読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

ホリエモン「今ほど飽きっぽい人が必要な時代はない!」

人生


f:id:yukihiro0201:20151116173923j:plain


僕には1つ、コンプレックスがあります。

それは「飽きっぽい」ことです。



僕の過去」を読んでいただければ分かると思いますが・・・

僕は大学を卒業してから今日まで、やってきたことが一貫していません。


ちなみに僕には弟が1人いるのですが、彼は僕とは正反対です。

彼は小学生のときから「獣医になる」という夢を持ち続け、現在それを叶えています。


したがって僕は、よく弟と比べられるのです。

「弟は優秀だけど兄は出来が悪い」と、よく陰で父親から言われています。


やっぱり、自分の親から信頼されていないというのはツラいわけで・・・

それがずっと、自分の中で引っかかっています。


しかし「自分はこれで良い」と思わせてくれる本と出会ってから、僕はずいぶんと気が楽になりました。

その本は、「ゼロ」という堀江貴文さんの著書です。


堀江さんはこの本の中で、「飽きっぽさはこれからの時代、最大の長所になる」と書いています。


今は事業のスピードが速くなり、じっくり腰を据えて取り組むというのが難しい世の中です。

また「20年後には今日の職業の半分はなくなる」と言われているように、時代の流れで自分の仕事がなくなることも十分にあり得ます。

そのときに重要になってくるのは、「誰よりも早く動けること」です。


過去の栄光や経験にしがみついていると、いつの間にか時の流れに取り残されてしまいます。

どんなことにでも挑戦していき、自ら積極的に変わっていける人が、これからは強いのです。

飽きっぽい人は自分の専門に縛られることなく、好奇心のおもむくままにチャレンジできます。

「無節操」「行き当たりばったり」と批判されても、誰よりも早く動き出して形にしてしまうのです。


僕はこの部分では、周りの人に絶対負けません!!

これまで失敗や挫折をたくさんしてきましたが、必ず次の道を見つけてきました。

そうした試行錯誤の果てに、「英語」と「トレーディング」という2つの能力を手に入れています。


人の一生は「小さなチャレンジの積み重ね」で決まると、堀江さんはこの本の中で言っています。

何かを待つのではなく、自らが小さな勇気を振り絞り、自分の意思で一歩を踏み出し続ける。

それをできる人のみがチャンスをつかみ、成功していくとのこと。


僕は弟とは違う方法で、自分の人生を切り開いていくつもりです。

そしていつか父親を超えて、「父さんは出来の悪い息子以下だね」と鼻で笑ってやるつもりです。笑