トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







朗報!ビジネス成功者がおすすめするインデックス投資とは?

f:id:yukihiro0201:20151205152821j:plain


僕は2・30代で一財産築き、リタイヤされた方のブログを複数見ています。

平日の日中ヒマな時間をどう過ごすべきか、色々と参考にするためです。

 

そんなブログを読んでいて気づくことは、多くの人が「投資」に力を入れていることです。

きっと大きく稼いだ後は、その稼いだお金をどう維持管理していくかが問題になってくるからでしょう。

 

そして多くの方が投資の勉強をするのに「敗者のゲーム」という本を絶賛していることを知りました。

参考:最強の投資本はどれ?ネット上のおすすめ書籍で統計を取った

 

「ビジネスで成功した人たちが口をそろえておすすめする投資本って、いったいどんな内容なんだろう??」


僕はとても気になったので、先日その本を読んでみたのです!!

今日はその本で学んだことをここでシェアしようと思います。


この本が言っていることはとても単純明快です。

それは「インデックスファンドを通じて市場全体に投資することが最良の投資方法である」ということ!!


「インデックスファンド」とは日経平均株価などの指数と同じ値動きをする投資信託のことです。

市場全体が上がればその投資信託も上がり、市場全体が下がればその投資信託も下がります。

その仕組み上、常に市場の平均を目指すものです。


多くの人はこの単純で面白くない投資信託を選びません。

実際、インデックスファンドは全投資信託市場のわずか5%ほどしか普及していないのです。


しかし著者いわく、インデックスファンドは「投資のドリームチームを結集したようなもの」らしいです!!

ウォーレン・バフェットやピーター・リンチ、ジョージ・ソロスなどを含む、全米トップのファンドマネジャーたちの投資判断をまとめたものがインデックスなのだそう。


なぜかと言うと、市場のお金の9割はプロの機関投資家が動かしているからです。

マーケットの動きがプロに支配されている現在、市場の動きはまさにプロの意思をすべて足し合わせたものとなります。


実際にインデックスファンドは他の投資信託の平均的なパフォーマンスより格段に優れていることが、各種の統計調査で明らかになっています。

また現代ポートフォリオ理論の創始者として1990年にノーベル経済学賞を取ったハリー・マコーウィッツは、「最も効率的なポートフォリオは市場全体に投資すること」を数学的に証明しています。


これらのことは、以前紹介した「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」という本に詳しく書いてあります。

参考:超高齢化社会の唯一の解決策は自分の好きな仕事をすること

あわせて読むと、インデックス投資の優位性をより理解できるかもしれません。


この本の著者である橘玲さんは、インデックス投資の優位性について以下のように言っています。

「これは個別株投資が否定され、大半の投資信託は不要となってしまうことから金融機関の職員はあまり言わない」


しかし銀行と投資会社で勤務してきた僕の意見は違います。

金融機関職員の大部分の人はセールスや投資商品の勉強はしても、投資自体の勉強はしていません。

つまり「言わない」のではなくて「知らない」のです。笑


P.S.

ちなみに僕は現在、ウェルスナビというサービスを使ってインデックス投資を行っています!!

投資先の選定から発注、管理まですべて自動で行ってくれるのでとても便利ですよ。

参考:出金して分かった!WealthNaviウェルスナビが高評価な理由