読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







前回すべて巡れなかった豊島に再度挑戦したけどまた撃沈した

f:id:yukihiro0201:20151026192622j:plain


以前、豊島というところへ行って島を半周しかできなかったことを書きました。

参考:豊島で自転車をレンタルし島を一周するときに気を付けること



それで先日、また豊島に行ってきたのです!!


今回は再チャレンジということでかなり力が入っていました。

スムーズに自転車旅行を楽しめるよう、荷物を減らして行こうと考えたのです。


携帯と財布だけをポケットに入れ、出発しようとしたそのとき・・・

「財布もいらなくね??」

財布でパンパンになったポケットを見て、僕はそう感じました。


カードも免許証も使わないだろうし、現金だけを持って行こうと思い付いたのです。

財布の中を見ると千円札と1万円札が3枚ずつありました。


最初、1万円札を1枚だけ持って行こうとしましたが・・・

「1万円札を出したら船のチケット販売員さんが困るかも」

そんな風に気を回した僕は、千円札3枚だけを持って行くことにしたのです。


完全に海外旅行のクセですね。笑

海外では大きな金額の紙幣を出すと「おつりがないから」と断られることがあります。


お昼はもう食べているし島を巡るだけだから、3000円もあれば十分だと考えたのです。

その3000円で船のチケットを買い、自転車のレンタル代を払いました。

(今回はもちろん、電動自転車を借りましたよ。笑)


そしていざ島巡りに出発!!

その日は幸運なことに天候に恵まれ、とても気持ちよかったです。


f:id:yukihiro0201:20151026162925j:plain




しかも電動自転車で足取りは軽い!!

「今日こそは島にある現代アートの作品すべてを巡れるだろうな」

自信たっぷりで鼻歌交じりに自転車を走らせました。


しかし、いざ作品があるところに着いて僕は気が付いたのです。

ある重大な見落としをしていたことに!!

それは・・・


作品を見るのにお金がかかるということ。笑

1つの作品あたり300~500円ぐらいのお金が必要でした。


「僕、今いくら持っているっけ??」

確認してみると、船代770円と自転車代1000円を引いた1230円しかありません。

これではどんなに頑張っても、3つぐらいしか作品を見れないことになります。


「これじゃ、全部見て回るのは無理だ・・・」

僕は再び絶望に打ちひしがれました。


しかし今さらどうしようもありません。

僕は全部制覇することをあきらめ、自分が特に見てみたい3つの作品をしぼることにしました。


最初は落ち込んでいたものの・・・

島の中を走って作品を鑑賞するにつれ、だんだんと元気を取り戻してきました。


「まあ、また来ればいいでしょ~」

そんな風にやっとポジティブになってきた最中です。

僕はまた大きな見落としをしていたことに気が付きました!!


なんと帰りの船代を計算に入れていなかったのです。笑

一瞬、心臓が縮み上がりましたよ。


急いでポケットの中の残金を調べると、たったの430円。

船代の770円には届きません。


「やってしまった・・・」

自分のバカさ加減にあきれたあと、僕の中で何かが吹っ切れました。


「こうなったらもうトコトン楽しむしかない!!」

こういうときに海外でやしなった「何とかなるさ」精神は役に立ちます。

帰りのことはとりあえず置いといて、僕はこの430円でどう楽しむかを考えることにしました。


結局持ち金は作品の鑑賞代300円とジュース代130円ですべて使い切り・・・

残金0円で船乗り場へ向かったのです。笑


船乗り場の隣にある観光協会で僕は相談してみることにしました。

さすがに「お金をすべて使い切った」とは恥ずかしくて言えず・・・

「お金を落としてしまった」ということで話を通すことに。笑


観光協会の方はみんな親切で優しく、理事長さんが僕にお金を貸してくれました。


僕「向こう岸に着けば財布があるのでお金をお返しできます!!」

理事長「別に急がなくても家に帰ってからでいいよ~」


僕「じゃあ口座番号を教えてください。そこに振り込みます!!」

理事長「いま口座番号分かんないのよ~(ポケットをゴゾゴゾ)」

理事長「これで何とか送れる??(名刺ポイッ)」


なんてユルいんだ・・・笑

しかしそんな心の広いおじ様のおかげで、僕は無事に家へ帰ることができました。


またまた今度、豊島に挑戦するつもりです。笑


P.S.

お金は後日、振込先口座を教えていただいて送金しました!!