読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







学生時代に成績優秀ではなかったアナタはFXに向いています!

FXの記事すべて 心理


f:id:yukihiro0201:20150919140918j:plain


トレードで稼いでいる人って、めちゃくちゃ頭良さそうですよね!!

ハーバード大学を出て、ウォールストリートでバリバリ働いてきた人が、高度な金融工学やプログラミングを駆使してトレードする・・・

そんなイメージです。笑



しかし、実際はどうなのでしょう??


ウィリアム・エックハートという、著名なトレーダーがいます。

彼は伝説のトレーディング集団である「タートルズ」を、リチャード・デニスと共に作り上げたことで有名です。


そんな彼が、以前紹介した新マーケットの魔術師という本の中で以下のように述べています。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選

 

トレーディングにおいて、知性はあまり重要ではない。

むしろ、非常に知的な人たちが最悪のトレーダーだというのは良くある話。



数々の凄腕トレーダーを育成してきた彼が言うことなので、ある程度信頼の置ける言葉だと思います。

なぜ、頭の良い人はトレードに向かないのでしょう??

それはトレーダーとして成功するためには、失敗から学ばなければいけないからです!!

 

自分の誤りを素直に認め、それを修正していく以外に、勝ちトレーダーになる道はありません。

参考:会社を退職して知った、損切りの重要性

しかし頭の良い人というのは、その人生の中であまり間違えたことがないのです。


学校のテストでは常に満点で、いつも親や先生に褒められてきた・・・

一流の大学を出て一流の企業に入り、大きな挫折を経験したことがない・・・


こういう人は自分が常に正しいと考え、過ちを認められない傾向にあります。

「この私が間違えるはずがない!!」と、マーケットの動きよりも自分の知能を信用してしまうのです。

その結果、大金を失って退場してしまいます。


ノーベル経済学賞を取ったロバート・マートンが作ったヘッジファンド「LTCM」が、多額の損失を抱えて破綻したのは有名な話です。

「頭が良いからお金が稼げる」というほど、相場は単純なものではないのでしょう。

 

ウィリアム氏は「普通の知性があれば、あとは感情面が重要になってくる」と言っています。


相場で勝ち組の1割に入るには、残り9割と反対のことをしなければなりません。

(参考:FXトレードで1割の勝ち組に入る人は起業家タイプ!!

つまり大勢の人がやっていることを、自分はやってはいけないということ。


したがって優秀なトレード手法というのは、人間の本能の逆をいく傾向があります。

「損切りしたくない」「早く利食いしたい」などといった感情をコントロールし、自分が決めたトレードルールを忠実に実行できる人がトレードで成果を出すのです。


トレードで結果を出したいなら、知識を詰め込むより、感情のコントロールに注力した方が良いですよ~



P.S.

 

「タートルズ」について詳しく知りたい人は、「タートル流投資の魔術」という本をおススメします!!

 

参照:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選



長年秘密のベールに包まれてきたタートルズの正体や手法を、軍団の最高エリートが暴露した本です。

リスク管理の方法など、非常に勉強になるところが多々あります。