トレトラ FXと仮想通貨をトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!最近は仮想通貨で遊びながら株の暴落を待っています。86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







無料wifi使う人へ!セキュリティソフトやアプリなど対策3つ

f:id:yukihiro0201:20151112160720j:plain


スマホの通信容量を気にして、カフェやコンビニなどの無料Wi-Fiを使う人は多いでしょう。

今日はそんな人向けに、フリーWi-Fiを安全に使うためのセキュリティ対策を3つ紹介します!!

 

 

無料wifiにはリスクあり

 

外出先で公衆無線LANに接続することは、危険性をともないます。

具体的には、クレジットカードの情報やネットバンキングのパスワードなどが盗まれたりするのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20180331214536j:plain

 

 

無料Wi-Fiは電波を受信できるところにいれば、誰でも通信を受け取ることが可能です。

それをネットワーク解析ツールに通せば、誰がどんなデータをやり取りをしているかがつつ抜けになります。

 

これはたとえ、Wi-Fi通信が暗号化されていても変わりません!!

大勢の人が利用することを想定したフリーWi-Fiは、パスワードが開示されていることが多いです。

なので結局、暗号化されていようが通信は盗むことができます。

 

特に海外では注意

 

日本国内のWi-Fiサービスは、メールアドレスなどの事前登録が必要な場合がほとんどです。

それはなぜかというと、犯罪に使われることを防ぐため!! 

 

f:id:yukihiro0201:20180331222328p:plain

 

 

しかし海外は日本と比べて、厳しく取りしまっていないことが多いです。

Wi-Fiの普及率を高めるため、お金と手間のかかるセキュリティを犠牲にしているのでしょう。

登録のいらない無料Wi-Fiは、ウイルス感染や個人情報流出のリスクがさらに高まります。

 

また最悪なケースでは、ハッカーが個人情報を集める目的で公衆Wi-Fiをよそおった電波を飛ばしていることも!!

こういったWi-Fiに一度つなげてしまうと、高い確率で被害にあいます。

 

実際に海外では、知らぬ間にお金を盗まれるようなことが起こっていますよ。

参考:中国フリーWi-Fiで口座からカネを抜かれる被害が急増中

 

ちなみに僕は海外Wi-Fiの利用で一度、フェイスブックのアカウントを乗っ取られたことがあります。

そのときは、自分のタイムラインがブランドバッグの広告だらけになりました。笑

 

無料wifiの安全対策

 

しかし海外旅行先ではどうしても、無料wifiに頼らざるを得ない状況が多いでしょう。

今回は海外のフリーWi-Fiを利用するにあたって、僕が行っている安全対策をお伝えします。


1.セキュリティソフトを使う

 

f:id:yukihiro0201:20180331223914p:plain

 

 

ウイルス対策のソフトをインストールするのは、基本中の基本ですが・・・

パソコンには導入していても、スマホやタブレットには何もしていない人は多いのではないでしょうか??

パソコンよりもスマホの利用率が高い現在、そちらの方にも対応は不可欠です!!

 

ちなみに僕は、ESETというセキュリティソフトを使用しています。

 

 

これはWindowsはもちろん、MacやAndroidなどにも使えます。

第三者の調査機関や価格.comなどで、とても評価の高いソフトです。

参考:「日経コンピュータ パートナー満足度調査 2018」の セキュリティ対策製品部門でトリプル1位を獲得

 

僕はこれのファミリーセキュリティー(5台まで使える)を買い、パソコン・スマホ・タブレットの3台に導入しています。

他のセキュリティソフトと比べて、割安なのがうれしい!!

 

2.パスワード管理アプリを使う

 

f:id:yukihiro0201:20180331235210p:plain

 

 

グーグルや各種SNSのアカウントは、もちろんのこと・・・

ネットバンキングやFX会社などのパスワードも、僕はアプリで一括管理しています。

 

パスワード管理アプリを使えば、何十ケタという強力なパスワードを簡単に作り出せます。

しかもそれぞれに違うパスワードを使用することで、セキュリティを劇的に高めることができるのです。

パスワードを忘れることもなくなりますし、絶対に使って損はないですよ!!

 

ちなみに僕は、TrueKeyというアプリを使っています。

 

f:id:yukihiro0201:20180331230913j:plain

 

 

ウイルスソフト会社として有名な、マカフィーのパスワード管理アプリです。

指紋認証や顔認識でアプリをロックし、ログイン情報を保護してくれます。

しかもパスワード15個までは、無料で利用することができますよ!!

 

3.VPNを使う

 

f:id:yukihiro0201:20180331231654j:plain

 

 

VPNとは、通信途中の情報を他人から見られないようにする技術です。

これを使うことで、Wi-Fi経由での不正アクセスを防ぐことができます。

参考:5分で絶対に分かるVPN

 

まだ知名度の低いVPNですが、公共のWi-Fiを使うのであれば使った方が良いでしょう。

ちなみに僕は、VPN Gateというのを使っています。


f:id:yukihiro0201:20180331232622j:plain

 

 

サーバーが世界中に7000近くあり、これらすべてを無料で使えます!!

運営元が筑波大学というのも、安心感がありますね。

ただしあくまで実験サービスなので、もしかしたら将来的に使えなくなるかもしれません。

 

怪しいwifiにはつなげない

 

最後に、今すぐできる自衛策として・・・

「怪しいwifiにはつなげない」という、大原則があります!!

 

f:id:yukihiro0201:20180308183358p:plain



パスワードなしで使える無線LANには、むやみやたらに接続を試みない方が良いでしょう。

上でも述べた通り、個人情報を抜く目的でわざとやっている人がいます。

 

僕はネットでFXトレードをはじめとした金銭取引も行うので、セキュリティには人一倍気をつけています。

せっかく稼いだお金を他人にゴッソリ抜き取られたくない人は、しっかりとセキュリティ対策を事前に行っておきましょう!!