読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







孫正義の経営哲学=FXトレードの損切り(ロスカット)

f:id:yukihiro0201:20150911140605j:plain


トレードで成功するためには、事業を立ち上げるくらい真剣な気持ちで始めることが重要である。

これは以前紹介した「高勝率トレード学のススメ」という名著に書いてある言葉です。

参照:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選


「トレード」と「ビジネス」って共通するところが多いように思います。


事前に計画を立ててしっかりと検証を行い当初資金を準備する。

最小のリスクで最大の利益を得るよう意思決定しなければならない。

最初から黒字は期待できないし十分な運転資金がないと立ち行かなくなる。


これらはすべて「トレード」にも「ビジネス」にも当てはまることでしょう。


先日、「孫の二乗の法則」という孫正義さんの本を読みました。

ゼロから立ち上げたソフトバンクを3兆円企業に育て上げた、稀代の起業家の成功哲学が書かれた本です。


ビジネスや経営に関することが主だったのですが・・・

読み進めていくごとに「トレードとビジネスって同じなんだな~」という気持ちが強くなっていきました。

特にそう感じたのは「退却する勇気を持つ」という部分を読んだときです。


「恥の文化」の中で生きてきた日本人は「退却」が苦手です。

「アイツはしくじった」と他人に思われたくないから・・・

負け戦におちいっても敗北を認めず玉砕覚悟で立ち向かう習性があります。


孫さんは「退却するためには10倍の勇気がいる」と言ってその難しさを認めています。

しかしブレーキもバックもできない車は欠陥品だとして「退却する勇気」の必要性を力説しているのです。


孫さんは世間から「めちゃくちゃな挑戦をする人」ととらえられがちです。

しかし実際は会社全体の3割を超えるようなリスクは決しておかさないとのこと。

そしてリスクが3割を越えたらどんなことがあってもいさぎよく退却するのだそうです。


これってまさにトレードで言うところの「損切り」ではないですか??

 

1トレードで取れるリスクを総資金の何パーセントという形であらかじめ決めておく。

そしてそのパーセンテージに達したら問答無用で決済を行う。

参考:FXリスク管理の常識!自分がいくら損失を出せるか計算する

 

ただトレーダーは損切りをしたからといって周りから批判されて恥をかくわけではありません。

つまりトレーダーの退却なんて経営者のそれと比べたら簡単にできることなのです!!

それすらもできない人がトレードで成功することはないでしょう。


トレードもビジネスと同じく「退却する勇気」が必要です!!