読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで出来高分析をしたい?為替の取引量を調べる方法4つ

FXお得情報 FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20160526153633j:plain


株式トレードでは相場の分析によく「出来高」を使います。

出来高とは取引量のことで、どれだけ多くの売買が成立したかを示すものです。



例えば今までずっと株価が低くて注目されていなかった銘柄が、急に出来高を伸ばして上昇した場合・・・

何か大きな買い材料が発生し、多くの人が買いに来た可能性があります。

すると「さらに株価は上がるのではないか??」と予想することができるのです。

 

また株式トレードでは、出来高を利用したインディケーター(取引指標)もたくさんあります。

出来高移動平均線・ボリュームレシオ・逆ウォッチ曲線などなど・・・

 

株取引において、出来高の情報というのは欠かせないものなのです。

 

しかしFXトレードでは通常、出来高というものを使いません。

なぜなら外為市場の出来高を正確に把握することはできないからです。

 

為替取引は市場で直接取引されること(市場取引)よりも、市場の外で取引されること(相対取引)の方が圧倒的に多いです。

日本国内のFX取引で例を挙げれば「くりっく365」が市場取引、「店頭FX」が相対取引ですね。

おそらく、「くりっく365」より「店頭FX」を使っている人の方が多いのではないでしょうか??

 

市場の外で取引される分については出来高のデータが取れません。

為替取引の大部分の出来高データが取れないので、為替市場においては正確な出来高を知ることが難しいのです。

 

しかし「それでも出来高を見て取引したい!!」と言う方に・・・

FXの出来高を調べる方法を教えましょう。

僕が知っている限り、それは以下の4つです

 

1.国内店頭FXの出来高(金融先物取引業協会)

2.くりっく365の出来高(東京金融取引所)

3.東京外為市場の出来高(日本銀行)

4.為替先物の出来高(シカゴ・マーカンタイル取引所)

 

おそらくこの中で一番使えるのは4です。

世界最大の先物取引所が出している数字であり、国内取引のものとはデータ量のケタが違います。

 

また1なんかは月に1度の発表なので、短期的な分析を行うことはできませんが・・・

4については1日ごとにデータを出しているので、よりタイムリーな出来高の様子を見ることができるのです。

 

さらに4は直近1か月の出来高推移を無料でエクセルにダウンロードすることもできます。

日々のデータを自分のパソコンに記録させておき、色々と分析してみるということができるのです。

 

では実際、出来高はFXトレードに役立つのかと言うと・・・

おそらく微妙。笑

 

現役のプロトレーダーであり、以前紹介した「生き残りのディーリングという本の著者である矢口新さんは以下のように述べています。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

 

私は過去十数年分のデータをエクセルに取って、出来高と為替レートの関係を見続けているが、これまでのところ株価のような関連性は確認できていない。

 

これってやっぱり、FXは市場外の取引が多くて正確な出来高は分からないからでしょう。

もし出来高と為替レートとの間に優位性のある法則を見つけることができたら、ぜひ僕に教えてください。笑

 

P.S.

出来高をリアルタイムでチャートに表示させたい人は、先物取引ができる口座を開くと良いですよ。

 

 

 

上の画像は、シカゴ・マーカンタイル取引所で取引されている為替先物のチャートです。

 

bullittさんから画像を提供してもらいました!!

チャートの下に出来高のグラフが出ていますね。