読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







相場の大原則!FXトレードにおけるボラティリティの性質2つ

FXの記事すべて 手法 トレード動画


f:id:yukihiro0201:20160120144124j:plain


トレードを勉強していくと、遅かれ早かれ「ボラティリティ」という言葉に出会うでしょう。

ボラティリティとは「値動きの大きさ」を表します。



例えばGBPJPYは1日に200pipsぐらい動くのが当たり前です。

こういった値動きの激しい通貨は、ボラティリティが高い(大きい)と言います。



逆にUSDJPYは1日に100pipsぐらいしか動きません。

こういった値動きのおとなしい通貨は、ボラティリティが低い(小さい)と言うのです。



ボラティリティを計算する指数やインディケーターは数多く存在します。



例えば「恐怖指数(VIX指数)」って聞いたことありませんか??

これはアメリカの株価指数「S&P500」のボラティリティを基にして、トレーダーがどれだけ不安がっているかを表すものです。


インディケーターで代表的なのは「ボリンジャー・バンド」ですね。

移動平均線などと並ぶ超メジャーなインディケーターなので、知っている人は多いでしょう。



そんな相場を語る上で欠かせないボラティリティですが・・・

トレードをしていく上で、絶対に知っておきたい性質があります。

それは以下の2つです。


1.ボラティリティは拡大と縮小を繰り返す

2.ボラティリティの拡大は一瞬だが縮小には時間がかかる



では、それぞれ説明していきましょう。


1.ボラティリティは拡大と縮小を繰り返す


これは「相場はレンジとブレイクアウトを繰り返す」と言い換えられます。


レンジが続いたあとはいつかブレイクアウトが起こり、値は大きく動きます。

それが一段落すると値幅はだんだん小さくなっていき、再びレンジへと戻るのです。


f:id:yukihiro0201:20150922141612j:plain




上のチャートを見ると、ボラティリティの拡大局面と縮小局面とでボリンジャーバンド±3σの幅が大きく変わっているのが分かります。

相場では常に動き回っていたり、値動きがないままということはあり得ないのです。


2.ボラティリティの拡大は一瞬だが縮小には時間がかかる



下のチャートは米国雇用統計の発表後、EURUSDが100pipsくらい動いたときのものです。


f:id:yukihiro0201:20150922141631j:plain




一気に値が動いたあと、少しずつボリンジャーバンドの幅が狭くなっていく様子が見て取れますよね。

ローソク足もだんだんと短くなっています。


この性質は「水」をイメージしてもらうと分かりやすいです。

水たまりに石を投げ込むと、下の画像のように水しぶきがパシャッと上がります。


f:id:yukihiro0201:20150921152335j:plain




これがボラティリティ拡大時のイメージです。

突発的に石が投げ込まれて大きく水面がはじける様子は、いつ来るか分からないブレイクアウトと重なります。


じゃあ石が投げ込まれたあと、水たまりの水面はどうなるか??

下の画像のように波紋が広がり、ゆっくりとおさまっていきますよね。


f:id:yukihiro0201:20150921152450j:plain




これはボラティリティ縮小時のイメージです。

時間をかけてゆっくりと波が小さくなっていく様子は、徐々に値幅が狭まってレンジとなる局面に似ています。


これらの2つの特徴を知っておくと、自分の手法では相場のどこを狙っていくべきかがおのずと見えてきます!!


例えば順張りであれば、ボラティリティが急拡大する局面をいかに捉えるかということが重要になってくるでしょう。

そのためブレイクアウトの前段階であるレンジが続いている局面を探すようにすれば、ブレイクアウトを見逃さなくなります。


反対に逆張りであれば、ボラティリティが縮小していく過程で発生するレンジを狙うと良いです。

その過程ではトレンドが発生しにくいので、最も損切りに合いにくいポイントとなります。


ボラティリティの性質をうまく利用するだけで、トレードの勝率を上げることが可能なのです!!



次回は各通貨ペアのボラティリティを計算し、それをトレードに活かす方法を書いていきます。

簡単に自分で計算できる!各通貨ペアのボラティリティ一覧に続く)



 

P.S.

実際にこの性質を使ってどうトレードするのか、動画を使って解説しています。

 

さらに理解を深めたい方はぜひご覧ください!!