トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







Airbnbは違法?合法的に運営する方法を県の調査員から聞いた

f:id:yukihiro0201:20150917164317j:plain

 

Airbnb(エアービーアンドビー)を使って外国人を自宅に宿泊させていたら、県の生活環境事務所から調査が入りました!!

せっかくなので合法的にAirbnbを使う方法をコッソリ聞きましたよ。笑

 

【もくじ】

 

僕がAirbnbをする理由

 

日本にいるとき、僕はAirbnbを使って外国人を自宅に招いています。

そんな僕がもともとAirbnbを始めた理由は「英語力の維持」です!!

 

f:id:yukihiro0201:20170722011348j:plain

 

 

自分の地元は田舎なので、外国人と出会う機会がほとんどありません。

したがって日本に帰ると英語を使う機会がほぼないのです。

「機会がないなら自分で作っちゃえ!!」と始めたのがキッカケでした。


またこれまで海外をたくさん旅してきて・・・

たくさんの人たちに助けられてきたという感謝の気持ちもあります。

 

「だから日本にいるときは外国人の助けになりたい!!」

そんな気持ちもあって、これまでAirbnbを続けてきたのです。


したがって僕は自宅の提供だけではなく、観光案内もあわせてやってきました。

周辺の色々な観光地や、地元の人しか知らないスポットを車で案内して回るのです。


鳥取は公共交通機関がとぼしく、英語もあまり通用しないところなのでゲストたちはとても喜んでくれます。

また僕も英語の勉強や地元の魅力を再発見する機会となり、とても楽しかったです。

 

違法の疑いで県から調査を受ける

 

そんなこんなで、もう始めて2年近くなるのですが・・・

今回初めて、県の生活環境事務所から調査が入りました!!

 

f:id:yukihiro0201:20170707014323p:plain

 

 

県の調査は突然、家を訪問するかたちでやってきました。

そして以下のようなことを聞かれたのです。

 

「Airbnbを使って自宅に人を泊めていますよね??」

「どのようなことを行っているか具体的に聞かせてください」

 

調査員は僕がいつから何人を泊めてきたか、金額はいくらでやっているかなどをすべて把握していました。

そしてもちろん、僕が旅館業法の経営許可を持っていないことも。笑


僕は上記に書いたように、英語の勉強と外国人の助けを目的としてAirbnbを行っていることを伝えました。

お金は確かにもらっているものの・・・

それは案内するときに使う車のガソリン代などをまかなうためであり、利益は出ていないと言ったのです。

 

すると調査員の方は何とも歯切れの悪い感じでこう言ってきました。


「厳密に言うとAirbnbは旅館業法に抵触する可能性がある」

「ただ君の場合は宿泊の対価というより、案内の対価としてお金をもらっている感じだ」

「なので旅館業法にはあたらないのではないか」

 

また僕の場合、宿泊の頻度も2~3か月に1回と少ないので・・・

それを生業として営業しているとは言えず、判断が難しいようです。


最後に「旅館業法の経営許可は取る予定はないか??」と調査員から質問。

「そんな面倒なことするぐらいならAirbnbをやめる」と僕は答えました。


最終的にやって良いのか悪いのか、あいまいなままで話が終了しました

ただ面倒は避けたいので、今後Airbnbで人を泊めることはやめることにします。

無許可で頻繁に宿泊者を招いている方は、注意が必要かもしれませんね。

 

合法的にAirbnbする方法

 

前回の突然の調査を受けて、僕はAirbnbで人を泊めることをやめました。

それから数か月が経ち、自分自身もそのことを忘れていたころ・・・

なんと同じ職員さんが再度アポなしで家にやってきたのです!!

 

f:id:yukihiro0201:20170704181655p:plain

 

 

「え~、もうAirbnbはやめたのに何の話だろう??」

おそるおそる話を聞いてみると・・・

「上から許可が出たのでAirbnbをやってもかまわない」とのこと。

 

い、今さら~笑

ってか、この人は数か月かけて上司を説得してくれたのでしょうか??

その姿を想像すると、ちょっとおもしろかったです。笑

 

職員さんはさらに以下のように付け加えました。

「お客さんがご飯を買って来ていて、持参の寝袋で寝ていることにしておいてください」

ご飯と寝床の提供をしなければ、旅館業法に引っかからないということなのでしょう。

 

良いのか悪いのか・・・

結局のところ、よく分かりません。笑

 

おそらく県としては外国人観光客を少しでも増やしたいから・・・

今回は特例で許可してやろうみたいな感じなのでしょうか??

 

以下のような記事もありましたしね。

参考:「民泊」一般住宅でも、農漁村対象に 地方創生へ規制緩和 :日本経済新聞

この記事によると、政府は地方創生の一環として農漁村でAirbnbのようなサービスをできるようにするみたいです。



農漁業体験は国内の旅行者に加え、訪日外国人の間でも人気が出ているようで・・・

その流れを行政としては加速させたいのでしょう。

そこから定住して農漁業を行うような人が出てくれば、過疎化対策にもなります。

 

調べてみるとこの分野については、他にもどんどん規制が撤廃されているようですね。

参考:「民泊」まず東京・大田区で 政府方針、外国人対象 :日本経済新聞

参考:マンション「民泊」可決へ 大阪府議会、全国初の条例 :日本経済新聞

 

新たに始めるには、良い時期なのかもしれません。

 

最後に

 

Airbnbを使ってみたいという人は以下のリンクから登録してください。

初回の旅行がお得になるクーポンがもらえますよ!!