トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







安全に稼げるFX業者は?手数料が安く信頼性の高いFX会社3つ

f:id:yukihiro0201:20170912212106j:plain


「FX会社をどうやって選んだら良いか分からない」という初心者の方へ。

僕が安全で信頼ができ、しかも手数料の安いFX会社を教えましょう!!

 

 

FX業者を選ぶ基準

 

FX会社を選ぶ基準って色々あると思いますが・・・

僕が特に重要視する点は以下の3つです。

 

f:id:yukihiro0201:20170912195104j:plain

 

 

1.安全性の高さ

 

まずお金を預ける以上、絶対に信頼のおけるところを選ぶべきです!!

ここが一番重要であって、取引を始めるにあたっての大前提になります。

 

2.手数料の安さ

 

やはり長期的に利益を上げていこうと考えたら、取引コストは少ないほど良いです。

わずかな違いに見えても、ポジション量やトレード回数が増えると大きな違いとなって結果に表れてきます。

 

3.操作性の高さ

 

ログインに時間がかかったり、注文に手間取ったりするとせっかくのチャンスを逃してしまいます。

また注文間違いを防ぐために、分かりやすい画面設計になっているものが良いですね。

 

FX業者の安全性



まず僕が最も重要視する「会社の安全性」から考えましょう。

僕は安全で信頼できるFX会社を選ぶのに以下3つの点を重視します。

 

f:id:yukihiro0201:20170909150934j:plain

 

 

1.自己資本比率

 

これは財務状況の健全性・安定性を見る指標です。

一般的にこの数字が高いほど、倒産しにくい会社と言えます。

参考:自己資本比率とは - 決算書.com

 

金融先物取引業者はすべて、この指標を120%以上に保つよう法律で義務付けられていますよ。


2.上場の有無

 

上場するためには時価総額・事業年数・利益額などで厳しい条件をクリアする必要があります。

さらに上場している会社は、最低でも四半期ごとに財務状況を公開しなければいけません。

参考:上場企業って何?|仕事百科

 

これらのことから上場しているFX会社は一定の信頼が置け、他の非上場会社より透明性が高いと言えます。

 

3.信託保全の有無


「信託保全」とは会社のお金とお客さんのお金を分けて管理することです。

これによって万が一FX会社が倒産しても、預けたお金は自分の手元に返ってきます。

参考:信託保全とは | みんなの外為

 

2010年、この信託保全はすべてのFX会社に義務付けられました。

 

これら以外にも「資本金」や「口座数」など、色々な指標がありますが・・・

これらの数字は水増しをすることが可能です。

なので安全性・信頼性を見る指標としては外しました。

 

上場していて信託保全を導入しているFX会社をピックアップして・・・

自己資本比率の高い順に並べると以下のようになります。

 

FX会社 自己資本比率 上場市場 信託保全先
YJFX!

1291.1%

(2017/07)

東証一部

(ヤフーとして)

三井住友銀行・みずほ信託銀行

外為どっとコム

1096.5%

(2017/06)

JASDAQ

(澤田ホールディングスとして)

三井住友銀行・みずほ信託銀行・あおぞら信託銀行
SBIFXトレード

986.3%

(2017/06)

東証一部

(SBIホールディングスとして)

三井住友銀行・FXクリアリング信託
インヴァスト証券

760.8%

(2017/06)

JASDAQ

(インヴァスト証券として)

三井住友銀行
ゲインキャピタル・ジャパン

666.8%

(2017/06)

NY証券取引所

(ゲインキャピタル・ホールディングスとして)

ドイチェ信託

 

(スマホの方は右にスクロール可能)

 

YJFX!外為どっとコムは自己資本比率が1000%を超えています!!

また東証一部上場で高い自己資本比率を維持しているSBIFXトレードも注目ですね。

 

FX業者の手数料

 

僕が信頼性の次に重視する点は「手数料の安さ」です。

上でピックアップしたFX会社から、今度は取引コストが低いところを見つけていきます。

僕はFX会社のコスト面を比較するのに以下の3点を見ます。

 

f:id:yukihiro0201:20170905190059p:plain

 

 

1.スプレッド

 

FXトレードをする際にかかるコストとして、第一に考えられるものです。

もちろん、これが狭いほど利益を上げやすくなります。

参考:スプレッドとは? | FX初心者の外為入門

 

ドル円などは各社ほとんど同じですが、マイナー通貨になると差が出ますね。

 

2.約定率

 

いくらスプレッドが狭くても、レートがすべっていたら話になりません。

注文した価格からズレない、高い約定率を持つFX会社を選ぶべきです。

参考:約定率(約定力)とは?

 

これは自分の手でデータを取り、確かめてみるのが一番良いでしょう。

 

3.手数料

 

スプレッドの他に取引手数料がかからないかも見ておきましょう。

とは言っても、すでに多くのFX会社の取引手数料は無料です。

ただ少額で取引する人は、1万通貨単位以下でも手数料がかからないかを確認すべきです。

 

上記の自己資本比率が高い5社の中で・・・

僕が取引する通貨ペア7つのスプレッドの平均が低い順に並べてみます。

 

FX会社 平均スプレッド 取引手数料
外為どっとコム

0.67

(2017/09)

なし

(1000通貨単位)

YJFX!

0.69

(2017/09)

なし

(1000通貨単位)

SBIFXトレード

0.79

(2017/09)

なし

(1通貨単位)

インヴァスト証券

0.79

(2017/09)

なし

(1000通貨単位)

ゲインキャピタル・ジャパン

1.80

(2017/09)

なし

(1000通貨単位)

 
(スマホの方は右にスクロール可能)

 

スプレッドの平均が一番低いのは外為どっとコムでした!!

また5社の中で唯一、1単位通貨でも無料で取引できるSBIFXトレードは貴重な存在です。

 

ちなみに僕の取引通貨7つは以下の通りですよ。

参考:FXで負けている人が知らない儲けやすい通貨ペアの選び方

 

ユーロ/米ドル(EURUSD)

ポンド/米ドル(GBPUSD)

豪ドル/米ドル(AUDUSD)

米ドル/円(USDJPY)

ユーロ/円(EURJPY)

ポンド/円(GBPJPY)

豪ドル/円(AUDJPY)

 

手数料の安さを測る要素の1つとして、上に挙げておいて何ですが・・・

僕は「約定率」をあまり重要視していません。笑

 

低スプレッド業者を選べば、僕はそれで良いと思います。

なぜなら、その方が総合的にコストをおさえることができるから!!

 

たとえば約定率の高いFX会社として、マネーパートナーズFXプライムが挙げられます

参考:FXの逆指値がすべる原因は?損切りだけスリッページする理由

 

しかし 外為どっとコムマネーパートナーズの間には、平均で0.49ものスプレッド差があるのです!!

これだと約定率50%以下でスリッページが毎回1pips発生し、初めて同じコストとなります。

 

僕みたいに取引回数が少ない方は、そんなに約定率にこだわる必要はないかもしれません。

参考:FX初心者が自分に適したトレードスタイルを見つける方法3つ

 

FX業者の操作性

 

さて最後は操作性のチェックです!!

上の表の上位3社で、取引ツールの充実度やスマホアプリの使いやすさなどを見ていきます。

 

f:id:yukihiro0201:20170830201907p:plain



ただ、これについては個人によって激しく好みが分かれるので・・・

ご自身で口座開設し、実際に使ってみて判断してください。笑

 

外為どっとコム:www.gaitame.com

YJFX!:www.yjfx.jp

SBIFXトレード:www.sbifxt.co.jp

 

個人的には、自分も使っている外為どっとコムがおすすめです!!

安全性が高くて手数料も一番低いほか、FXトレードを助けてくれる機能も充実しています。

 

たとえば、このFX会社だけ「為替の板情報」を見ることができますし・・・

参考:FXで為替の板情報を見る方法3つ!板読みの見方も教えるよ

 

為替に関するニュースや著名トレーダーによるFX動画講座も豊富ですよ。

参考:FXは情報が命!最速で為替ニュースを見るおすすめの方法3つ

 

またFXを用いた外貨の長期投資を行うならSBIFXトレードですね。

 

上記の通り1単位通貨を手数料なしで取引できるので、少額を積み立てていくに最適です。

また他のFX会社にはない自動の積立機能なんかも付いています。

参考:デメリットなし?FXの長期トレードで超簡単に利益を出す方法

 

まとめ 

 

自分が取引するFX会社を選ぶときは「安全性」「手数料」「操作性」で選ぶと良いです。

「自己資本比率」や「平均スプレッド」などの客観的な数字でしぼり込んでいけば、本当に素晴らしいFX会社が見えてきます。

今回の記事を参考に、自分に適したFX会社を探してみてください!!