても利息が付きます。

そのためにお金が雪だるま式に増えていくのです。

 

f:id:yukihiro0201:20160822193314g:plain

http://kabukiso.com/simulation/fukuri.html

 

その効果はすざましく、上記の通りたった10万円を10pipsだけでまわしていってもわずか1年程度で1億円まで膨らみます。

あの天才科学者アインシュタインが「人類最大の発明は複利」と言ったほどです。

 

1日10pipsは聖杯??

 

FXの子鬼たち」という本の中があります。

内容は以前紹介した「マーケットの魔術師」と同じように凄腕トレーダーのインタビュー集となっています。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

 

しかしマーケットの魔術師と異なるのはインタビューの対象者がヘッジファンドのマネージャーや大手銀行のディーラーなどではなく・・・

一般の成功した個人トレーダーであること!!

僕たちと立場が近い分だけ参考になる点も多い本です。

 

そしてその中に「1日10pips戦略」というものが出てきます。

1日10pips稼いだらその日のトレードは終了するということをただひたすら続けるというものです。

 

これに複利の考え方を加えるとスゴイことになります。

 

1日10pipsならチャンスはいくらでもあるし簡単!!

これを複利で増やせば1年ちょっとで億万長者だ!!

 

 

実際にこういった方法を推奨するFX商材なんかもあったりしますが・・・

これには大きな落とし穴があるのです。

 

FX複利運用が成功しない理由

 

FXでの複利運用が成功しない理由は2つあります。

それは人間の感情である「恐怖」と「欲望」です。

 

1.恐怖

 

最初は順調に資金を増やせていけたとしても・・・

お金が増えるごとに恐怖心が大きくなって今までできていた10pipsトレードができなくなります。

 

よく分からない人は小学校の頃にやった「平均台」を思い出してください。

あれ、皆さんおそらく目をつぶってでも渡ることができると思います。

 

じゃあコレだったら??

 

f:id:yukihiro0201:20160825174629j:plain

 


目をつぶることはもちろん多くの人は渡ることさえできないでしょう。

同じ「細い道を歩く」という行為でも恐怖心の大小によってできたりできなかったりするのです。

 

複利運用をするとトレードするポジションはどんどん大きくなります。

損切りしたら100円のマイナスになるのと100万円のマイナスになるのとではトレードに対する恐怖心が全然変わってくるのです。

 

2.欲望

 

同じような考え方で「欲望」も10pipsトレードの邪魔をします。

お金が増えていくごとにルール通りトレードをこなしていくことが難しくなるからです。

 

1回のトレードで100万円を稼げるところまで複利運用を続けていったとしましょう。

あるときポジションを取ったら6pipsぐらいまで順調に利益が伸びましたが・・・

そこで横ばいの動きになってしまいました。

 

このときに必ず以下のような葛藤(かっとう)が起こるはずです。

 

「すでに60万円の利益が出てるよ!!」

「これだけで3か月の生活費になる・・・」

「金額が減る前に一旦利確しておくか??」

 

このように金額が大きくなるほど目の前の含み益を確定させたい欲望が大きくなります。

その結果として早すぎる利確となってしまいパフォーマンスが落ちてしまうのです。

 

ポジション量を上げるのは技術

 

FXトレーダーには人それぞれ「これぐらいの金額なら損切りしても痛くない」というラインが存在します。

「1000円でもツラい」と言う人が入れば「1000万円でも平気」と言う人だっているのです。

そしてそれが自分にとっての限界になります。

 

FXトレードで損切りをする際にはこの「自分にとっての限界」もキッチリと計算の中に入れます。

参考:FXリスク管理の常識!自分がいくら損失を出せるか計算する

そしてこれを引き上げていくのもトレード技術の1つなのです。

 

また機会があればその技術についてもお話ししたいと思います。

 

まとめ

 

FXの複利運用はどこかで必ず限界が来ます。

金額が大きくなるほど「恐怖」や「欲望」が牙をむいてくるからです。

ポジションを増やすにはそれ相応の技術が必要になってきます。