読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

EU最大の問題点は「ユーロ通貨」!ギリシャの現在は超悲惨…

お金 FXお得情報 FXの記事すべて


f:id:yukihiro0201:20160326153408j:plain


EU(欧州連合)という仕組みがうまくいっていない最大の原因は「ユーロ」という単一通貨です。

今日はユーロがどのようにしてEUを機能不全にしているか解説します。

 

【もくじ】

 

EUの問題点

 

前回、イギリスがEUから離れたい理由について詳しく書きました。

参考:なぜイギリスはなぜEUから脱退?離脱の1番の理由はドイツだ

 

今日はそこからさらに進んで・・・

EU自体の問題点について書いていきましょう。


現在、EUはぶっちゃけあまりうまくいっていません。

「最悪崩壊するかも」みたいな話もEU内部からチラホラ出ています。



参考:【英EU離脱】対応間違えばEU崩壊=独副首相 - BBC

参考:メルケル氏負ければEU崩壊とワレサ氏 - Bloomberg

 

そう言える根拠は以下のように色々と挙げられるのですが・・・

 

・イギリスやロシアとの関係

・南欧の債務危機

・失業率の高さ

・格差の拡大

・複雑かつ不公平な税制

・選挙で選ばれない欧州委員会

・移民や難民の急増

 

その中でも最も根が深い問題は「ユーロ通貨」です!!


ユーロはなぜ問題か

 

現在EUに加盟している国々は「ユーロ」という共通通貨で経済がつながっていますが・・・

財政は各国バラバラでつながっていません。

そのために金持ちの国はどんどん金持ちになり、貧乏な国はどんどん貧乏になっています!!


典型的なのがドイツとギリシャですね。

ドイツは最近ずっと財政が黒字で、借金(国債の発行)をしなくても税収だけでやっていけています。

しかしギリシャはほぼ破綻状態で、今も増税や年金削減などを強いられているのです。


なぜこのようなことが起こるのでしょうか??

これは日本を例にして考えてみると分かりやすいです。


東京都と鳥取県では同じ「円」という通貨が使えます。

まったく経済規模の違うこの2県が同じ通貨で経済活動を行えるのは、財政が一緒だからです。


鳥取県単体では税収が少なくて大赤字ですが・・・

税収の多い東京都から「地方交付税」という形で鳥取県にお金が回っているので、鳥取県はつぶれずに済んでいます。


一旦すべての県の収入を1つにまとめ、そこからバランスを調整して再分配しているので・・・

収入に差があっても各県が一定の財源を確保でき、それによって同一の通貨・経済の中で繁栄できているのです。


同じような考えでドイツがギリシャにお金を回してあげれば、この問題は解決するのですが・・・

「なんで怠け者のギリシャ人に俺らの税金をあげなくちゃいけないんだ!!」とドイツ人が猛反対するのでできません。

通貨と経済は一緒になったのに、そこに住む人々の感情までは一緒になっていないのですね。


もしユーロがなければ

 

もしギリシャがユーロを導入していなければ、こんなことにはなりませんでした。

 

自分たちの通貨があればその価値を意図的に下げる政策を行うことができ・・・

輸出や観光客を増やして自国の産業を盛り上げることができます。

そうすれば自然と税収も上がっていき、借金の返済は今より進んだでしょう。


また通貨の価値をゼロ近くにして(ハイパーインフレ―ション)借金をチャラにするという荒業もあります。

実際に戦後のドイツなんかはそうやって復活してきたので不可能ではありません。

 

しかしギリシャは現在「ユーロ通貨」を使っているので、そういった対策が打てないのです。

ユーロ通貨を管理しているのは欧州中央銀行(ECB)であり、ギリシャではないですからね。

ギリシャの思い通りにユーロの価値を上げ下げすることはできません。


まさにギリシャは今、身動きの取れない「詰み」の状態・・・


最後に

 

最近ギリシャ問題は報道されなくなりましたが、これは今だに解決していません。

2010年からずーーーと、問題を先延ばしにしています。

個人的に問題は先延ばしするほど、大きなツケとなって返ってくると思うのですが・・・


P.S.

EUについて学ぶなら、伊藤元重さんの「通貨と為替がわかる特別講義」という本が分かりやすくておすすめです!!

 

 

これは東京大学の伊藤先生が「通貨と為替の一番やさしい入門書」を目指して、大学のゼミの生徒と共同で作り上げた本です。

今日の話はこの本を参考にして書きました。