読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







インドネシアで人身事故にあって人生は面白いなと思った理由

f:id:yukihiro0201:20160524161114j:plain


インドネシアのバリで人身事故を目の当たりにしました。

それを見て「人生ってだから面白いのかもな~」と思った話。



バリ島にはつい最近(2012年)、世界遺産が誕生しました。

その名も「バリ州の文化的景観:トリ・ヒナ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム」!!

よく分からね~笑


スバックとは「水の管理組合」のことです。

バリ島には豊かな水と肥えた土があり、それらを活かしたお米作りが盛んに行われています。

年中温かいので、なんとお米が1年に3回も収穫できるらしいです!!


そしてその三毛作を支えているのがスバックです。

水源から流れてきた水を貯めて、それを均等に水田へ流すシステムがバリ島では大昔から確立されています。


しかもスバックごとに水や稲の神様をまつっていて・・・

田んぼにまつわるお祭りなんかもたくさん行われているらしい。


そういう独自の水利システムや宗教観によって維持されてきた棚田が、文化的景観として世界遺産に登録されているのです。


実際に見てきたジャティルイの棚田は絶景でした!!


f:id:yukihiro0201:20160524162304j:plain



f:id:yukihiro0201:20160524162328j:plain



f:id:yukihiro0201:20160524162351j:plain




なんでもこの「ジャティルイ」という地名は、「本当に素晴らしい」という意味なのだそうです。

いや~、本当に素晴らしかったですよ。笑


ただこのジャティルイ、バリ島で多くの人が滞在するクタ・レギャン地域からはちょっと遠い・・・

そこで今回はツアーに申し込み、現地の人に車で連れて行ってもらいました。

 

そしてその帰り道、人身事故に遭遇したのです!!

僕らの前を走っていた車が、思いっきり通行人をひいてしまいました。


ものすごい音が鳴り響き、辺りは壊れた車の破片でいっぱいに・・・

ひかれた人は横たわったままピクリとも動きません。


血はまったく出ていなかったものの・・・

こういうときって、血が出てないほうが怖いって言うじゃないですか??

目の前で起こった出来事に信じられず、僕はしばらく思考停止してしまいました。


なぜ信じられなかったかというと、インドネシアでは安全運転の人が多かったからです。


東南アジアの国々って、けっこう運転が荒いんですよね。

あまり整備されていないでこぼこ道でも平気で時速100kmとか出します。

また車やバイクの間を縫うように追い越していくので、僕がタクシーで怖い思いをした経験は数知れず。笑


でもインドネシアでは何度かタクシーに乗ったものの、運転を怖いと思うことがありませんでした。

スピードは控えめで無理な追い越しもしない。

またバイクが少なくて、道路を走っている多くは新しい日本車です。


「東南アジアの中でもインドネシアは発展しているんだな~」

「インドネシアは安全で旅しやすい国だな~」


まさにそんなことを考えている最中の事故でした。


普通に考えたら、運転の荒いインドやタイなんかで事故に遭遇する確率の方が圧倒的に高いはず。

でもそういった国では逆に、今まで一度も人身事故を見たことがありません。


なんか人生とか世の中って、意外とこういう面がありますよね。

確率では単純に計算できない「何か」が存在しているように感じます。


安全運転だと思っていた国で交通事故にあう。

モノづくりに定評のある日本で世界最悪の原発事故が起こる。

日本一の財閥である三菱に勤めているのに将来が不安でたまらない。


安全安心だと思っていたものが実はもろくて、逆に危ないと考えていたことが意外と大丈夫だったりします。

結局のところ人生って予測不可能で、一寸先は闇なのです!!

 

そして先がどうなるか分からないからこそ、人生は面白いのでしょう。