読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXトレードの窓開け・窓埋めを投資家心理から説明しよう!

f:id:yukihiro0201:20160203164508j:plain

良く知られているFXトレード手法の1つに、「窓を狙う」というものがあります。

金曜日と月曜日の間にできたギャップを利用してFXトレードをする方法です。

 

窓はなぜできる??




窓が発生する理由はイスラム教に深く関係があります。

日本・ヨーロッパ・アメリカを含む、ほとんどの為替市場は土日が休みです。

しかし金曜日が安息日であるイスラム圏では、金曜日が休みになります。


したがって中東バーレーン市場では土日でも市場は開いているのです!!

そのため細々とですが、週末でも為替は取引されています。


そして土日、市場を揺るがすようなニュースが新たに出た場合・・・

バーレーン市場で値が大きく動いてしまうのです!!


そうなると、月曜の初値が金曜日の終値から離れたところでスタートしてしまいます。

これが窓開けの最大要因です。


また窓開けはFXプロトレーダーによる仕掛け売買の可能性もあります。


世界で一番早く取引が始まる市場はニュージーランドのウェリントンです。


f:id:yukihiro0201:20151209165751g:plainhttp://www.lfx.jp/market-oceania.html




10~3月は午前3時、4~9月は午前4時から市場が開きます。

(南半球は季節が北半球とは逆なので、サマータイムも逆になる)


ニュージーランドの市場は小さいので、少額の取引でも相場が動きます。

それを利用して、損切り注文が多いゾーンを狙うFXプロトレーダーがいるのです!!


うまくストップを巻き込むことができれば、値を大きく動かすことができます。

それによってFX会社が午前6時に取引開始する頃には、金曜日の終値から大きく離れたところに値があったりするのです。


窓開けの特徴は??

 


窓開けには主に、以下2つの特徴があります。


1.窓が開いた方向に値は動きやすい

2.窓が埋められると値は反発しやすい


これらの特徴は、欲や恐怖といった市場心理から説明することができます。

「利益を逃したくない」「損を出したくない」という市場参加者の気持ちが分かりやすく表れるところが窓なのです!!


まず、自分が勝っている側だと想像してみてください。

金曜日に買いエントリーしていたところ・・・

月曜日に上窓となり、いきなり100pips超の含み益となりました!!


f:id:yukihiro0201:20160203165222j:plain




このとき、あなたは以下のように考えるでしょう。


「ラッキー!!めちゃくちゃ利益が出てる」

「100pipsなんて値幅、そうそう取れるものじゃないよ」

「利幅が少なくなる前に急いで利益確定しなきゃ」


「利益を逃したくない」という欲の気持ちが、ここで大量の決済売りを生み出します。

したがってこの後、値は下がって窓は埋められるのです。


f:id:yukihiro0201:20160203170208j:plain




では次に、立場を変えてみましょう。

金曜日に売りエントリーをしたせいで、多額の損失を抱えていましたが・・・

なんとか、エントリーポイント付近まで値が戻してきました!!


f:id:yukihiro0201:20160203170321j:plain




このとき、あなたは以下のように考えるでしょう。


「ふ~、一時はどうなるかと思った」

「損切りせずに耐えて良かったな」

「ここはひとまず、プラマイゼロで脱出しておこう」


「損を出したくない」という恐怖の気持ちが、ここで大量の決済買いを生み出します。

したがってこの後、値は反発するのです。


f:id:yukihiro0201:20160203170501j:plain




これらの特徴を踏まえると、窓の攻め方は以下2つのいずれかとなります。


1.窓埋めを狙う

2.窓埋め後の反発を狙う


投資家心理を利用してFXトレードするとはこういうことです」でも書きましたが・・・

こういった市場心理を味方に付けるトレードはどのような市場においても通用します。

また感情のある人間が市場に参加している限り、その優位性は揺らぎません。


したがって窓を狙うFXトレード手法は昔から広く知られています。

またFXだけでなく、株や先物をトレードする際にも使われているのです。

 

ちなみに出現した窓が大きくなるほど、これらの特徴は当てはまりやすくなります。

理由は上記の市場心理を考えると分かるでしょう。

 

 

 

窓が大きくなればなるほど、週をまたいだポジションの利益や損失の金額はでかくなります。

 

すると欲や恐怖の感情もそれにともなって増幅し、ますます理性的に動けなくなるのです。



 

P.S.


僕が実際に窓埋めを狙ってトレードするのは、窓開き+レンジという相場環境が整ったときです。

 

詳しくは動画で解説しています。