読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FX移動平均線の期間設定に迷う人はフィボナッチ数列を使え

FXの記事すべて 手法


f:id:yukihiro0201:20151115201134j:plain


僕は普段、3本の移動平均線をチャートに表示させています。

これは僕が唯一使っているインディケーターです。

 


今までは期間設定を20・50・100としていたのですが・・・

その数字を21・55・89へ変えてみることにしました!!

これらは「フィボナッチ数列」に出てくる数字です。


フィボナッチ数列とは、以下の数列のことを言います。

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89・・・


2つの連続する数字の合計が次の数になっていきます。

1+1=2、1+2=3、2+3=5といった感じです。


この数列には色々な特徴が隠されています。

詳しく知りたい人は下の動画を見てみると良いでしょう。





僕がなぜ移動平均線の期間を、このフィボナッチ数列に変えたというと・・・

以前紹介した「先物市場のテクニカル分析」という本に、そうした方が良いと書いてあったからです。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選



勉強がてら、この本を読み返していたところ・・・

「フィボナッチ・ナンバーは移動平均分析に非常によく使える」という記述を発見しました!!


フィボナッチ数列は自然界のあらゆるところで見られます。

例えば動物の出生数や花びらの枚数などは、フィボナッチ数列が深く関わっています。


またフィボナッチ数列はそれが知られる前から、音楽・美術・建築などで広く使われてきました。

「黄金比」とか「平均律」って言葉、聞いたことありますか??

これらはいずれもフィボナッチ数列から求められます。


つまりフィボナッチ数列というのは、自然界を支配している数字なのです。

そしてマーケットの値動きも多くの人間の行動の結果であり、自然現象の表れと言えます。

したがってフィボナッチ数列が有効に機能するというわけです!!


実際に「21日」って、1か月の平日の日数になるんですよね~


1か月を30日とすると、平日は7日のうち5日だから・・・

30×5/7≒21


相場は平日にしか動かないので、21日の移動平均は1か月の値動きの平均となります。

フィボナッチ数列、恐るべし!!


僕がこれまで20・50・100を使ってきたのは、単にキリが良かったからです。笑

それよりは根拠があるかなと感じ、フィボナッチ数列を採用することにしました。

まあ数字自体は以前とそんなに違わないので、大きく結果が変わることはないと思います。