トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







損小利大かつ高勝率なFXブレイクアウト手法を無料で公開!

f:id:yukihiro0201:20160111163134j:plain


「大きく利益が取れて勝率も高いFX手法がないかな~」と言うアナタへ。

今日は僕が使っているとっておきのFXブレイクアウト手法を教えます!!

 

【もくじ】

 

FX手法の解説


このFX手法は以下2つの優位性から成り立っています。

 

1.ブレイクアウト

2.時間

 

まずFXトレードを仕掛ける前提として・・・

15分足もしくは30分足でレンジとなっている通貨ペアを探します。


f:id:yukihiro0201:20160111164323j:plain




レンジの判断に迷うときは以下のブログを参考にしてください。

参考:FXトレードで難しい相場でも簡単にレンジを見極める方法3つ

 

僕は上図のチャートのように見た目が明らかにレンジで・・・

3本の移動平均線がそのレンジの真ん中をからまりながら水平に推移しているものを選んでいます。


ちなみに3本の移動平均線の期間設定は21・55・89です。

参考:FX移動平均線の期間設定に迷うならフィボナッチ数列を使え

 

次にレンジの高値と安値に水平ラインを引きます。

ヒゲも含めて一番高いところ・低いところに線を引いてください。


f:id:yukihiro0201:20160111164621j:plain



そして下のブログで書いた値が動きやすい時間帯に水平ラインを突破したらエントリーです。

参考:逆張り禁止!FXトレンドフォロー手法に最高な時間帯3つ

上へ抜けたら買いエントリー、下へ抜けたら売りエントリーをします。


f:id:yukihiro0201:20160111164931j:plain




5分足の実体(ヒゲでない部分)がラインをまたぐか・・・

もしくはラインの外側で確定したらラインを突破したと判断します。

参考:ローソク足の形からFXラインブレイクを見極める簡単な方法

 

またこの突破した5分足は買いエントリーなら陽線・・・

そして売りエントリーなら陰線でないといけません。


f:id:yukihiro0201:20160111164847j:plain




損切りはラインの内側に8~12pipsズラして置きます。

「8~12」と幅があるのは通貨によってズラす幅を変えているからです。

参考:FXでだましに合わない損切り(ロスカット)の目安を教えよう


僕が使っている通貨ペアとそのズラす幅は以下の通りです。


AUD/USD・USD/JPY:8pips

EUR/USD・GBP/USD・EUR/JPY:10pips

GBP/JPY:12pips


利食い幅は損切り幅の2.5倍に設定します。

 

例えばEUR/USDでライン突破から10pipsのところでエントリーした場合・・・

損切り幅は以下の計算のように20pipsとなります。

ライン突破分10pips + 内側へズラす分10pips = 20pips

 

したがって利食い幅は以下の計算のように50pipsとなるのです。

20pips × 2.5倍 = 50pips

 

さらに利食いは「単純に50pips伸びたら利食う」とせず・・・

以前説明した「分割決済」を利用します。

参考:FXは分割決済しろ!勝率を下げずに利益を50%増やす方法

 

これによってストレスなく利益を伸ばすのです。

 

機能しやすい相場環境

 

このFX手法の良いところはブレイクアウトの伸びを利用して短期間で大きく利益を出せることです!!

しかしブレイクアウトはダマシも多く、どうしても勝率が低くなりがち・・・

それを改善するためにやるべきことは以下の3つをエントリー前に確認することです。


1.長期足がレンジとなっていないか


1時間足・4時間足・日足でレンジを形成していないか確認します。

もし長期足でレンジとなっていると値が伸びない可能性があるのでエントリーを見送ります。

 

レンジの判断に迷うときは以下のブログを参考にしてください。

参考:FXトレードで難しい相場でも簡単にレンジを見極める方法3つ

 

2.移動平均線がジャマしていないか


1時間足・4時間足・日足それぞれの移動平均線が利食いをジャマしていないか確認します。

移動平均線がエントリーポイントの近くにある場合、それが抵抗線となる可能性があるのでエントリーを見送ります。


f:id:yukihiro0201:20160112172838j:plain




3.値が止められそうなポイントがないか


移動平均線の他にも利食いまでにジャマになりそうなポイントがないかを確認します。

具体的に以下の2つが利食いまでに控えていれば、それを越えるまでエントリーを待つかエントリーを見送ります。

 

①直近の安値・高値


f:id:yukihiro0201:20160112173011j:plain



②前回のブレイクアウトダマシ

 

f:id:yukihiro0201:20160112173040j:plain

 

これらに気をつければ、僕の経験上50%以上の確率で利食いになりますよ。

 

追記:この手法を改良

 

この手法を使うようになって1年以上経ちます。

その間にいくつか改善を行いました。

主な改良点は以下の2つです。

 

1.エントリー方法

2.時間による損切り

 

ではそれぞれについて見ていきましょう!!

 

1.エントリー方法

 

これまでは5分足でライン突破を判断してからエントリーしていましたが・・・

今はラインから10pips越えた時点でエントリーとしています。

 

これによって5分足でいちいちタイミングを取る必要がなくなりました。

また指値での自動エントリーも可能です。

さらに損切り幅が一定になるので利食い幅の計算をするのも楽ちん!!

 

ちなみに5分足でエントリーする場合と10pips越えでエントリーする場合とで検証をしましたが・・・

両者の成績に大きな違いは見られませんでした。

 

2.時間による損切り

 

これは以下のブログの8番目に出てくる損切り方法です。

参考:FXの損切り方法10選まとめ!自分に合ったロスカットを探す

このFX手法ではエントリーから1時間経った段階で決済を考えます。

 

たとえば1時間後、ポジションがマイナスならその時点で損切りをしますし・・・

ポジションがプラス(しかし利食いポイントまで行っていない)なら、損切りラインを建値にズラすのです。

 

この方法を取り入れたのは以前紹介した「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」を読み直してからです。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

 

この本には以下のように書いてあります。

 

疑いを持ったらすぐに撤退すべし。

仕掛けた後に動きが鈍ったら逆指値が執行される前に撤退すること。

 

 

ブレイクアウトは短時間で値が大きく伸びる傾向にあります。

これは言い換えると時間がある程度経っても値が伸びない場合・・・

そのブレイクアウトは失敗となる可能性が高いということです。 

 

つまりブレイクアウトを狙ってエントリーをしたにもかかわらず・・・

1時間経っても値が建値付近でウロウロしていたら迷わず切るべきなのです。

 

僕はこの「タイムストップ」を取り入れてから、このFX手法での損失額が大きく減りました。

その結果、残る利益が大きくなっています。

 

この時間による損切りについては実際のFXトレード動画で詳しく解説しています。

 

 

より詳しく学んでみたいという方はチェックしてみてください。

 

以上が今回、このFX手法を改良した点です。

 

最後に

 

この手法をそのままマネしても利益を出せるとは限りません。

大切なことは自分向けにカスタマイズすることです。

参考:FX初心者は必見!ゼロからトレードを本格的に始める手順4つ

 

読者の皆さんが自分の手法を確立する上でこのブログが参考になれば嬉しいです!!