トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







FXで逆に動く理由を探すな!市場に殺されたくなければ

f:id:yukihiro0201:20150928185359j:plain


FXトレードでポジションを取ると、そこから狙っていたかのように逆へ動き始めることがあります。

不思議に思うかもしれませんが、そこで逆光の理由を探してはいけません!!

 

 

逆に動く理由を探すな

 

たまに読者の方から、以下のような質問を頂きます。

いまドル円を買っているのですが、ドンドンと下げています。

正直、この状況でなぜ下がっているのかまったく理由が分かりません。

もしよければ、ゆきひろさんの見解を教えてください。

 

 

この質問をしたい気持ち、とても良く分かりますね~

自分なりに「ドル円は上がる」という根拠があったからこそ、買いエントリーをしたのでしょう。

それが思惑と反対の方向に進んだら「なぜ??」と思うのは当然です。


しかしながら、その理由は探さないほうが良いです。

なぜなら損切りを遅らせるだけだから!!

 

f:id:yukihiro0201:20170910140726p:plain

 

 

もしそれらしい理由が見当たらなかったら、あなたはどうしますか??

「この逆行はおかしい」と決めつけ、本来すべきはずの損切りをやらなくなるかもしれません。

こうなったらもう最悪!!

 

逆行の理由を探し求めるのは、単に自分が優柔不断だからです。

大した理由がないことを知って、損切りという決断を先延ばししたいか・・・

「こういう理由から仕方なく間違えたんだ」という自己正当化をしたいだけ!!

 

しかしその気持ちは「損切りする」という決断を迷わせたり、遅くしたりします。

そういった意味で「なぜ??」という質問はとても危険なのです。


自分の決めた損切りラインに達したら、問答無用で切らなければなりません。

たとえそこに、どんな理由があったとしても・・・

それならば、わざわざ理由を探す必要はないですよね??


戦いの真っただ中で取るべき選択は、「行動」であり「思考」ではありません。


例えば戦場で、敵が思わぬところから奇襲を仕掛けてきたとします。

そんなときに、「彼らはなぜこんな所から攻撃してきたのだろう??」なんて呑気なことを考えますか??

理由はどうあれ、その状況に真っ先に対応して行動を取らないと、殺されてしまうでしょう。



相場もそれと同じです。

疑問を持ち出した瞬間、他の市場参加者に殺されてしまいます。

トレードの最中には、理由を探さないようにしましょう!!


もしどうしても「なぜ??」を問いかけたいなら、取引終了後が良いです。

安全な位置に戻ってから、好きなだけ理由を考えましょう。

 

ポジションを決済した後なら、フラットな気持ちで原因を探れます。

 

そこで学んだことはきっと、今後のトレードに役立つでしょう。

そういった方法での理由探しなら、進んで行うべきです!!