トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ボリンジャーバンドの使い方3つとは?FX手法も無料公開!

f:id:yukihiro0201:20180731184738j:plain

 

有名なインジケーター「ボリンジャーバンド」の正しい使い方を、今日は3つ紹介しましょう。

またそれらを用いた、簡単にマネできて勝率の高いFXトレード手法も無料で公開します!!

 

 

ボリンジャーバンドとは

 

ボリンジャーバンドとは、値がどれだけ動く可能性があるかをバンド(帯)で示したものです!!

バンド幅がせまいほど、見込まれる価格変動は小さく・・・

逆にバンド幅が広いほど、見込まれる価格変動は大きくなりますよ。

 

f:id:yukihiro0201:20160509163150j:plain


ボリンジャーバンドは通常、移動平均線に上下3本のラインがくっついた形となっています。

期間設定は、20~25が一般的です。

 

ちなみに僕は、フィボナッチ数である21を使っていますね!!

参考:移動平均線の期間設定など…FXでのフィボナッチの使い方3つ


上下3本のラインは移動平均線に近い順から、以下のように呼びます。

 

±1σライン

±2σライン

±3σライン

 

ちなみに、σは「シグマ」と呼びますよ。 

価格がそれぞれのライン幅に収まる確率は、以下の通りです。

 

±1σライン:68.29%

±2σライン:95.44%

±3σライン:99.73%

 

これを見ると、±3σラインを越える確率は0.27%と非常に少ないことが分かります。

 

f:id:yukihiro0201:20180731185916j:plain

 

ボリンジャーバンドの使い方


ボリンジャーバンドには、大きく以下3つの使い方があります。

 

1.相場環境を見分ける

2.エントリーに使う

3.イグジットに使う

 

では、それぞれをくわしく解説していきましょう!!

 

1.相場環境を見分ける

 

ボリンジャーバンドは上記の通り、相場のボラティリティを測るのに使えます。

参考:FXのボラティリティとは?値動きを測るインジケーターまとめ

したがって、今の相場環境がレンジかトレンドかを判断するのに役立つのです!!

 

具体的には、バンド幅がせまくバンドラインが平行に推移しているときはレンジ相場ですね。

そしてバンド幅が広がり、バンドラインの平行が崩れたらトレンド相場に移行したと認識できます。


f:id:yukihiro0201:20160509163910j:plain

これについては下の記事でも解説しているので、あわせて読んでみてください。

参考:レンジ相場の簡単な見分け方!FXでレンジを判断する方法3つ

 

2.エントリーに使う

 

ボリンジャーバンドはσラインによって、価格の行き過ぎを見つけることができます。

したがって、行き過ぎた相場が反対方向に戻る動きを捕らえる「逆張り手法」のエントリーに最適です!!

 

具体的には、レンジ相場(バンドがせまく平行になっているとき)でσラインを超えてきたらエントリーします。

逆にトレンド相場(バンドが広がり平行が崩れたとき)で行うと、高い確率で損失となるので注意してください。

 

f:id:yukihiro0201:20180731193745j:plain

 

まあ逆張りは基本的に、レンジの中で仕掛けるものなので・・・

トレンド相場でうまくいかないのは、当たり前ですね。笑

 

3.イグジットに使う

 

ボリンジャーバンドはエントリーだけでなく、イグジットでも使えます。

±σ2もしくは±σ3ラインにタッチした時点で、利食いを行うのです!!

 

±σ2・±σ3ラインまでいくと、価格はひとまず反対方向へ戻る可能性が高いです。

したがって、σラインタッチで利食いを入れると・・・

結果的に、頂点付近で利食いできたということが多くなります。

 

f:id:yukihiro0201:20180731195249j:plain

 

この利食い方法を使えば、利食い幅を最大化させるのに大きく役立つでしょう。

これについては、下の記事の3にも書いています。

参考:利益確定タイミングが分からない?FXの利食い方法ベスト10

 

ボリンジャーバンドの手法

 

最後に、上記3つの使い方を駆使したFXトレード手法を紹介しましょう。

 

まず下のチャートにおいて、1の方法を使って相場環境を判断すると・・・

ボリンジャーバンドが平行になっているので、直近はレンジ相場ということが分かります!!

またレンジに入る前の値動きは下方向なので、価格は上より下に行く可能性が高いことも予想できるでしょう。

 

f:id:yukihiro0201:20180731200024j:plain


こういうとき、+σ2もしくは+σ3ライン(上側のライン)に価格がタッチしたら・・・

そこで、売りエントリーを行うのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20180731200442j:plain

 

損切りは、高値から+5~10pipsぐらいに置いておきます。

そして利食いは、反対側の-σ2・-σ3ライン(下側のライン)まで引っ張るのです!!

 

ちなみに僕なら、もうちょっと工夫して・・・

真ん中の線(移動平均線)と下の線(-σ3ライン)で、「分割決済」をしますね!!

 

移動平均線とσラインでそれぞれ半分ずつ利食いを入れたら、ストレスなく利益幅を増やせますよ。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を5割増する方法とは?

 

まとめ


ボリンジャーバンドは相場の行き過ぎをとらえる、オシレーター系指標として使えます。

さらにレンジやトレンドといった相場状況を判断する材料としても使える、とても便利なインジケーターです。

ぜひご自身の手法と組み合わせて、FXトレードの正確性をアップさせてください!!

 

FXでよく読まれている記事3つ