トレトラ!! スマホでFXトレードしながら旅するブログ

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







飛行機のエコノミー座席はどこがおすすめ?選び方完全ガイド

f:id:yukihiro0201:20150909150735j:plain


「エコノミー座席でも、できるだけ快適に飛行機に乗りたい」

そういうアナタヘ、エコノミー座席の選び方を教えましょう!!

 

 

エコノミー座席で快適に過ごす

 

飛行機のエコノミー座席は残念ながら、すべて平等な作りとなっていません!!

場所によって、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

f:id:yukihiro0201:20171106221841p:plain

 

 

したがって、どこが最適かはご自身の好みによって変わります。

長いフライトになると、10時間以上も座ることになる飛行機のシート・・・

ぜひここで自分のベストポジションを見つけ、飛行機の中を快適に過ごしまてください!!

 

窓側か通路側か

 

まず窓側か通路側かで、それぞれメリット・デメリットを挙げていきます。

ちなみに真ん中はデメリットの方が圧倒的に大きいので、ここでは取り上げません。笑

 

f:id:yukihiro0201:20171106222526j:plain



窓側のメリット

 

・窓から外の景色を楽しむことができる

・壁にもたれて寝ることができる

・隣の人にトイレなどで起こされることがない

・通路を歩く人とぶつかることがない

 

窓際のデメリット

 

・トイレに行きにくい

・頭上の荷物の出し入れがしにくい

・外気と近いところなので少し寒い

 

通路側のメリット

 

・トイレに行きやすい

・頭上の荷物の出し入れがしやすい

・外気から離れているので寒くない

 

通路側のデメリット

 

・窓が遠く外の景色が見づらい

・もたれられる場所がない

・隣の人がトイレに行くとき自分も立たされる

・通路を歩く人とたまにぶつかる

 

前方か中間か後方か

 

次に前・真ん中・後ろの席でどういった特徴があるかを挙げていきます。

 

f:id:yukihiro0201:20171106224046j:plain



前方のメリット

 

・エンジン音が聞こえづらく、最も静か

・飛行機を早く降りられるので、入国審査の列に早く並べる

・機内食が十分に残っており、自分が好きなものを選べる

・入口に近く、飛行機事故にあったとき生存率が最も高い

 

前方のデメリット

 

・座席は前から決まっていくので、比較的混みやすい

・航空会社によっては、料金が高く設定されている


中間のメリット

 

・翼に最も近く、安定しているので揺れが少ない

 

中間のデメリット

 

・エンジンに最も近いのでうるさい

・翼のせいで窓際でも外の景色が見づらい


後方のメリット

 

・早く飛行機に乗れ、荷物入れスペースを確保しやすい

・座席は前から決まっていくので、隣が空席の可能性がある

・翼から最も遠く、外の景色が見やすい

 

後方のデメリット

 

・飛行機を降りるのが遅くなるので、入国審査の列で後方になる

・翼から最も遠いので安定せず、揺れが大きい

・機内食が品切れで、好きなものを選べない可能性がある

・構造的に弱く、飛行機事故にあったとき生存率が最も低い

 

ちょっとした裏技

 

座席の指定は、航空券を買うときにできるでしょう。

では、自分の好みの席が取れなかった場合はどうするか??

そんなときは空港のチェックインカウンターで、空きが出ていないか尋ねてみるのも手です!!


f:id:yukihiro0201:20171106225418j:plain



もしくは搭乗ゲートで、あらためて聞いてみるのも良いでしょう。

搭乗1時間前ぐらいになると、スタッフが搭乗ゲートの準備を始めます。

そのときにチケットを見せて、自分の希望する席が空いていないか聞いてみるのです。

 

1時間前だと搭乗者はすべてチェックイン済みで、どこが空席か確定しています。

なので良い席が空いていれば、けっこう高確率で交換してくれますよ!!