トレトラ - FXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXの値動きパターン全8つ!丸暗記で簡単にレンジ相場を攻略

f:id:yukihiro0201:20160227160202j:plain


FXトレードで使える、鉄板の値動きパターンをまとめました。

これを丸暗記して、簡単にレンジ相場を攻略しちゃいましょう!!

 

 

 

レンジ相場の攻略方法

 

相場の7割はレンジと言われています。

そしてそのレンジには、いくつかのパターンがあり・・・

それぞれで、取るべき戦略が変わってくるのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20180325174830p:plain



以前、レンジ相場の見分け方について説明しました。

参考:レンジ相場の簡単な見分け方!FXでレンジを判断する方法3つ

なので今回は、レンジ相場のパターン別攻略法をお伝えします!!

 

1.四角形

 

f:id:yukihiro0201:20160227161551j:plain

 

 

一番の基本となるレンジパターンです。

「レンジ」や「ボックス」などと呼ばれます。

 

これは、それまでのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高いです。

そしてレンジが長くなるほど、その後に起こるブレイクアウトも大きなものになります。

しかし、いつレンジブレイクするか目安を付けることができません。

 

2.三角形

 

f:id:yukihiro0201:20160227161712j:plain

 

 

どんどんと、値幅がせまくなっていくレンジパターンです。

「ペナント」や「トライアングル」などと呼ばれます。

 

これも、それまでのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高いです。

三角形の底辺から先端までの距離の半分を過ぎたあたりから、レンジブレイクが発生します。

それが4分の3を過ぎてもまだレンジの中にある場合、価格はそれ以降も方向感なくただよい続ける可能性が高いです。

 

3.逆三角形

 

f:id:yukihiro0201:20160227161832j:plain



あまり発生しない、珍しいレンジパターンです。

「逆ペナント」や「ブロードニング・フォーメーション」などと呼ばれます。

 

これは、相場の天井付近で発生することが多いです。

通常をはるかに超える大衆が市場に参加し、相場が手の付けられない異常な心理状態にあることを示しています。

したがってこのパターンが出ると、トレンドの終わりが近づいていると予測できるでしょう。

 

4.ひし形

 

f:id:yukihiro0201:20160227162010j:plain

 

これは3よりもさらに出現率の低い、レアなレンジパターンです。

3と2が組み合わさることで完成します。

「ダイヤモンド・フォーメーション」と呼ばれます。


これも3と同じく、マーケット・トップで発生することが多いです。

なのでこれが出現すれば、トレンド転換が起こると考えれば良いでしょう。

 

5.はた型

 

f:id:yukihiro0201:20160229172339j:plain

 

トレンドに対して逆向きの傾きをもつ、四角形のレンジパターンです。

「フラッグ」と呼ばれます。

 

これは、それまでのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高いです。

急激な上昇や下降の後に、出現することが多いですね。

市場が再び同じ方向へ動き出す前の「息つぎ」を表しています。

 

6.くさび形

 

f:id:yukihiro0201:20160229172643j:plain

 

トレンドに対して逆向きの傾きをもつ、三角形のレンジパターンです。

「ウェッジ」と呼ばれます。

 

これも、それまでのトレンドと同じ方向に抜ける可能性が高いです。

5の三角形バージョンと考えれば良いでしょう。

この後に出てくる7や8と形が似ているので、注意が必要です。

 

7.上昇三角形

 

f:id:yukihiro0201:20160229173732j:plain

 

上辺が水平で下辺が上昇している、三角形のレンジパターンです。

「アセンディング・トライアングル」と呼ばれます。

 

これはそれまでのトレンドにかかわらず、上方向に抜ける可能性が高いです。

下辺が切り上げているのは、売り手よりも買い手の方が積極的であることを示しています。

したがって、強気パターンです。

 

8.下降三角形

 

f:id:yukihiro0201:20160229174146j:plain

 

下辺が水平で上辺が下降している、三角形のレンジパターンです。

「ディセンディング・トライアングル」と呼ばれています。

 

これはそれまでのトレンドにかかわらず、下方向に抜ける可能性が高いです。

これは7と逆で、買い手よりも売り手の方が積極的であることを示しています。

したがって、弱気パターンです。

 

値動きパターンを覚えよう

 

これら8つのチャートパターンを覚えておけば、十分にFXトレードで戦えるでしょう。

これらを相場環境と合わせて見れば、値動きの予想が立てられるはずです!!


f:id:yukihiro0201:20180205182549p:plain



相場環境の見方については、以下のブログにくわしく書いていますよ。

参考:FXの相場環境認識って実は簡単!見るべきものはたった2つ

参考:FXトレンドフォロー手法が恐ろしいほど機能する相場環境2つ

 

しかしこれらはあくまで傾向であり、常に例外が存在します。

例えば上昇三角形であっても、下方向にブレイクすることはあり得るのです。

なので、あまり過信しすぎないようにしましょう。

 

今回書いたレンジパターンの解説は、以前紹介した「先物市場のテクニカル分析」という本を参考にしました。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

 

 

それぞれのレンジパターンでのトレード方法など、さらに詳しく勉強したい方はこの本を読むと良いですよ!!

 

僕のレンジパターン別戦略

 

ちなみに、僕がブレイクアウトで積極的に狙っていく形は1・7・8です!!

参考:損小利大かつ高勝率を狙うブレイクアウト手法を無料公開!

 

f:id:yukihiro0201:20180325195447p:plain

 

 

2や5などの斜めラインは、レンジを突破したかどうかの判断が難しいんですよね~

なのであえて、手を出さないようにしています。

難しい局面では無理にFXトレードしないのが、利益を残す最善の方法です。

 

あと3や4が発生した場合は、レンジを突破するまで取引はひかえます。

暴れ馬に乗るようなもので、こういった局面では上手なFXトレーダーでも勝つのが難しいです。

ゆっくりとコーヒーでも飲みながら、「荒れてるね~」と相場をながめておきましょう。笑

 

FXでよく読まれている記事3つ