トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







自分はFXに向いている人?向いていない人?を診断する方法

f:id:yukihiro0201:20160403130129j:plain

先日、「ストレングスファインダー」というものをやってみました!!

僕はFXトレーダーに向いているようで、ほっと一安心。笑



ストレングスファインダーとは「強み診断テスト」のことです。

ストレングス・リーダーシップ」という本で行うことができます。
 

この本の最後にパスコードが付いていて・・・

ストレングスファインダーのウェブサイトにアクセスし、そのパスコードを入力するとテストが受けられる仕組みです。

そのテスト結果をもとに本を読むことで、自分の強みをよく理解することができます。


とても良く当たると評判なようで、やる前からワクワク!!


診断時間は30~40分ぐらいでした。

170の質問に直感で答えていくと・・・

34種類の強みの中から、自分に合った5つを選んでくれます。


診断して分かった僕の強みトップ3は以下の通り!!


1.学習欲(Learner)


計画的な学びのプロセスを経て、何かスキルを身につけることが大好き。

状況が刻々と変化する分野でその変化に対応するため、たくさん新しいことを学ぶ必要がある環境で力を発揮する。

技術や知識を貪欲に身に付けてどんどんレベルアップしていくので、その道の専門家となる。


2.分析志向(Analytical)


論理的で厳格であり、自分自身を客観的かつ公平に見るよう努める。

データからパターンや関連性を見出し、それを用いて現状や物事の構造を分析する力を持つ。

精密さが必要とされ、データや数値を正確に分析するような仕事で力を発揮する。


3.調和性(Harmony)


意見が対立して歩み寄りが見られない場面において、同意点を見つけて争いを最小限にしようとする。

喜んで他人に合わせることができ、人と接することが苦にならない。

衝突がなく自分の仕事の範囲が明確な仕事において集中力が増し、生産的で創造的な力を発揮する。


相場環境の変化に対応するという意味において、1の「状況が刻々と変化する分野でその変化に対応する」というのはFXトレードに重要でしょう。

参考:FXでも人生でも継続して勝つには変化に対応することが必要

 

また2の「データや数値を正確に分析するような仕事」というのは、まさにFXトレーダー!!

3の「衝突がなく自分の仕事の範囲が明確な仕事」というのも、FXトレードに当てはまります。


これらの点から、僕はFXトレードに向いていると判断しました!!

こじつけですかね??

まあこじつけでも、自分に自信がわいてきたので良しとします。笑


「自分の強みを活かす」という考え方は、FXトレードに限らずどんな仕事をする上でも大切です。

参考:自分の強みを知る!それをスキルにして仕事に活かしていこう

自分はFXトレードに向いているのか心配な方、自分の強みを把握しきれていない方は、一度このテストを受けてみることをおすすめします!!


P.S.

この本についているパスコードは一度使用すると使えなくなります。

したがって中古本ではこのテストを行うことができません。

テストを受けたい方は注意してください!!


あとこの本には「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という前シリーズがあります。

本に書かれていることはほとんど同じであるものの・・・

こちらには「強みをどう生かすか」についての記述がないとのこと。


どちらも同じテストを受けられるので、買うのであれば最新版の方が良いでしょう。