読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







相場の価格を動かすものは実はこの世に1つしか存在しない!

FXの記事すべて FXお得情報


f:id:yukihiro0201:20150818174424j:plain


相場が上がったり下がったりすると、様々な理由付けがされます。

「米株式市場が好調だから、うんぬん」とか・・・

「日米の金利差が縮小して、うんぬん」とか・・・


しかし突き詰めていくと、相場の価格を動かすものは、この世にたった1つしか存在しません。

それは「売買」です。


もちろん、株や為替が売ったり買ったりされるのは、様々な要因からでしょう。

しかし相場を直接動かす力となるのは、この「売買」だけです。


例えば市場が休みのときに、「ユーロ通貨を廃止する」というニュースが出たとして、ユーロは急落するでしょうか??

もちろん、急落することはありません。


市場が休みのときには「売買」が発生しないので、値段も動かないのです。

これは「ニュース」が相場を動かすのではなく、「売買」が相場を動かすことを明確に示しています。



こう考えると、「トレードって意外と単純だな」と思いません??


他の市場動向とか各国間の金利差なんて、別に分からなくても良いのです。

買いが売りを上回る、もしくは売りが買いを上回るところさえ分かれば、それだけでお金を稼げます!!

そしてそれらを察知する方法が、「テクニカル分析」なのです。



まず大きな時間足で相場の流れを見て、売りと買いのどちらが優勢なのかを把握する。

(参考:FXトレードの相場環境認識で、一番に意識すべきこと


そして売りと買いがぶつかるライン上の攻防を注視し、勝った方へ乗っかっていく。

(参考:チャートにラインを引くときに知っておくべき、相場の理屈と市場参加者の心理


僕ら短期トレーダーがやるべきことは、基本的にたったこれだけです。

 

もちろん、他の市場動向とか各国間の金利差などの知識も重要でしょう。

でもこれらの情報に踊らされ、本質が見えなくなってしまえば本末転倒です。

大切なのは、膨大に溢れる情報の中から本当に重要なモノを抜き出し、そこをまず徹底的に押さえること!!


愚直に値動きだけを追っていくことで、見えてくるものがあります。