トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで指標トレードをする個人トレーダーが確実に損する理由5つ

f:id:yukihiro0201:20151029161435j:plain


指標発表時の値動きってとっても魅力的ですよね~

短時間で値がグイグイと伸びていきますから!!



「これに乗っかったらどれだけ気持ち良いんだろう」とかよく妄想します。笑

 

指標トレードで損する理由

 

でも僕は指標発表の時間帯にFXトレードすることはありません。

なぜかというと損する可能性が圧倒的に高いからです!!

その理由を5つ書いていきましょう。


1.値動きが読めない


指標の内容が良いか悪いかを事前に知ることはできません。

したがって完全に伸るか反るかのギャンブルになり優位性のあるトレードができないのです。


また一時的に反対方向に動いて損切られたあと、自分の思惑の方向へ伸びるようなことも多々あります。

これをやられると精神的にも良くないです。


2.スプレッドが拡大する


多くのFX会社では指標発表時にスプレッドが拡大します。

売買が集中して値動きが激しくなり注文をさばくのが難しくなるからです。


スプレッドが開くとその分だけFX会社に支払う手数料は増えます。

わざわざ手数料が高くなるときにトレードをする必要はありません。


3.約定がスベる


値動きが激しくなるとスプレッドが開くだけではありません!!

注文が通っても自分の思惑とはズレた価格で約定することがあります。

そしてそれは99%自分に不利なレートです。笑

 

無駄なリスクを負いたくなければこの時間帯でのトレードは避けましょう。



4.プロとの戦いになる



機関投資家は一般投資家よりもいち早く情報を得ます。

彼らは0.1秒でも早く情報を得られるよう莫大な金額の設備投資を行っているのです。



具体的には情報発信元から物理的に近い位置にオフィスを構え、専用のぶっといケーブルを引いたりしています。

そんなことやっている人たちと真っ向勝負したら負けるのは目に見えていますよね~

 

5.コンピュータとの戦いになる


指標発表を利用したFXトレードはコンピュータが最も得意とするところです。

入ってきた情報をいち早くスキャンして超高速で取引します。

もはや人間など勝負にならないのでここは素直にあきらめましょう。笑

 

指標発表時の僕の対応

 

僕はFXトレードを始める前にその日の指標発表や要人発言を確認します。

そして重要度の高いものがある場合、その30分前にアラームを設定しておくのです。

参考:逆張り禁止!FXトレンドフォロー手法に最高な時間帯3つ

 

そしてそのアラームが鳴ってから指標発表までの間はFXトレードを行わないようにしています。

またすでにポジションを持っている場合はそれがどのような状態であってもアラームが鳴った時点で成行決済をするのです。

 

まとめ

 

個人トレーダーは指標発表時にものすごく不利な立場に立たされます。

自分が不利な状況で無理にFXトレードをすることはありません。

指標発表時のFXトレードは避けて自分に有利な場面のみ取引を行うようにしましょう。

 

P.S.

指標発表前のFXトレードはおすすめしませんが・・・

指標が発表されて相場の方向性が確認できたあとであればエントリーしても良いでしょう。

むしろ指標発表をきっかけに大きく伸びやすいのでそういったFXトレードは利食いで終わる可能性が高くなります。

 

指標発表をどうトレードに活かせば良いのか実際のトレード動画にて解説しています。

より深く理解したい人はぜひご覧ください。