読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

FXトレードの相場環境認識で一番に意識すべきは長期足だ!

FXの記事すべて 手法 トレード動画


f:id:yukihiro0201:20150808142233j:plain


前回、自分の手法が機能する相場環境を選んでトレードすることが重要という話をしました。

参考:手法はセットアップが大事!FXで億万長者が生まれる理由

 

今回は相場環境の認識において一番大切な「長期足の確認」についてお話しします。


「長期足の確認」とはより大きな時間足での相場状況をチェックし、これから行うトレードに対して不利な点がないかを調べることです。

「マルチタイムフレーム分析」なんてカッコいい名前で呼ばれたりもします。笑

 

より大きな時間足で具体的に何を見るかというと「トレンド」と「ライン」です。

例として、1時間足で以下のような上方向へのブレイクアウトが発生したとします。

f:id:yukihiro0201:20150808144841p:plain




しかし日足を見ると、以下のようにキレイなダウントレンドを形成していました。


f:id:yukihiro0201:20150808144916p:plain




この場合、僕はエントリーを見送ります。

なぜなら大きな時間足がダウントレンドであり、下方向への力が強くかかっていると考えられるからです。

強烈なダウントレンドに押さえ込まれ、上方向へのブレイクアウトはダマシに終わる可能性が高いでしょう。


トレンドは時間枠が大きくなるほど強くなります。



1時間足のトレンドが小波だとすれば、日足のトレンドは大波です。

小波が大波に逆らってみても、最終的には大波に飲み込まれて流されてしまいます。

参考:FXトレンドフォロー手法を最大限に生かせる相場の見分け方


次に、日足が以下のような状況だったらどうでしょう??


f:id:yukihiro0201:20150808145250p:plain




これでもやはり、僕はエントリーしないと思います。

なぜなら強力な抵抗線がすぐ上にひかえており、跳ね返される可能性が高いからです。


トレンドと同様に、ラインも長期足のものになるほど強力になります。


なぜなら長期足のラインは、短期トレーダーと長期トレーダーの両方が見ているからです。

認識している人が多いほど、ラインは機能する可能性が高くなります。

参考:FXトレードにおける最強の時間足は日足と言える理由3つ

 

ちなみに僕は5分足でエントリーする際、以下の時間足を確認します。

日足・4時間足・1時間足・30分足・15分足


絶対にこれらすべてを見なければいけないというわけではありませんが・・・

少なくとも日足と1時間足は確認した方が良いでしょう。


 

しかしこれを行うと1つ問題が出てきます。

それは複数の時間足でそれぞれトレンド方向が異なるとき、どちらの方向にエントリーすべきか迷ってしまうことです。


そもそも、すべての時間足のトレンド方向が一緒という分かりやすい相場はそうありません。

「日足ではアップトレンドだけど1時間足ではダウンだ・・・」なんてことはしょっちゅう起こります。


ではどう対処するか??

それに対する答えは以前紹介した「投資苑2」という本に載っています!!

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍11選



この本によると「長期トレンドの方向は自分好みの時間足のおよそ5倍の足を中心に判断する」のが良いそうです。

 

例えば1時間足で形成されていたレンジで、上抜けが発生したとします。

f:id:yukihiro0201:20150816143327p:plain




そして上位足を見てみると、4時間足はアップトレンドでしたが日足はダウントレンドでした。

 

f:id:yukihiro0201:20150816144144p:plain




この場合、1時間×5に近い4時間足のトレンドを重視します。

4時間足はアップトレンドなので、「この上抜けについていって良い」という判断になるのです。


ここで「じゃあ5倍の足だけ見ればいいじゃん」と思う方もいるでしょう。

それでもやっぱり、複数の時間足を見ることを僕はおススメします!!



もしかしたら日足に強い抵抗線があり、利食いの邪魔となっているかもしれません。

4時間足だけを見ていたらそれに気づかず、割に合わないトレードを行う羽目になるでしょう。


また「日足のトレンド方向は逆だぞ」ということが頭の片隅にでも残っていれば、トレードを有利に運べるようになります。

長期的には日足のトレンドの影響を受けることが考えられるので・・・

「今回のトレードは短期決戦で早めに決済しよう」といった戦略が立てられるのです!!


「5倍の足を重要視しつつも他の時間足の相場状況もチェックしておく」というのが相場環境認識における最適解ではないでしょうか??