トレトラ!! スマホ1つでFXトレードしながら旅しよう

トレトラ(トレードトラベラー)としてFXの裁量デイトレードを専業で行っています。スマホでトレードしながら男一人旅を実現中!86世代 / 寅年 / 水瓶座 / B型 / 左利き / 鳥取出身 メッセージはお気軽に!「toretora0201@yahoo.co.jp」







ソフトやアプリはダメ!自分の手でFX手法を検証する利点2つ

f:id:yukihiro0201:20150711144518j:plain

 

最近はFX手法の検証作業をするのに専用のソフトやアプリなんかが出てきています。

しかしそういったものに頼らず、自力でチマチマ検証するのも意外と大事だったりするんですよ。

 

【もくじ】

 

手法の検証は面倒くさい

 

以前、FX手法の正しい検証作業のやり方について書きました。

参考:大切なのは勝率と損益率の2つだけ!FX手法の正しい検証方法

 

しかしこれ、しっかりやろうとするとけっこう面倒くさいんですよね。笑

長い時間をかけたのにもかかわらず思い通りの結果にならなければ、ストレスもハンパではありません!!

 

f:id:yukihiro0201:20170408225131p:plain

 

 

こういうときにパソコンでプログラミングができる人は良いなと思います。

自分の手法をパパッとシステム化して、ボタン1つで過去十数年分の検証ができちゃう!!

実にスマートでカッコいい。笑

 

また最近では人工知能(AI)に自分のFXトレード手法をバックテストさせたりもできるようです。

参考:三井住友銀行が1億円出資!人工知能(AI)を使ったFX自動売買

こういったものがドンドンと進んで行けば、僕がこれまでやってきた苦労なんて昔の話になるのでしょう。

 

時代はどんどんと進んでいるんですね~

 

自分の手で検証する利点

 

しかし手動には手動なりの良いところがあったりもします。

僕が考える「手動で検証作業することの利点」は以下の2つです。

 

f:id:yukihiro0201:20170406180123j:plain

 

 

1.改良点を見つけやすい


手動では1つ1つデモトレードをやりながら検証していきます。

するとやっていくうちに以下のような気づきに出会うのです。


「あれ、このパターンになるといつも負けてない??」

「ここ、こうした方が良い結果になりそう・・・」


こういった気づきは手法をより良いものに変えてくれます。

機械は検証を早く処理することはできますが・・・

こういった改善案を提示してくれることはありません。


2.相場を読み解く力が養われる


今はトレンドが出ているのか、それともレンジなのか??

ここから価格は下に行くのか、それとも上なのか??

直近の値動きは強いのか、それとも弱いのか??

 

こういったことを把握するのが「相場を読み解く力」です。

そしてこの力はチャートをたくさん読み込んでいくことでのみ鍛えられます。


手動での検証作業はこの「相場を読み解く力」の鍛錬にもなります。

すべてを機械任せにしているとこの力を身に付けることはできないでしょう。


最新技術がすべてではない

 

最近はコンピュータやITなどの最新技術を駆使したFXトレードツールがどんどんと出てきています。

 

そういったものを積極的に試している僕が言うのもなんですが・・・

参考:弱点のないFX自動売買?100万円入れてフルオートを検証した

そういったものは便利であっても万能ではありません!!

 

以前紹介した「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」という本には以下のように書いてあります。

参考:トレード本を100冊以上読んだ僕がおすすめするFX書籍12選

 

 

どんな時代でも基本的な原理は変わらず、だからこそ「基本的な原理」と呼ばれる。


情報革命が起こり、最新のコンピュータを誰もが使えるようになっても、勝者と敗者の数は変わらない。


勝者はいつでも成功の原則(変化に対応する、準備を怠らない、リスクを管理するなど)に忠実に従う。

 

 

今、FXトレードをしている人の手元にはいつも超高性能コンピュータ(スマホ)が備わっています。

それでもやっぱり為替市場で勝てる人ってほんの一部なのです。

結局はそれを扱う人の能力で決まります。

 

最先端の技術を取り入れつつも、自分を高める努力はおこたらないようにしていきたいですね!!

 

まとめ

 

最近は色々と便利な仕組みがあり、自分の手を動かさなくても簡単にFXトレードの検証ができるようになっています。

しかし自分自身の手によって時間をかけて検証を行うからこそ身につく技術や知見もあったりするのです。

機械を有効に使っていくためにはまず己の能力を高めないといけません。