読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







長考に好手なし!将棋の羽生善治名人に学ぶFXの負けパターン

f:id:yukihiro0201:20170508194240j:plain


将棋の羽生善治名人が書いた本を読みました。

その中でFXトレードにも通じる金言があったので紹介します!!

 

【もくじ】

 

羽生さんの本が好き

 

先日「40歳からの適応力」という羽生善治さんの本を読みました!!

 

 

 まだ30代の僕がなぜこの本を読んだかというと・・・

図書館のおすすめ棚に目立つように置かれていたから。笑


僕は羽生名人の書いた本がけっこう好きでたくさん読んでいます。

以前も「決断力」という本をこのブログで紹介させてもらいました。

参考:将棋の羽生名人に学ぶ!FXで正しい知識を身に着ける方法

 

「FXトレード」と「将棋」って意外と共通点が多いんですよね~

例えば以下のようなところです。

 

・勝つための手法(定跡)が色々と存在する

・市場参加者(対戦相手)の思考を先回りする

・最初から最後まで頼れる人は自分以外いない

 

なので将棋界のレジェンドである羽生名人の言葉はFXトレードにも生かせるものが多いんですよ!!

もちろん、今回読んだ本も素晴らしかったです。

 

長考に好手なし

 

特に勉強になったのは「長考に好手なし」という部分です。

以下にちょっと抜粋します。

 

将棋界には「長考に好手なし」という言葉があります。

 

長く考えたけれども結局、迷いに迷って正しい選択ができないのです。

 

長考しているときのほとんどは考えているのではなく、迷っていることが多いのです。

 

 

これってFXトレードにも言えることだと思います。

 

長く検討した末に作ったポジションが利益をもたらすことはあまりありません。

なぜなら長考した分だけその後に迷いが生じやすく、利益を伸ばしにくいから!!


例えばあなたが考えに考え抜いたあげく、ようやく買いポジションを取ったとしましょう。

しかし値は上がるでも下がるでもなく、エントリーポイント付近でグズグズしています。

 

f:id:yukihiro0201:20170413020538p:plain

 

 

こうなったらメチャクチャ不安になりませんか??


「あわわっ、なんか逆行しそうだな~」

「やっぱり買わない方が良かったかも・・・」


それまで長いこと悩んでいた「エントリーしない」という選択の方が正しかったように思えてきます。

そしてグズグズな値動きに耐えかね、損切りかちょっとした利食いで逃げてしまうのです。

その後、値は大きく順行して悔しい思いをすることになります。笑

 

逆に自信を持って即決したポジションなら迷うことは少ないはずです。

たとえ値動きが多少もたついたとしても動じることなく見ていられるのではないでしょうか??

 

FXは考えすぎるな

 

FXトレードも将棋と一緒で「長考に好手なし」です。

長く考えることで「迷い」という感情が生まれ、適切なFXトレードを邪魔するようになります!!

 

f:id:yukihiro0201:20170408225131p:plain

 

 

FXトレードではあまり深く考え過ぎてはいけません。

どれだけ検討を重ねても結局、完璧なトレードなんてできないのですから。

参考:あなたのFXトレードはうまくいかないよう監視されています!

 

できることを精一杯やったら、あとは運を天に任せましょう~