読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

予想外の結末に!電車で隣に座っていた美人に話しかけてみた

旅の記録 旅の秘訣 旅の記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150810192803j:plain


旅の極意、人生の極意」という旅の本があります。

これなんと、世界的に有名な経営コンサルタントである大前研一さんが書いた本です!!


「あの大前さんが旅本を出してる!!」と興奮した僕は、本の中身もロクに見ずに購入を決めました。

読んでみてとりあえず、大前さんが若いときに旅行添乗員をしていたことにビックリです。笑


この本の中に「バス・電車・飛行機では隣に座っている人に必ず話しかける」という、大前さんの独自ルールが書いてあります。


誰と隣り合うかは自分で決めることができません。

自分の人脈を超えた未知の人がそこにいると考えると、話しかけないのはもったいないとのこと。


また自分から最も遠い人とコミュニケーションを取ることは、視野を広げる上でとても大切とも書かれていました。

旅先で違う国の人や年の離れた人と話をすることで、多種多様な考え方を吸収することができるのです。


「たしかに一理あるな」と考えた僕は、今度何か乗り物に乗ったときにそれを実践してみようと考えました。

そしてその数週間後に長距離列車で実家へ帰ることとなり、実際にこれを試す機会が訪れたのです!!


自分で隣に座る人を選んでは面白くないので、最初は隣が空いている席に座りました。

そして偶然にも僕の隣に座ることとなった人を、僕の実験台にしようと目論んだのです。笑


列車はだんだんと人が多くなり、空いている席が見当たらなくなってきました。

もうそろそろ僕の隣に座る人が出てくるはず・・・


どんな人が来るのか、僕は期待と不安でソワソワしていました。

何も知らない人から見たら完全に変人です。笑


そしてついに僕の隣に誰か座った!!

チラッと横目でどんな人か確認してみると・・・


大学生ぐらいのめちゃくちゃ美人な女性でした。


これは完全に予想外!!

田舎を走る列車だったので、隣に座るのは「おじいちゃん」か「おばあちゃん」だろうとタカをくくっていたのです。

「おじいちゃん」「おばあちゃん」なら話しかけやすいし、何か学びもあるかなと考えていました。


「こんな若い女性に話しかけるとか、ナンパと勘違いされそう・・・」

変な風に見られるのが心配で、なかなか話しかける決心がつきません。


しかし男なら一度決めたことを曲げるわけにはいかない!!

かなりの勇気を振り絞って、僕はその女性に話しかけてみました。


正直なんて彼女に話しかけたのか、僕は覚えていません。

それぐらい当時の僕はテンパっていました。笑


しかし相手の女性はとても気さくな方で、嫌な顔一つせず話に乗ってくれたのです!!

安心した僕は(ナンパと勘違いされないよう注意しながら)会話を続けてみました。


まず驚いたのは彼女の年齢です。

「大学生ですか??」って聞いたら、「いや、もう30ですよ。笑」との返答が・・・

 

てっきり大学生の里帰りだと思っていた僕は、もうビックリ仰天!!

でも本気で勘違いするぐらい、彼女はとても若く見えました。

しかも僕が今までの人生で見てきた中で、トップ5に入るぐらいの美人です!!


それから僕たちは、お互いの仕事や趣味など色々な話をしました。


「こんな美人さんと会話ができて本当に幸せだな~」

「大前さんの本の言うとおりにしてみて本当に良かったな~」


ふわふわした気持ちでそんなことを考えていたときです。

話の雲行きがちょっと怪しくなってきました・・・


彼女「ところで、このままだと人類が滅亡しちゃうって知ってます??」

僕「???!」


あまりに唐突過ぎる質問に、僕の頭は一瞬フリーズします。

しかし彼女はかまわずどんどん話を進めていきました。


「人間はこのままだと破滅の道を歩んでいくんです」

「それを救えるのは唯一○○神だけなんですよね」

「その化身と言われているのが××様なんですよ」


なんか知らない単語やフレーズが多数飛び交い、僕の頭は大混乱です!!

しかしそれまで仲良く話をしていた手前、おざなりにすることはできません。

「へー」「なるほど」とか言いながら、一生懸命に彼女の話を聞きました。笑


最終的に彼女はよく分からない宗教組織が発行した新聞を僕に渡し、列車を降りていきました。

「僕との会話に応じてくれたのは、宗教の勧誘のためだったのか??」

今までのハッピーな気持ちが一転、悲しい気持ちでいっぱいに。泣


まあ、視野が広がる体験をしたということで・・・

「隣の人に話しかける」というのは有効だということが分かりました。笑