読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」

手法はセットアップが大事!FXで億万長者が生まれる理由

手法 FXの記事すべて


f:id:yukihiro0201:20150806191035j:plain


トレードの手法を構成する要素って考えたことありますか??

手法って大きく以下の3つに分けることができると僕は考えています。

 

・セットアップ(相場がどうなったらトレードするか)

・エントリー(どのタイミングでポジションを取るか)

・イグジット(どこで利食い・損切りを行うか)


これらの中で比較的分かりやすいのは、「エントリー」と「イグジット」です。

「高値を5分足で越えたらエントリー」とか「エントリーポイントから10pipsで利食い」とか、キッチリ決められるじゃないですか??

100人いれば100人同じことができると思います。


だから改善アイデアを考えるのも楽です。

「5分足」→「15分足」にしてみようとか・・・

「10pips」→「15pips」にしてみようとか・・・


逆に分かりにくいのは「セットアップ」です。

「セットアップ」は他の2つと比べてキッチリと定義するのが難しい!!


例えば「トレンドが出ているときに仕掛ける」なんて場合。

相場の見方なんて100人いれば100通りです。

ある人はトレンドだと思っていても、別の人にはレンジに見えている可能性があります。


トレンドラインを引くにしても、人によって引き方が違う・・・

ダウ理論で判断するにしても、人によって波のとらえ方が違う・・・

もしかしたら同じ人でも、その日の気分によって見方が変わるかもしれません!!


したがって「セットアップ」の改善アイデアを出すのは難しいです。

そもそもキッチリ定義するのが困難だから、どう変えたら良いのかも曖昧(あいまい)になります。


そんなこんなで僕は一時期、「セットアップ」をないがしろにしていました。

簡単にイジれる「エントリー」と「イグジット」だけで、優位性のある手法を作ろうと試みたのです。


しかし長い時間を費やした結果、それは無理であるという結論に至りました。

そして気づいたんです・・・

「セットアップ」が上記3つの中で一番大切な要素であるということを!!


手法の優位性というのは主に「相場環境」からもたらされます。

たとえば順張り(トレンドフォロー)は「トレンド」という相場環境があって初めて機能するものです。

「レンジ」のときに順張り(トレンドフォロー)を仕掛けても、ほとんど損切りに終わってしまうでしょう。


どれだけ素晴らしい手法を持っていても、それに適した相場環境で使えなければその手法をまったく生かすことができません。

したがって自分の手法が機能する相場環境を選んでトレードすることが、利益を出すのに何よりも重要となってきます。

この相場環境を把握して有利なトレードを絞り込んでいく作業が、「セットアップ」なのです!!


最近テレビやネットで「株で○億円稼いだ人」みたい特集や広告って多いですよね。

あれって別に、彼らがものすごい技術を持っているというわけではありません。

(まあ、中にはいるかもしれませんが・・・)


これは単に「アベノミクス」という最高の相場環境があったからです。

2年ちょっとで日経平均株価が2倍以上にもなるような、超アップトレンド環境下では手法なんて必要ありません。

多少変なところでエントリーしても、とりあえず買って持っていれば儲かります。


こういった「株で○億円稼いだ人」はITバブルのときにも大量発生していました。

共通するのは超アップトレンドという相場環境です。

たまたまその時期にスゴイ人たちがたくさんいたわけではありません。


これらの例を考えると、相場環境がいかに重要か分かるでしょう。

そんなに株に詳しくなくても、相場環境を味方につければ億万長者になれるのです!!


セットアップをないがしろにしてはいけません。

セットアップをないがしろにすることは、相場環境をないがしろにすることになります。


しかしこれは決して簡単なことではないでしょう。

上に書いたように、セットアップというのはキッチリと定義するのが困難です。

なのでどうしても曖昧(あいまい)さと戦うことになります。


「相場環境の認識」というのはいわば「職人技」のようなものです。

長い時間かけてチャートを読み込み、トレードでの失敗経験を重ねて、少しずつ感覚的に身に付けていくものだと思います。


だからこそこれが裁量トレードの一番の強みであると僕は考えます。

コンピュータには曖昧なものを曖昧まま判断する能力がありません。

「相場環境の認識」は人間がコンピュータに勝てる、数少ないモノの1つなのです!!



では具体的に「相場環境の認識」というのはどういうものなのでしょう??

次回はそれについて詳しく書いていきます。

FXトレードの相場環境認識で一番に意識すべきは長期足だ!に続く)