トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ローソク足の形からFXラインブレイクを見極める簡単な方法

f:id:yukihiro0201:20160624110209j:plain


僕はラインブレイク(ライン突破)をきっかけにエントリーすることが多いです。

参考:損小利大かつ高勝率を狙うブレイクアウト手法を無料公開!



このラインブレイクエントリーを長年やってきたからこそ分かるのですが・・・

ラインをブレイクしたかどうかの判断って単純なようで意外と奥が深い!!

 

ただ「価格がラインを下回った(上回った)からエントリー」というだけじゃ、ちょっと芸が足りなくて・・・

そのときの相場環境・エントリーの時間帯・ローソク足の形などもろもろの状況を考えて、総合的に判断を下さなければなりません。

 

相場環境やエントリーの時間帯については以前ブログに詳しく書きました。

参考:FXトレードの相場環境認識で一番に意識すべきは長期足だ!

参考:逆張り禁止!FXトレンドフォロー手法に最高な時間帯3つ

 

今回は「ローソク足の形」に標準をしぼって説明していきます。

 

僕はラインブレイクを判断するにあたって、ローソク足の形をよく見ています。

どのようなローソク足の形でラインを抜けたかによって、そのブレイクの信頼度が変わってくるのです。

 

僕は「ラインブレイクで現れるローソク足のパターン」を以下5つに場合分けしています。

なお以下の場合分けはすべて、ラインを下に突破したパターンで書いています。

上に突破するパターンの場合は上下逆に考えてください(大陰線→大陽線など)。

 

1.大きく抜ける(信頼度70%)

 

f:id:yukihiro0201:20160624111107j:plain




大陰線で抜けていくパターンです。

これはラインを突破したことで、相場が大きく勢いづいていることを示しています。

したがってそのまま下へ流れていく可能性が大きく、ライン突破の信頼性は高いです。

 

しかしこの足でのエントリーには弱点もあります。

エントリーポイントがラインから離れるので、損切りが大きくなるのです。

(僕はラインを基準に損切りを決めています)

 

損切り幅というものも考慮に入れると、下記2の方が良いかもしれません。

 

2.小さく抜ける(信頼度50%)

 

f:id:yukihiro0201:20160624111252j:plain




普通のローソク足の長さで抜けていくパターンです。

可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

 

僕はけっこうこのローソク足でエントリーするのが好きです。

なぜかというと、この後のローソク足は大陰線となる可能性が高いからです。

 

このローソク足はライン付近で小さくもみ合った結果、ラインを割ったということを示しています。

したがってその次のローソク足で勢い良く下げていくことがあるのです。

エントリー直後にスーっと利が伸びていくのを見るのは快感ですよね。笑

 

3.下ヒゲを付ける(信頼度30%)

 

f:id:yukihiro0201:20160624111451j:plain




ライン突破しているものの、大きな下ヒゲを付けているパターンです。

これはラインを大きく割ったあと、ライン付近まで値が戻ってきたことを示しています。

そのままラインの内側まで値を戻してくる可能性があり、ラインブレイクの可能性は低いです。

 

僕はよほど他の条件がよくない限り、このローソク足でエントリーすることはありません。

下記5のパターンが出るのを待ってからエントリーします。

 

4.ヒゲのみ突破(信頼度10%)

 

f:id:yukihiro0201:20160624111622j:plain




下ヒゲのみがラインを突破しているパターンです。

これは一旦ラインを突破したものの、再度ラインの内側に値が戻ってきたことを示しています。

完全なダマシです。

 

僕はこのローソク足でエントリーをすることはありません。

このパターンが出た場合、僕はラインをこのローソク足の安値(ヒゲの一番下)にズラします。

そしてそこを完全に突破するまでエントリーを待つのです。

 

5.完全に突破(信頼度70%)

 

f:id:yukihiro0201:20160624111826j:plain




ローソク足の実体(ヒゲじゃない部分)が完全にラインの外側で確定しているパターンです。

これはラインを完全に抜けたことを示しています。

これまで書いてきたパターンの中では信頼性が高いです。

 

しかしこのローソク足は2で書いたように大陰線になりやすいです。

したがってエントリーポイントがラインから離れてしまい、損切り幅が大きくなることが多々あります。

 

以上5つが僕の考える「ライン抜けで現れるローソク足のパターン」です。

 

単純に信頼度が高いものが良いと言ったわけではなく・・・

信頼度が高いものは「損切り幅がデカくなる」というデメリットがあります。

いやー、うまい具合に良いところ取りができないようになっていますね。笑

 

こういうのをいちいち見るのが面倒くさいという方は、「ラインから〇pips下げたら問答無用でエントリー」と単純化しても良いでしょう。

実際に最近の僕はそういった手法も使っています。

値が伸びやすい相場環境であれは「ラインから〇pips下げたところに指値を置く」といったことをやっているのです。

 

ただどちらにしても気を付けなければいけないことがあります。

それはローソク足の形で見極めるにしろ、指値で一律エントリーにするにしろ、ルールを固定してエントリーすることです。

 

「今日はローソク足で判断しよう」「今日は指値でやってみたい」などと気分でエントリー方法をコロコロ変えていると、精神的に良くないです。

「しまった、指値でやっておけば損切りにならずに済んだのに!!」みたいな状況になって、その損切りを心の中で引きずってしまいます。

 

エントリールールは事前にキッチリと決めておきましょう。

 

 

P.S.

 

この「ローソク足の形からラインブレイクを判断する方法」は動画でも解説しています。

 

もっと深く知りたいという方はぜひ見てください!!