トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXでダマシを回避したい人へ!1番簡単で確実な対策はコレだ

f:id:yukihiro0201:20160112172040j:plain


FXトレードで、なるべくダマシを回避したい方へ。

今日は僕が使っている、1番簡単で確実なダマシ対策を教えましょう!!

 

 

ダマシとは

 

ダマシとはパターン通りに値が動くと見せかけて、それとは逆方向に相場が動くことです!!

しっかりとサインを受けてエントリーしたのに、だまされて損切りに合うというやつですね。泣

 

f:id:yukihiro0201:20171112210921p:plain

 

 

たとえばレンジからブレイクアウトしたのをしっかりと確認したうえで、順張りエントリーしたのに・・・

その後ふたたびレンジ内に値が戻ってきて、損切りに合うといった感じです。

 

ダマシはFXトレーダーにとって、非常にやっかいな存在です。

トレードルールにしたがったのに損切りとなるので、精神的ダメージはデカいですし・・・

それが続けば、自分の手法を思わず疑問視してしまいます。

 

どうしても確率的に、一定数以上は発生するダマシですが・・・

なるべくなら、避けたいものですよね??

 

ダマシを回避する方法

 

僕はFXトレードでエントリーをするとき、ダマシに合わないために必ずあることを確認します。

それは、他の通貨ペアが大きく動いているかどうかです!!

 

f:id:yukihiro0201:20171112212307p:plain

 

 

世界経済は連動しており、すべての通貨はつながっています。

したがって別々の通貨ペアであっても、ある程度同じ動きをするものがあるのです。


その代表例を言えば、「AUD/USD」と「NZD/USD」でしょう!!

オーストラリアドルとニュージーランドドルは、非常に高い相関関係があることで有名です。


f:id:yukihiro0201:20151023170226j:plain f:id:yukihiro0201:20151023170250j:plain




上のチャートは、同時刻における2つの通貨ペアを並べたものです。

(左:AUD/USD 右:NZD/USD)

これらを見比べてみると、この2つはほとんど同じ値動きをしていることが分かります。


オーストラリアとニュージーランドはともに資源国であり、隣国同士で貿易も盛んです。

お互い似たような経済体系にあるので、通貨の動きもほとんど一緒になります。


たとえばオージードルが、レンジを上方向にブレイクしたとき・・・

キウイドルがすでに上方向へ大きく動いているようなら、オージードルも大きく上がることが予想できます。

あらかじめNZDの値動きを確認することで、AUDのブレイクアウトが本物かを確認することができるのです!!


この対策をどう使うか

 

これはなにも、AUD/USDとNZD/USDに限った話ではありません。

基軸通貨が同じものであれば、このテクニックは十分に使えます!!


f:id:yukihiro0201:20171108225943p:plain



例として、EUR/USDがレンジを上方向にブレイクしたとしましょう。

このときGBP/USDやAUD/USDなどが、すべて上方向に大きく動いていたら・・・

このEUR/USDもダマシとならず、上へ伸びていく可能性が高いです。


これらの通貨ペアの基軸通貨は、すべて米ドルです。

米ドルがからんでいる通貨ペアが、のきなみ上方向へ流れているのなら・・・

EUR/USDも同じように、上昇していくと見るのが自然でしょう。

 

このようにしてブレイクアウトの信頼性を確認し、ダマシを回避することができます!!


相関係数表を活用しよう

 

どの通貨ペアが同じような値動きをするのか知りたいときは、相関係数表が便利です!!

 

f:id:yukihiro0201:20171112213851j:plain

 

参考:相関係数分析 | FXマーケット情報 | 松井証券

 

これは「+1.00」に数値が近いほど、同じような値動きになります。

そして「-1.00」に近いほど、逆の値動きとなるのです。

そして数値がゼロのとき、それらの通貨ペアに相関性はまったくありません。


上の表を見ると、ユーロドルとポンドドルが+0.85と相関性が高いですね。

しかし、これらの相関関係は日々変化します!!

なので相関係数表を使うなら、定期的に見直しを行いたいですね。

 

一番良いのは、日ごろから複数の通貨をモニタリングしておき・・・

同じような値動きをする通貨を、感覚的につかんでおくことです!!

 

最後に

 

実際に僕がFXトレードで、どうやってこのテクニックを使っているのか・・・

動画を使って解説していますので、参考までにぜひ見てください。

 

1.他通貨ペアを確認し、ブレイクアウトを予想できたパターン





2.他通貨ペアを確認し、ダマシを回避したパターン