読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







プロFXトレーダーが「1億円稼いだ」と言わない理由に超納得



f:id:yukihiro0201:20151223151131j:plain

以前紹介した「生き残りのディーリング」の著者である矢口新さんの対談音声を聞きました。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選



その中で印象に残ったのは、矢口さんが「本物のトレーダーは稼いだ金額を話題に出すことはない」と言っていたことです。



矢口さんは野村證券やソロモンブラザーズなど、国内外の大手証券会社で長年ディーラーをされてきた方です。

当然その経歴の中で凄腕トレーダーたちと何人も知り合っています。


それを踏まえた上で対談の相手は「稼いでいるトレーダーに共通するところは何だったか??」という質問をしました。

それに対して矢口さんは「稼いだ金額を話題に出さないこと」と答えたのです。


稼いだ金額というのはそのトレーダーの腕を表しません。

なぜなら扱える金額が大きければ稼げる金額も当然大きくなるからです。


例えば今年トレードで1億円稼いだ人がいるとしましょう。

何も知らずに聞いたら「スゴイな!!」って思いますよね??


でもこの人が運用会社勤務で、会社から100億円の資産を任されていたのなら話は変わります。

なぜならそれを年利1%でまわしさえすれば1億円を稼ぐことができるからです。


現在の米国10年債の利回りが2%ちょっとなので、全額国債運用すればこれは余裕で達成できます。

つまり稼いだ金額というのは「トレーダーの腕」というよりむしろ「運用金額」によるところが大きいのです。


ネットでたまに「50万円を1年で1億円にした手法を紹介します」みたいな広告を見ます。

これはスゴイですよね??

扱える金額が50万円だったにもかかわらず1億円を稼いだのですから!!


でもこれも本物のトレーダーからしたら評価に値しません。

なぜなら50万円を1年で1億円にしようとしたら相当リスクの高いトレードをしなければならないからです。

 

しかもかなり恵まれた相場環境が絶対条件となります。

参考:手法はセットアップが大事!FXで億万長者が生まれる理由

 

これはもう「トレード」と言うよりむしろ「危険なギャンブル」と言えるでしょう。

トレードのイロハを知っている人なら「運が良いな」とは思っても「腕が良いな」とは考えません。


資金を減らさないよう守ることがトレーダーの第一の仕事です。

参考:FXトレードも人生もリスクを回避する人がリスクに殺される

したがってこんなムチャなトレードをする人は軽蔑の対象になります。

 

「FXで資産を数億円に増やしました」とか「FX億トレーダー〇〇!!」みたいな人がネットの世界にはウヨウヨいますが・・・

必要以上に金額を誇示する人は注意が必要なのかもしれませんね。


間違ってもそういう人たちについて言ってはいけません。

参考:億トレーダー目指すな!FX月10万で楽しみながら億万長者に

 

P.S.

ちなみに「稼いでいるトレーダーはむしろ失敗談が多い」と矢口さんは言っていました。

トレードが上手な人は向上心が強く、常に自分の技術を高める努力をしています。

したがって「あれはこうすべきだった」「ここが間違いだった」みたいな話が多いとのこと。笑