トレトラ FXと仮想通貨をトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







成功者がおすすめする投資本!「敗者のゲーム」の要約と感想

f:id:yukihiro0201:20180514203344j:plain


成功者の方々がおすすめしている、敗者のゲームという本を読みました!!

とても勉強になったので、ここにその本の要約や感想を残しておきます。

 

 

成功者がおすすめする本

 

僕は2・30代で一財産築き、リタイヤされた方のブログを複数見ています。

平日の日中、ヒマな時間をどう過ごすべきか色々と参考にするためです。

 

f:id:yukihiro0201:20180330185958p:plain



そんなブログを読んでいて気づくことは、多くの人が「投資」に力を入れていること!!

きっと大きく稼いだ後は、そのお金をどう維持管理していくかが問題になってくるからでしょう。

 

そして多くの方が投資の勉強をするのに、敗者のゲームという本を絶賛していることを知りました!!

参考:最強の投資本はどれ?ネット上のおすすめ書籍で統計を取った

 

 

「ビジネスで成功した人たちが口をそろえて推奨する投資本って、いったいどんな内容なんだろう??」

とても気になったので、この本を読んでみることに!!

今日はその本で学んだことを、ここでシェアしていきます。

 

敗者のゲームの要約

 

敗者のゲームとは

 

f:id:yukihiro0201:20180514193341j:plain

 

 

まず、この本のタイトルである「敗者のゲーム」とは何か??

著者のチャールズ・エリスは、テニスを例に説明しています。

 

プロのテニスプレイヤーが行う試合は、「勝者のゲーム」です。

得点のうばい合いとなるので、以下のような技術の高い方が勝ちます。

 

・簡単には返せない力強いサーブ

・相手の裏をかく正確なストローク

・ラインのギリギリを狙うスマッシュ

 

それに対し、素人のテニスは「敗者のゲーム」です。

得点の与え合いになるので、以下のようなミスを防いだ方が勝ちます。

 

・サーブを大きく外す

・ラリーで空振りする

・スマッシュをネットに引っ掛ける

 

そして投資は、素人のテニスと同じく「敗者のゲーム」です!!

積極的に攻めるのではなく、ミスをしない方が勝ちます。

 

ミスをしない投資法

 

f:id:yukihiro0201:20180501142910p:plain



では、ミスをしない投資法とはいったい何か??

それは「インデックスファンドを通じて市場全体に投資すること」です!!

 

「インデックスファンド」とは、日経平均株価などの指数と同じ値動きをする投資信託のこと。

市場全体が上がればその投資信託も上がり、市場全体が下がればその投資信託も下がります。

参考:投資信託とは?元銀行員がわかりやすく解説

 

その仕組み上、常に市場の平均を目指すものです。

なのでこれに投資すれば、勝つことはありませんが負けることもありません。

 

インデックスファンドとは

 

f:id:yukihiro0201:20180410102929j:plain



多くの人は、この単純でおもしろくない投資信託を選びません。

実際、インデックスファンドは全投資信託市場のわずか5%ほどしか普及していないのです。


しかし著者いわく、インデックスファンドは「投資のドリームチームを結集したようなもの」とのこと!!

なぜなら、ウォーレンバフェット・ピーターリンチ・ジョージソロスなど・・・

全米トップのファンドマネジャーたちの投資判断をまとめたものが、インデックスだからです。

 

市場のお金の9割は、プロの機関投資家が動かしています。

このように、マーケットの動きがプロに支配されている現在・・・

市場全体の値動きはまさに、プロの意思をすべて足し合わせたものなのです!!

 

敗者のゲームの感想

 

「インデックスファンドでほったらかし投資するのが良い」というのは、僕も納得するところです。

実際にインデックスファンドは他の投資信託より成績の良いことが、各種の統計調査で明らかになっています!!

 

f:id:yukihiro0201:20180514200407p:plain

 

 

また現代ポートフォリオ理論の創始者として、1990年にノーベル経済学賞を取ったハリー・マコーウィッツは・・・

「最も効率的なポートフォリオは、市場全体に投資すること」を数学的に証明していますしね!!

 

これらのことは、以前紹介したお金持ちになれる黄金の羽根の拾い方という本にくわしく書いてあります。

参考:超高齢化社会の唯一の解決策は自分の好きな仕事をすること

あわせて読むと、インデックス投資の優位性をより理解できますよ。

 

 

ちなみにこの本の著者である橘玲さんは、インデックス投資について以下のように言っています。

「これは個別株投資が否定され、大半の投資信託は不要となってしまうことから、金融機関の職員はあまり言わない」

 

しかし、銀行と投資会社で勤務してきた僕の意見は違います。

金融機関にいる大部分の人はセールスや投資商品の勉強はしても、投資自体の勉強はあまりしていません。

つまり「言わない」のではなくて、「知らない」のです。笑

 

まとめ

 

敗者のゲームは、若くで財産を築いた方の多くがおすすめしている本です。

内容はインデックスファンドを使って、市場の平均に投資しろというもの。

投資の基本に忠実な内容になっており、初心者でもわかりやすく読めますよ。

 

投資でよく読まれている記事3つ