トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXトレードにおける様々なトレール注文方法を比較してみた

f:id:yukihiro0201:20160215181403j:plain


前回のブログで、色々な利食い方法を紹介しました。

参考:FXの利食い方法10選まとめ!利益確定のタイミングを考える

 

今回はその中で出てきた、「トレール注文」について詳しく書いていきます。

この注文方法は、とっても強力です。

どれぐらい強力かと言うと、ランダムエントリーでも利益を出せるぐらい!!


以前紹介したマーケットの魔術師という本に出てくるパン・K・タープ博士が、実際にそれを証明しています。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選


彼は「手仕舞いとポジション量さえ間違えなければトレードで利益を出せる」という持論を持っていました。

そしてその証明のため、コイントスで売り買いを決めるトレードを10のマーケットで行ったのです。

その結果、100%の利益を上げること(元金を倍にすること)に成功しています!!


そのときに博士が用いたのが、この「トレール注文」です。

つまり根拠のあるトレール注文を用いれば、テキトーにエントリーしても勝てるということ!!


では具体的に、トレール注文にはどのような種類があるのでしょうか??

以下にその代表例を挙げておきます。


1.一定の幅


「終値から〇pips」と一定の幅を持たせて、逆指値を有利な方向へ動かしていく方法です。

多くのFX会社に搭載されているトレール注文は、このタイプになります。

最適なpips数を決める一番良い方法は、その市場のボラティリティを調べることです。


2.ボラティリティ


ATRの2~3倍の幅を持たせて、逆指値を有利な方向へ動かしていく方法です。

1の進化バージョンとも言えます。

ボラティリティの数倍の幅を持たせておけば、市場のノイズで損切りに引っかかることはありません。


3.チャネル


過去〇期間の最高値や最安値を逆指値として、有利な方向へ動かしていく方法です。

最高値を越えたり最安値を割ったりすると、ダウ理論上ではトレンド発生となります。

自分に不利なトレンドが発生したら、退却するという理論です。


4.移動平均線


価格の後を追ってくる移動平均線を、損切りとして用いる方法です。

価格が移動平均線と交わった時点で決済を行います。

移動平均線の種類やその期間を変えることで、自分の手法に適したものが作れます。


5.利益


最も大きかった含み益から10~30%減ったら、利食いを行うという方法です。

この方法だと、含み益を大きく失うことがありません。

また他のトレール注文と比べて、勝率が高くなります。

 

僕が用いている「分割決済」もトレール注文の1つです。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法

利益を最大化させるのに良い方法なので、一度取り入れてみることをおすすめします!!


P.S.

タープ博士のランダムトレードについては、魔術師たちの心理学という本に詳しく書いてあります。

どのようなトレール注文を使ったかなど、詳細な条件を知りたい方は読んでみると良いでしょう。